« タイの夜空と愛の風 | トップページ | 何時になっても変化が出来ない? »

2010年4月25日 (日曜日)

タイの夜空と愛の風 ②

1061  昨日に続きをご紹介しますね。

 いつも2日間に分けて話をしていきますと、皆さんからクレームが殺到するのですが、中々言い話ですから、一回でしますと勿体無く思って、2回に分けさせていただきました。

 あしからずご了承を下さいね。

                

1062  流石にタイランドですね。 殆どの事はお金で解決が出来る様子ですね。 結局不法滞在の件も不問となりまして、釈放って感じですが、未だに不法滞在者である事は間違いないですね。

 但し、去年で50歳となりましたので、早期リタイアVISAを取れる様になりましたが、4年間の不法滞在ですね。 問題はいっぱい山積みですよね。

 しかし、ここでも流石にタイランドです。どういう方法を使ったかはここではご紹介をする事が出来ませんが、キッチリとVISAを取得しまして、晴れてタイランドに犯罪者としてではなく移住をする事になりました。

 レストラン関係は、マフィアに譲ってその関係の経営指導をしている様子です。 早期リタイアVISAでは、仕事をする事ができません。 あくまでもリタイア組みですからね。

 「何の問題もないのか?」

 「無い訳ないやろぅ。 折角頑張って貯めたお金は全部使ってしまったし、マフィアやポリスまで動いてもらって、素寒貧やで。」

 「まぁ、金で済むんやったらええやんか。」

 「うん、最初は乞食までしたんやし、普通に食べれるんやから言う事あらへんしなぁ。 それより一番は、内のかあちゃんと離れないでもよかったって事が何よりのものたったよな。」

 「これからどうするん?」

 「まぁ、何とかなるやろ、タイランドやしなぁ。それに内のかあちゃんもずっと一緒やから、何の問題もないわ! もし一緒におられへん様になってたら、三途の川で待ってようって思ってたけどな。」

 流石はタイランドですよね。 何でもお金やコネで解決をするんですよね。 

 タイガールの奥さんを大切にして、生涯を共にするって約束が出来て、しっかりとしたケアをしていますと、どんな境遇になっても女神様の様に寄り添って助けてくれますね。

 それに、基本的には楽天的ですし、何とかなるって考えていますから、気分的にも相当に楽で、しょうもない事にとらわれる事無しに、本質的に問題にだけ集中する事が出来ますね。

 やはり、伴侶とするのはタイガールが一番良いって改めて感じる次第です。

 全てを清算した様で、マフィアやポリスの指導はしている様子ですが、今ではしがない屋台レストランの親父として活躍をしています。

 「俺ナ、99%タイ人になりたいんやけど、一つだけ日本人のままにおりたい事があんねん。 それはな、人には迷惑をかけたらアカンってばあちゃんから言われていたから、金でも何でも人には頼らん様にする事だけ、日本人でありたいねん。」

 ・・・・・

 今の日本人はこんな感覚は持っていませんよね。人には迷惑を掛けるし、依存性は高いしって、ね。

 彼こそ、異国の地にいる日本男児の侍かもしれませんね。 私も彼に感覚を見習わないといけません。

                

1063 今回の教訓です。

 男は人に頼らない精神力は素晴らしいですよね。 又、その精神力を支えているのがタイガールって言いますが、明るい笑顔で支えてくれますと、馬鹿な男は自然と強くなっていきます。

 異国で生きるには、依存性を取り除かないといけないって彼から言われました。 全くその通りですね。

 しかし、色々と問題があっても常に愛する人と共にって考えるタイガールは、素晴らしいですね。 それに、常に笑顔で何とかなるって言われていると、何とかしないといけないって強い気持ちになりますからね。

                

 「何の問題もなかったですよ。 私はあの人と死んでも一緒にいるって決めていましたからね。 それに、あの人は嘘をつく事もありませんし、何とかするって言っていましたから、私は心配も少しだけでしたからね。」

 最悪の事態でも信じる事が出来るんですね。

 「大変な時に、私以外にも相談が出来る人がいるのは嬉しいってあの人が言ってました。 私は、少し焼きもちを焼いていたんですよ。」

 こんな時にも焼きもちですから、大事な時にも平常心ですから、男は心が安らぎますね。

                

|

« タイの夜空と愛の風 | トップページ | 何時になっても変化が出来ない? »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイの夜空と愛の風 ②:

« タイの夜空と愛の風 | トップページ | 何時になっても変化が出来ない? »