« 自己主張は最初の一歩 | トップページ | 心の中の般若の面 »

2010年3月 6日 (土曜日)

死んだらお仕舞いって言うけれど

10  ・・・・・簡単に命を絶ってしまうって事が日本もタイランドも増加して来ている様子ですよね。日本の場合は、若者よりも中年層からの自殺が増加傾向だって話ですが、タイランドではタイガールの自殺って言うのが増加している様子ですよね。

 勿体なんですよね。

 死んで花実が咲くものか?って、言われますが、その通りですよね。でも、タイランドの場合は、次の世界って言われるのが本当に信じられているんですからね。それに、ネットのサイトで前世は?って事を調べるのがひそかなブームですからね。

 死に対する感覚が、我々とは基本的に違っているんですよね。

 彼女達は、死の世界に変な憧れを持っている様子ですね。それに、苦しい事があれば死んで、一からやり直せるって感覚も持っている様子です。

 そんな事は一切ないのにね。

                 

11  タイガールほど命を軽く考えている人種はいないかもしれませんね。 なんたって来世に生まれ変わる事が出来るって、小さい頃から教えられてきていますし、タンブンは来世の為の伏線ですからね。

 「彼女はどうしてそんなに早く命に終止符を打ったのかなぁ。」

 「そりゃ、恋に破れてしまったからじゃないの。」

 「解るけど、命を捨てるほどの事はないんじゃないかなって思うんだけどねぇ。」

 「AKIさんは、そんないい加減な気持ちで奥さんを愛しているの? 命を懸けて愛しているんじゃないの? 信じられないわ、それじゃ奥さんは本当に可愛そうじゃないの。 最低よね、AKIさんは。」

 凄い剣幕で怒られてしまいました。確かに、命を懸けて愛してはいますけど、もし敗れてしまったらどうするかって言われますと、口では死んでしまうって言うんでしょうが、私の場合も日本人の場合も、大抵心が痛んでしまう事は間違いありませんが、殆どの人は死を選ぶって事はないと思います。

 タイガールの場合は、真剣さは命がけって言うのは、文字通りなんですね。 内の場合も私と別れる事があった場合は、間違いなく死んでしまうでしょうね。

 それくらい命がけの愛し方をしているんですね。 考えようによっては恐ろしい事なんですが、タイガールにとってはこれは普通の事なんですね。

 ですから、男としては最高の幸せを得る事が出来るんですが、最高の不自由さも同時にもらえる事になってしまうんですね。 

 兎に角、命がけの恋をする事が出来るタイガールって素晴らしいですよね。ですから、我々男は、いい加減な気持ちで彼女達との恋をしてはいけませんし、一緒に暮らしてはいけませんよね。

                 

12 今回の教訓です。

 タイガールは素晴らしいのか、それとも恐ろしいのかって議論になりそうですが、最高の幸せをもらえるって事だけは間違いはありませんね。

 最高の幸せと不自由さをとるのか、ありきたりの幸せで少しの自由を選択するかってことになりますが、皆さんはどちらを選ばれますか?

                 

 難しい選択ですが、人間の生きる目的は、自分が幸せになる事なんですね。そうしますと、自ずと答えはわかってくるような気がしますね。 不自由と感じるのは、感覚の問題ですからね。

 それにしても、本と運命がけで愛する事が出来る人と一緒になれるんですから、これ以上の事はない様な気がします。

 「こんなに冷たい男とは思わなかったわよね。 もしもの時には、私たちがAKIさんをあの世に送ってあげるからね。」

 またしても、恐ろしい事を言われてしまいました。

 ・・・・・でも、その愛に報いるようにしないといけないなって反省をしている毎日です。皆さんも、一緒に不自由さの中で、一緒に暮らしませんか?

                 

|

« 自己主張は最初の一歩 | トップページ | 心の中の般若の面 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

さくっちょ 様。
 有難う御座います。
 全くその通りだと思います。タイランドの場合は、生まれ変わったらって言う仏教とヒンドゥーの融合をした考え方があって、日本人よりも市に対する考え方が違っている様子ですね。
 死に対する考え方が違うんでしょうが、安易に死を選ぶのは良くないですね。衝動的なものがあるみたいですね。
 私も死ぬよりも生きている方が最終的には、良い事があるって話し続けて生きたいと思います。

投稿: AKIさん | 2010年3月 8日 (月曜日) 午前 10時28分

Aki 様

いつも拝読させて頂いています。

僕は10代の頃、友人を二人失いました。
一人は中学時代の同級生で、飛び降り自殺をしました。
噂では失恋を苦にとのことですが、本当の原因はわかりません。
もう一人は、子供の頃からよく遊んだ幼なじみです。
彼は骨肉腫でした。
片足を切断してまで、必死に生きようとしましたが、その望みが叶うことはありませんでした。

人が亡くなる場合、運命という言葉を使う人がいるかもしれませんが、自ら命を絶つことを運命だと信じることはできません。

多くのタイガールのように、命懸けで人を愛することは、とても素晴らしいことですね。
でも……仮に愛する人を失ったとしても、自ら命を絶つことを選択して欲しくはありません。

世の中、生きたくても生きれない人がいること………そういう人の分まで、永く生きなければならないことも知ってほしいと願います。

なんだか暗いコメントで申し訳ありません。

投稿: さくっちょ | 2010年3月 7日 (日曜日) 午後 05時38分

タロウ 様。
 有難う御座います。
 お褒め頂きまして、本当に嬉しいです。最近は、褒められるって事は殆どありませんもの・・・
 出来るだけ為になるような事を書きますが、妄信は厳禁ですよ。私の私感と勝手気ままがこのブログの基本ですからね。

投稿: AKIさん | 2010年3月 7日 (日曜日) 午前 10時48分

いつも、興味津々で楽しみに拝見させて頂いてます!
有り難うございます。


投稿: タロウ | 2010年3月 7日 (日曜日) 午前 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死んだらお仕舞いって言うけれど:

« 自己主張は最初の一歩 | トップページ | 心の中の般若の面 »