« カラオケと日本人クラブの違い | トップページ | 長年の恋は成就しますか »

2010年5月14日 (金曜日)

そろそろ雲隠れ?

119  鬼畜日本人と鬼畜駐在員の駆除委員会が発足しました。 私の友人が中心になって、そうして私の子分のタイ人の男が更生をして、先日弁護士となった事を記念して、こんな変な委員会を作り上げてしまいました。

 (考えると恐ろしい事ですよね。)

 こんな話をするとびっくりとされている方もいらっしゃると思いますが、最低な事をする人達を許さないって友人が言いますし、私も憚りながらタイガールの味方ですからね。 それに、最低なタイ人の男が更正をしますと、それはそれは素晴らしい男になりまして、頼りになるんですよ。

 生まれ変わるって言うのはこういう事を言うんでしょうね。

 少し紹介をさせて頂きますね。

                 

120  世界最低の男性群の中でも有数の最低男の○○は、私を含めて何人もの在泰の日本人に無心やおねだりをして暮らしていました。 当然ですが、最低な男は最高のジゴロですから、複数のタイガールの ”ヒモ” も普通にしていました。

 どんなに良い話をしても、諌めても、脅しすかしても、変化する事はありませんでしたが、立った一言が契機となって、人間を変化させてしまいました。

 「お前ねぇ、日本人に媚を売って、女の子に偽った心を売って、それでも幾らにもならない金で、飲んだり食ったりしているだけで、疲れてこないか? 明日もあさっても、1年後も同じ様な事をするのか?」

 「・・・・・わかりません。」

 「今のままじゃ1年後も3年後も同じだろうね。 若しかして5年後になったら、女の子は誰も相手にしてくれない様になるかもしれんなぁ。 偽りや媚を売って金儲けをしても知れてるんやし、自分で手に職を付けて稼いだ方が良いけどなぁ。 今でも疲れるやろ、これからはもっと疲れるで。」

 たったこれだけの会話で目が覚めたみたいです。 一転奮起をして勉強を始めました。これが何年後には弁護士になったって事ですから、ビックリしますよね。タイ人の男は、変われるって話をした事がありましたね。

 そうなってくると自分が女性を食い物にしていたことを忘れて、不幸なタイガールを助けようって事になったみたいですね。

 英語と日本語も相当に勉強をして、タイガールと外国人との訴訟関係の専門家になってしまいました。 こんな人がいますと、不義理な事をしている日本人は、大変ですよ。枕を高くして安眠する事は出来ませんね。

 皆さん、昔のタイランドではありませんし、昔のタイガールでもありません。 それにね、この手の事には時効って事はありませんからね。 過去の事も穿り出されてしまいますね。

 もしも、子供でも作った状態で、逃げたって事になりましたら、今ではDNA鑑定もあることですし、裁判や訴訟も国際的なグローバルな時代に突入していますからね。 当然ですが、これからも気をつけないといけませんよね。

 本当に気をつけないといけませんね。

                 

121 今回の教訓です。

 しかし、不幸なタイガールだけを対象にして、それも外国人との事を専門にしているって事は、ビックリしますね。

 昔から、タイガールは可愛そうだって我々が話をしていましたが、自分が一番最低な事をしていたんですからね。 変わるって事は解りますが、自分の事を棚に上げてって、信じれませんよね。

 まぁ、タイ人は自分の事は直ぐに棚にあげてしまいますけどね。

 「AKIさん、お酒を飲まして下さいよ。」

 「アホ! お前は充分に稼いでいるやないか。何でも俺がおごらナアカンネン。」

 「良いじゃないですか、僕は後輩ですし、子分みたいなもんじゃないですか。 AKIさんは、兄貴で親父みたいなものなんですからね。」

 「なんでやねん! 子分やったら親分に上納金を持って来い。」

 「え~、タイランドの男は親にはお金は送りませんよ、タイガールと違うんですからね。そうでしょ。」 

 こんな所は、今でもタイ人の最低な男と同じ様な感じですね。 でも、笑ってばかりは入れませんよね。 不義理ですんだら良いですが、鬼畜な事をしている場合は、制裁が下ってしまいますからね。

 ・・・・・他人事ながら怖い事ですね。

                

|

« カラオケと日本人クラブの違い | トップページ | 長年の恋は成就しますか »

注意:お気をつけ項目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ雲隠れ?:

« カラオケと日本人クラブの違い | トップページ | 長年の恋は成就しますか »