« お前は既に死んでいる | トップページ | ランデブー »

2010年4月 7日 (水曜日)

タイの料理は心地よい

1007  内の家庭には定期的にタイランドから調味料や香辛料が送られてきます。そうして、日本の食材ですが素晴らしいタイ料理が作られて私の舌を楽しませてくれます。(又、友達がタイランドに行く時には、強制的に買い物をさせます)

 仲間内でも最低でも月一回のタイ料理パーティーが開催されて、楽しい時間を過ごしています。最近では、本場のタイ料理よりも日本食材でのタイ料理のほうが美味しくなって来ているくらいですからね。

 それに、一般的なタイ料理ではなくて、郷土料理豊かで、マニアックで、普通バンコクでは食べる事が出来ないタイプの大量が中心ですから、これが中々素晴らしいものなんですよね。

 まぁ、内のかあちゃんは料理がうまいですからね。 何がうまいって、同じ物でも毎回味が違って、常に色々なバージョンを楽しむ事が出来るんですね。

                 

1008  最近は、カオ・マン・ガオに凝っています。 私が凝っている訳ではなくて、愛妻がとっても美味しいものを作ってくれますし、美味しくて食べ過ぎて酒の量が減るもので一石二鳥ですよね。

 タイランドで食べるタイ料理は本当に美味しいのですが、特に、お米を使った料理を日本米:短粒米で作りますとこれがビックリするほど美味しいんですよ

 確かに、カオ・パットの様なものですとタイ米の方が美味しいのですが、それ以外ですと日本米のほうが断然美味しいですよね。

 「日本のお米はそれだけを食べても美味しいから、タイ料理にすると日本のお米を使っている方が絶対に美味しいよね。 野菜でも日本の方が美味しいから、タイ料理に使うと別物の様に美味しく仕上がるわよね。」

 ヒュージュン料理の研究家のうちの愛妻の言です。

 日本にはタイランド特有のものは少ないですし、あっても非常に高値ですから代用品を使いますよね。 そうしますと、味の面で違ってきますから工夫が生まれてきますね。

 特にタイガールは、愛する人に美味しいものを、喜んでもらえるものを、体に良いものをって事を常に考えていますからね。 作る度に素晴らしいものにドンドンと変化していきますね。

 日本の場合は、家庭の味って事で同じ味を演出する事が普通ですが、我々夫婦の様なカップルは、常に違った、新しい味を想像をしていきます。

 禁断の食材を使ったり、禁断のスパイスを使ったりと改善されたものや新しいものが出来上がって行きます。 

 当然ですが、内の母親からも日本料理を教わっていきますから、レパートリーがドンドンと増えていきますね。 食卓が、バラエティーで常に違う味を味わう事が出来ますから、こんな幸せはありませんね。

 羨ましいでしょ。

 早く、こんな幸せにならないといけませんよね。

                

1009 今回の教訓です

 教訓は一つですね。

 料理の上手い奥さんをもらうと本当に男は幸せだって言われていますよね。 上手下手は別にしまして、常にバラエティーの豊富な食卓を飾ってくれるって事は、最高ですからね。

 私と同じ様にタイガールを奥さんにする事が今日の教訓ですよね。

                

 但し、ホンの少し問題もありますね。

 奥さんがタイガールですから、基本的にはアバウトでしょ。 ですから、同じものを食べたいって思ってもそれは出来ないって事ですね。

 この前の味は良かったよね。 もう一度食べたいよね。

 これは叶えられる事はありません。 まぁ、常に違ったものを食べる事が出来るんですから、文句や贅沢を言うつもりはありません。 早く、皆さんも私の様に幸せを掴んで下さいよ。

 今なら今年中に日本につれてくる事が出来ますから、次の正月は一緒にいる事が出来ますよ。 ね、早く! 早く!

                

|

« お前は既に死んでいる | トップページ | ランデブー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイの料理は心地よい:

« お前は既に死んでいる | トップページ | ランデブー »