« 悪さ加減は高感度 | トップページ | 自己主張は最初の一歩 »

2010年3月 4日 (木曜日)

嫌がるタイガール

04  意味深な表題でしょ。

 タイランドの夜の街で、タイガール達と楽しい楽しい擬似恋愛をされている方に、ご忠告とアドバイスをさせて頂きたいと思います。

 彼女達はお仕事なんですが、好き嫌いのはっきりとした民族で女性たちなんですよね。性格上は、表面には出す事はありませんけどね。仕事ですから、滅多には嫌がりませんが、・・・・・嫌がりますよね。

 出来れば、好かれる方が良いんでしょうね。

 私の友人・知人の中にもタイガールに気に入られる人と、嫌われる人の2種類の人達がいます。

 そらそうですね。 その違いを今日はご紹介をしましょうね。参考にしてみて下さいね。明日から、貴方はモテモテマンに変身をするかもしれませんからね。

                 

05  ・・・・・タイガールだけじゃなくて、女性には嫌われたくないですよね。 男として生まれたからは、女性には好かれたいですね。

 「大した事はないのに、俺の方が良い男なのに、どうしてあいつの方が女の子にもてるんだろうね。 割り切る事が出来ないなぁ。」

 私は、自分に優しくて人には厳しいタイプですから、今までにこんなことばっかりを考えていましたし、実は今でもこの様に考えています。文章にしますと、浅慮で恥ずかしいんですが、若しかすると皆さんもこの様に考えているんじゃありませんか?

 嫌がられるって事は、どういうような事をしているからなんでしょうね。 特に、タイガールが嫌がる事とはどんなことなんでしょうか? これからのロマンスを考えると知っておかないといけませんね。

 簡単ですからご説明をしておきますね。(今までも難解となく書いていますから、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、今日はおさらいですよ。)

1.彼女達の見方ですね。 友人や仲間としてみていますか?

 タイガールはゼロから我々を見ているんじゃなくて、マイナスからですよ。 (助平な親父が、体目当てに来ているって思っていますからね)

2.初めから娘や恋人と接する様にしていますか? 

 彼女達は自分の事を卑下をして、自分を下の様な感じの自己嫌悪の中に生きていますから、自分を隠して接してきますからね。

3.自分を隠して格好良く見せようと思っていませんか?

 男は普通は、実際よりも2ランクも3ランクも下が本当だって思っていますから、飾る事は見逃しませんからね。

4.遊びじゃなくて、買いに来ているって事が表に出ていませんか?

 彼女達は男は全員、100%浮気に来ていると思っていますからね。 その上、本能で生きているんですから心は見透かされていますからね。

 簡単でしょ。この4項目を出さない。一切考えない人は、タイガールからは嫌がられませんね。それ以上に高感度は、最高級ですよね。

 覚えるだけじゃなくて実践をして下さいね。 もっと最上級のホスピタリティーを得る事が出来ますし、その後のロマンスには一番の近道ですからね。

                

06 今回の教訓です。

 私も長年のタイランドとの付き合いの中では、この事を発見をしました。 タイガールから嫌がれない男は、好かれる男はこの4項目が表には、全く出ていませんし、考えもしていませんね。

 こんな簡単な事を理解しているのに、中々出来ない私は目先の事だけしか考えていないんでしょうね。

 でも、皆さんは私よりも素晴らしい事は間違いないのですから、是非理解だけではなくて、実践をして下さいね。そうしますと、目からうろこが取れて、視界はばっちりと開けてきますからね。

 彼女達に話を聞きましても、今日の4項目が出ていない人は、タイガールの誰にでも気に入られて、嫌がれる事はないそうですからね。

 「AKIさん、私たちの事を何でも知っている様な人なのに、知っているけど出来ないって事は、何でなの? その代わりAKIさんは、変な人だし、面白いから恋愛の対象にはならないから良いんだけどね。」

 私は出来ませんでした。

 でも、皆さんは確実に出来るようになって、素晴らしいロマンスを堪能して下さいよ。それに、一時の事でも同じ様に素晴らしい夢を見る事も出来ますからね。 自分が幸せになるには、してはいけない事がありますね。

                

|

« 悪さ加減は高感度 | トップページ | 自己主張は最初の一歩 »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嫌がるタイガール:

« 悪さ加減は高感度 | トップページ | 自己主張は最初の一歩 »