« タイランドの夜の帝王 | トップページ | 愛に終わりはない ② »

2010年3月16日 (火曜日)

愛に終わりはない ①

40  私の先輩が先日お亡くなりになりました。まだまだお若くて、60歳にも達していなくて、これからって時なんですよね。

 奥さんは子供を抱えて、さぞ苦労をしているだろうって思って、少しは援助をする事が出来るのかなって思って、少し落ち着いてから訪ねて行きました。 だって、奥さんはタイガールですからね。

 確かに10年以上も日本で暮らしていますが、外国人ですし、その後の生活や暮らし向きって事について、ほとんどする事は出来ない私ですが、ほんの少しでも心が安らぐ事が出切ればって思った次第です。

 先輩が死んでからの事もしっかりとされている様子で、十分に生活は出来ていくみたいですね。ただ、日本に在留の許可の事について、少し不便な事があるだけだそうです。

 結婚をする場合は、特にタイガールとお結婚をする場合は、もしもの事を考えてあげておかないといけませんね。改めてその様に感じました。

                       

41  「何か不便な事や大変な事はありませんか? 先輩のは、お世話になりましたから僕に出来る事は、何でもさせて頂きますから、遠慮なくおっしゃって下さいね。」

 この様に切り出しました。 するとその奥さんが、にっこりと笑顔を出されて、話をしだしました。

 「大丈夫です、内の主人は私と子供達と一緒に今でも幸せに暮らしています。 ほんの少し寂しいだけで、今でも十二分に幸せに暮らしていますよ。不自由な事や大変な事は何もありません。AKIさん、主人といっぱいお飲みになりませんか?」

 ???思いもしない言葉が返ってきて、はとが豆鉄砲を食らったよな顔をしていますと、耳元に優しい声が聞こえてきました。

 「AKIさんには見えませんか? 私には主人の事がはっきりと見えますし、今でもずっと一緒に暮らしているんですよ。 死んでもずっと一緒だからって約束したんですから、ずっと離れる事はありませんよね。他の人から見ると、一緒にいる事が見えなくて、解らないそうですが、私達はずっと一緒に暮らしているんですよ。」

 若しかすると、愛する人が死んでしまった事で、少し頭の方が変になってきたのかなって考えてしまいましたが、全くそんな事はありませんでした。 

 そうなんですね、彼女には今でも、そうしてこれからも一緒に暮らしていて、ずっと一緒にいるんですよね。

 死んだからってその存在がなくなってしまう事はないんですね。 寂しい事は寂しいんですが、常に一緒にいるって事には変りはないみたいですよね。 素晴らしい考え方ですね。

 それに、彼は死んでしまいましたが、普通に暮らしていくだけの十分なお金は残しているんですね。 生命保険に、年金関係に、貯金に、そうして家屋等についても奥さんの名義になっているんですから、普通には日本での生活は出来るようになっているんです。

 老後にはタイランドにって事になっていましたから、子供が独立をするまでは、日本に暮らすことを止めないで、そのまま愛を育んだ家に住み続ける事で、二人の愛は消える事はないそうです。

 又、二人が離れるって感覚も現実もないみたいですよね。

 タイガールの奥さんにとっては、死が二人を離すって事は考えられない事だそうですし、考えた事もないそうですね。

                

 「最近はAKIさんも、内には殆ど来ませんが、たまには主人と一緒に飲みに遊びに来て下さいね。 でないと、主人も寂しがりますからね。」

 隣にいなくても生きている時と全く同じ様な対応です。 私の方がまごまごと戸惑ってしまう事がしばしばです。

 如何でしょうか?

 皆さんはこんな感覚が理解できますか? 実は、私は理解できませんでしたが、うちの愛妻は話をします。

 「理解? 別に考える事はないんじゃないですか。 だって、奥さんにとってはご主人と今も、いつまでの一緒にいるんだから、理解とかどうかとかっていう問題じゃないと思うんだけどね。」

 同じ様な考えみたいですね。

 続きは明日に!

                

|

« タイランドの夜の帝王 | トップページ | 愛に終わりはない ② »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛に終わりはない ①:

« タイランドの夜の帝王 | トップページ | 愛に終わりはない ② »