« 心の中の般若の面 | トップページ | タイガールの心の奥底 »

2010年3月 8日 (月曜日)

続けるのが簡単か困難か、遠距離恋愛

16  我々日本人、外国人にとってはこの問題は切実ですよね。そのまま、タイランドに住み続ける事は困難なんですから、当然ですが遠距離恋愛になりますよね。

 それに私のように仕事柄毎月の様にタイランドに行く訳ではありませんから、意志の疎通が難しいって考えてしまいますし、ポジティブに考える事が出来ない事がありますよね。

 我々だけではなくて、タイガールも同じ様にネガティブになって行きますね。 でも、遠距離恋愛は外国人同士ですと仕方ない事です。直ぐに、一緒になるって事は叶わないことですもんね。

 では、どうすれば遠距離恋愛がうまく行くのでしょうね。

 遠距離恋愛をして、最終的にはゴールインをした人達の、先人の知恵を拝借しないといけませんよね。 ハイ、私も含めて知恵を出しましょうね。

                 

17  タイガールの場合は、常日頃一緒にいても、男の子とは疑っていますよね。 100%男は、浮気をするって考えているんですからね。 日本とタイランドでの遠距離恋愛は、結構大変なんですね。

 しかし、それを乗り越えたカップルがいっぱいおられますね。 私の所もその一員です。 では、何が一番重要なんでしょうね。 先人の知恵をお借りしましょうね。 但し、男に聞いても良く解っていないって事ですから、ゴールインをされた奥さんであるタイガールから教えて頂きましょうね。

                 

1.常に心のケアをしてくれて、電話が毎日かかってくるのは当たり前だけど、不安になるような話は全くしない。

2.適度に焼きもちを焼いてくれて、相手から心配視をされる事で、逆に安心感が大きくなる。

3.いつも将来の事を話をしてくれて、日本の良さや素晴らしさを教えてくれる。

4.100%約束は出来ていないかもしれないが、常に期限を明確にしてくれている。そうして、それについての経過報告をしてくれる事で、安心感が広がる。

5.考えなくても済む様な、笑えるような馬鹿話をしてくれる。

6.毎日会えなくて待っているだけの状況だけれども、愛する人と一緒に生涯を暮らすことのメリットを話してくれるので、寂しさの中にいつも光が当たっている。

 まとめるとこの6項目が、奥さんであるタイガールの中身です。 良く見ますと、全てが同じ様なところに集約をされていますね。

 ”常に安心感を与えてくれる”

 遠距離恋愛は、大変な事だって考えていらっしゃる方も多いと思いますが、毎日安心感を与えてあげる事をする事によって、大変さは解消をされますよね。 私の所も出会ってから5年間でしたし、殆どのカップルが2~3年間を要していますからね。

 タイガールとの遠距離恋愛は、結構簡単な事ですから、皆さんもドンドンと挑戦をして頂いて、新しい生活を手に入れて下さいね。

                 

18 今回の教訓です。

 タイガールとの遠距離恋愛は、相手のタイガールにどれだけ安心感を提供が出来るかに全てが掛かっていますね。

 ただ、心に留めておかないといけないのは、我々日本人の男が考える安心感じゃなくて、彼女達が考える安心感を与えてあげないといけませんよね。

 彼女達の安心感が、今日紹介させて頂いた奥さんであるタイガール達の意見ですね。

 ね、結構簡単な物でしょ。

 難しいって考えてはいけませんよね。 仕事でも何でもそうですが、簡単だって思い込んで、そうして実践をしないと、全てが否定的になって考えてしまって、成功をする事以前に、行動も起こさないって事になりかねませんからね。

 「何で何年も待って日本人と結婚をしたのって聞かれるけど、私はあの人といると楽しくて絶対に幸せになれるって感じたからね。 うん、その様にあの人がしてくれたからよね。」

 内の場合は、変な意見ですが、皆さんこうおっしゃいます。

 「旦那さんと一緒になるのは、生まれる前から決まっていたから、私が日本に来て旦那さんの横にいるのは当たり前じゃないですか。」

 ・・・・・まぁ、いいですか!

                 

|

« 心の中の般若の面 | トップページ | タイガールの心の奥底 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

LEK 様。
 有難うございます。
 大変でしたね。でもね、タイガールとの遠距離恋愛は、簡単ですし、男がしっかりとしていれば必ずゴールにたどり着く事は出来るんですよ。
 離れていても十分い愛を育む事は出来ますし、世界はグローバルになってきましたから、タイランドの生活って事も視野に入れる事が出来ますよね。
 日本では少し節約をして、出来るだけタイランドに行ってあげれる様にして下さいね。陰ながら応援していますし、何かご相談事がありましたら、お気軽にご連絡下さいね。
 男はゴールが決まっている方が頑張れますし、大きくなれますからね。
 LEKスースー!

投稿: AKIさん | 2010年4月26日 (月曜日) 午後 06時24分

AKIさん
はじめまして
昨年の2月から日本で交際をしていた、タイガ―ルが不法滞在で摘発されました。日本に留まれるよう努力したのですが、2ヶ月の収容を終え、明日タイに帰国します。
これから遠距離でのスタートです。彼女を愛し続けて、日本で再び二人で生活出来るようがんばります。
AKIさんのブログは,彼女と交際を始めた昨年の2月ころから拝見させて頂き、彼女との交際での参考にさせていただいていました。
今回の結果は残念でしたが、新たなスタートと捉えて、決意した事を貫いていきます。
これからも、AKIさんのブログを楽しく参考に、拝見させて頂きます。

投稿: LEK | 2010年4月26日 (月曜日) 午後 06時07分

Fauconblue様。
 有難う御座います。
 本当に素晴らしいお仕事をされていますね。 ほんの少しでも私のブログが役に立つって事は嬉しい限りですね。
 日本人と他の国の女性とは、中々あいにくいものですが、最終的には心の繋がりが、又、相手を思いやる気持ちが殆どの風習や慣習に打ち勝つ事が出来るみたいですね。
 又、Sexなどの体の関係でも相手の心を自分の事として考える事が出来ると、超越する事が出来るみたいですね。
 内でも、年齢性ありますからSexにおいても行き違いがありますが、私は愛妻と同じだって考えていますと、その様に行動をしていますと、繋がりが強くなって来るみたいですね。かってな判断かもしれませんが。
 これからも是非色々な情報を教えて下さいね。 もし良かったら直メールでも結構ですので宜しくお願いします。

投稿: AKIさん | 2010年3月10日 (水曜日) 午後 09時39分

初心者なのに・・・様。
 有難うございます。
 そうですね、間違いなくタイランドのタイガールマジックに掛かってしまったんでしょうね。 でも、マジックに掛かるって事は、不思議に楽しいですよね。 それに、やめられませんね。
 遠距離恋愛は、心掛け一つで楽しいですから、がんばってみて下さいね。

投稿: AKIさん | 2010年3月10日 (水曜日) 午後 09時22分

Aki様

こんばんは、Fauconblueです。タイでのお仕事、お疲れ様でございます。本題とは離れますが、しばらくBlogを拝見しておりませんでした。

2週間ほど、夫婦で某ムスリム圏の小さな女性団体のお手伝いをしてきました。羊さんやヤギさんが街中を闊歩するドサ回りが中心でしたが、まだまだ、イスラム社会で性犯罪が立件しにくいようで、何が犯罪(基本的には”女性が嫌がる性的な行為はこと
はすべて犯罪です”)ということを女性自信に啓蒙するのには時間がかかりそうです。

さて、Akiさんを少し喜ばせるようなことが、この間、妻の仕事であったのでご報告を。

妻のカウンセリングに来たのは在日3年目の東南アジア出身の女性の方。旦那さんは日本人です。相談の内容は、あまり詳しくは書けないのですが、簡単にいうと「日本人は冷たいし弱い!!」

以前の家内だったら(といっても、この手の相談は2-3年に1件ぐらいですが)「日本と外国は違う」と言う事を主軸に、文化比較論を展開しどちらかというと、「日本にいたいなら日本流に合わせなさい」的な理論で押し込んでいたのですが(言い訳ですがSEXカウンセリングが本業ではないので。。。)

今回の彼女の記録を見ると、
「一般的に、いかに、日本人がSEXに対して消極的か」

「一般的に東南アジア的な愛情表現が日本では受け入れられないワケ」

「一般的な日本人男性の愛情表現のヘタさ加減」

「一般的な日本人男性のおかれている環境(仕事、親族)」

を説明し、その上で

「このような状況の結婚生活は、あなたにとって、もう耐えられないものか?」

「あなた自身が、旦那さんとうまく行くための努力はしているか?」

「SEXは独りよがりではないのか?」

「旦那さんはあなたとSEXして気持ちよいと思うか?」 

などと聞いていくと。。。。最終的な問題は「私は子どもが欲しいのに、彼は同意してくれない」
ことでした。こうなると、もう経済状況とか、男女での考え方の差等々、到底、私たちには手が終えないので、「子作り、子育て」のカウンセラー(彼女たちは、夫婦と一緒に妊娠、子育ての不安材料を取り除いていく専門家)に引き継いで、終了。

手前味噌ですが、家内もまた成長した感じです。記録の中にはAkiさんのBlog内での言葉が散見されます。この時代、より多くの人の考えや、意見を手軽に読むことができ、それを自分の糧にできるのは、とてもいいことだと思います。良いことは身につけ、悪いことは聞き流す、取捨選択が必要ですが人類、まだまだ捨てたもんじゃないなとも思います。

どうぞこれからも、素晴らしいブログを綴ってくださいね。

「恋しいタイランド」のファン夫婦より。

 

投稿: Faucon Blue | 2010年3月 9日 (火曜日) 午前 02時45分

はじめましてAKIさん。
初めてコメントさせていただきます。
昨年、うん十年ぶりにタイへ遊びに行った時に、こちらを発見して最初から読ませていただきました。
以来、毎日読ませていただいています。
実の所、遊び だった筈なのですが・・・
なぜか、遠距離恋愛する身になってしまって(笑 
AKIさんのお話を参考に日々電話で悪戦苦闘中です(ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
安心感を与えるようにしてますが、たまに言っちゃいけない言葉を発してしまい大騒ぎになってしまうんですよね。
(何がNGなのか・・・当たって見なきゃ判らない(笑
でも上手くいけば、その内お仲間になれそうです(^^
しかし、ほぼ初訪問でこうなってしまう女性と出会うとは(@@
これもタイだから・・・ですかね。

投稿: 初心者なのに・・・ | 2010年3月 8日 (月曜日) 午後 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続けるのが簡単か困難か、遠距離恋愛:

« 心の中の般若の面 | トップページ | タイガールの心の奥底 »