« 金か、女か、幸せか | トップページ | アミューズメント・パークへ »

2010年6月26日 (土曜日)

ときめく様な心の動き

049

 「私の人生は、もう私のものではなくなりました。そう、私の人生は貴方の人生と同化してしまって、私個人ではなくなりました。 私は、貴方の心の中に住んで、貴方が私になって、私が貴方になって、なんと素晴らしい事なんでしょう。」

 少女漫画に出て来るような、歯の浮く様な台詞ですね。

 あるタイガールが、愛する人に話をした内容です。 このタイガールだけではないのですが、タイガールは愛する人との人生を過ごして、暮らしていくって事は、この様な感じだそうですね。

 タイガールは、愛する人によって、変化するって事は何度となく話をさせていただいていますが、自分自身が消えてしまって、新しい自分が生まれるって感覚を持っている様子ですよね。

 内の愛妻も言葉は違いますが、同じ様なことを言われた事があります。

                      

050

 少女趣味と現実主義が同居をしているのがタイガールの性質ですね。 その時その時の状況によって、ドンドンと性格や見た目が変化してきますからね。

 タイガールの変化って事を理解しておかないといけませんね。 偉そうに言っている私は殆ど出来ていないって事なんですが、少し紹介をしておきましょうね。

 言葉としては、始めは軽く話をします。 そうして、そのような話は全くしないようになって行きます。 そして又軽く話をしだします。 そして、目の奥を見ながら話をする様になってきますね。

 我々では、直ぐに簡単に気が付く様な変化ではないのですが、しっかりと彼女と関わっていますと、この小さな変化を理解する事が出来ます。 私の様な何にも疎い人間でもしっかりと見ていますと解りますからね。

 段階における変化を見つける事が、彼女達との親密度合いを向上させる為の近道なんですね。

 ここで、気が付きませんでしたら二通りの大変さを蒙る事になってきます。

 一つは、当たり前の事ですが素晴らしいタイガールを失ってしまう可能性があります。だって、彼女達が出し続けているサインを見逃すどころか、気がつかないんですから、自分の事は何も思っていないって判断をしますよね。

 これは寂しいですし、我々に人生には最大の汚点を残してしまいます。まぁ、死ぬまで気がつかなかったらそんな事は関係ありませんが、この手の事は後から気が付きますからね。

 そうしてもう一つは、違う形での報復を受ける事になってしまいますね。

 何で?って思われるでしょうが、相手がそれほど変化をしても気がつかないのか、気がつかないふりをしているって感じますから、悪い方に悪い方に考えてしまう傾向がありますからね。

 朴念仁で何も気がつかないのは、タイガールからすると犯罪と同じって事になってしまいますね。 特に、日本人は気がつかない人が多い民族ですからね。

 余談ですが、そんな事が多い為に世界で一番騙されてしまう男が日本人だって事の説明にもなるのかもしれませんよね。

 私はそんな様な気がします。

                 

051_2

今回の教訓です。

 タイガール達にとって、愛する人との生活や同化って事は普通の事なんですね。ですから、我々が心ときめくような行動や大度をとってくるんですが、これが中々気がつかないのか、気がついても信じる事が出来ないのかって事が多くありますね。

 特に、タイガール達はシャイですから、自分から積極的に行動ををする事はありません。 感覚的には、自分はなんとも思われていないんじゃないかって感じるくらいのものですからね。

 挨拶もしませんし、礼儀も日本人のそれと全く違いますし、間違ってしまう事があります。

 でも、その小さな事に気がつく事で、私が言われた事を言ってもらって、これほどって思うような暮らしをする事が出来ます。

 まぁ、堅苦しいところは否めませんが。

 絶対に忘れててはいけない、見逃してはいけないのがタイガールの小さな変化ですからね。良い変化と、最悪な変化とがありますから、注意をして観察をしないといけませんよね。

 ・・・・・浮かれている事で、見逃しって事が多いですから、冷静にね。・・・・・出来ないかもしれませんけどね。

                

|

« 金か、女か、幸せか | トップページ | アミューズメント・パークへ »

タイガールの深層心理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ときめく様な心の動き:

« 金か、女か、幸せか | トップページ | アミューズメント・パークへ »