« 互いの自己中心が破滅の元 | トップページ | お前は既に死んでいる »

2010年4月 5日 (月曜日)

帰りなさい!我がテリトリーに

1001  訴訟問題が勃発しました。実は、知り合いのタイガールから相談を受けて、そりゃ酷い事をしている日本人を捕まえて、懲らしめないといけないなって話になりました。まぁ、この手の話は相当数あるんですよ。

 今までは、タイガールの泣き寝入りって事で殆どが有耶無耶になっていましたが、最近はタイランドもタイガールも強くなってきたんですよね。

 追い込みは普通になってきましたからね。それに一役買っているのも実は私やタイガールを保護する会って称する、仲間内の人間達なんですよね。

 この酷い男というのが、タイガールに子供を3人と半分生ませました。半分は、まだお腹の中にいるからなんですね。 大手の駐在員ですよ。 そうして、日本への償還命令がでて、何も言わずに逃げて帰りました。

 それから音沙汰無しなんですよ。 考えれますか? そのメーカーの電気製品は買わないようにしようかって思っているくらいですからね。

                 

1002  タイランドの事ですから、正式な結婚って事はありませんね。 それに、4年半の間に3人半の子供ですからね。

 相手は独身みたいですし、この不況の為に日本に召還命令が来たんでしょうがない事ですが、その後何もしないって事はいけませんよね。生活も成り立ちませんからね。 タイランドの友人達から連絡があって、一肌も二肌も脱がないといけない様な羽目に陥ってしまいました。(頼まれたら、嫌っていえない性格があだになりそうですよね。)

 結論から言いますと、大変な目にあってしまいました。

 ご免なさいね、世界的に企業は伊達ではありませんでしたね。 日本に呼び寄せるか、自分がタイランドに戻る為にどうするかって事を模索をされていただけでした。 裕福ではありませんが、生活が出来るだけのお金は送ってあげていたみたいです。

 タイガールの奥さんの早とちりで、勇み足だって事が解りました。 

 愛する人が日本に帰ってしまって隣にいなくて、今までは駐在員ですから裕福だったのが普通に戻った事と、今後の不安の為にかパニック症候群を引き起こしてしまったみたいですね。

 これで前後の見境もなく騒ぎ立てて、色々な所に助けを求めてしまったそうです。彼女のお父さんも日系の企業で仕事をしている人ですから、理解もして心配もしていなかった様子ですが、流石にタイガールですね。 

 愛する人が離れてしまうだけで、世界が崩壊した以上の騒ぎようです。

 今までの私の知っている限りでは、こんなケースでは殆どが日本人が悪いって事に相場は決まっていましたので、力にって考えましたが、中年になって落ち着かないといけない年齢ですから、考えたり裏を取ったりしないといけませんよね。

 まぁ、最終的には再度タイランドに駐在って事になりまして、目出度し目出度しって事になりましたが、またまた失敗をするAKIさんでした。

 ね、そろそろ落ち着いてもよさそうですね。

                 

1003 今回の教訓です。 

 こんな事が後を絶ちませんので、少しでもタイガールの見方をしてあげようって今までも色々と犬馬の労をとってきましたが、今回はやられてしまいました。

 このタイガールの旦那さんには、始めは怒られてしまいましたが、最終的には、

 「AKIさん、色々と有難う御座いました。 馬鹿な日本人がわが社にもいる事はしっていました。 今後は、わが社でも人間として最低な事はさせない様にしっかりとさせていきます。」

 お礼まで言われて、汗顔の至りで、穴の中に閉じこもりっぱなしでした。 ね、恥ずかしいったらありゃしませんね。

 しかし、皆さんも今日の私の失敗の中にも教訓が含まれていますね。気がつかれましたか?

 幾ら、しっかりと話をしても、会社の命令や社会の事にしても、愛する人が離れてしまうって事は、どうしてもタイガールには理解できなくてパニック症候群に陥るって事ですよね。

 怖い事ですね。

 又、皆さんも私の様に何でも信じて、依頼に対して盲目ではいけませんよ。 えっ、そんな事はない! 失礼しました。

                 

|

« 互いの自己中心が破滅の元 | トップページ | お前は既に死んでいる »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰りなさい!我がテリトリーに:

« 互いの自己中心が破滅の元 | トップページ | お前は既に死んでいる »