« あほな男は私の友人 | トップページ | 足の引っ張り合い »

2010年6月 7日 (月曜日)

私の娘達の心と考え方

191

 私も正式離婚をして、新たに新しい家庭を築いて数年になります。 別居から離婚って時には、日本の娘も殆どあうって事はありませんでした。(私一人が悪者でしたからね。)

 最近になって気が付きましたが、日本の娘もタイランドの娘も本当に良く似ています。 まぁ、私の子供ですから当たりまえっちゃ当たり前の事でしょうが、心と考え方がそっくりになって来ています。

 娘達は、父親を自慢したいんですね。

 そうして何時までも自分達の恋人の様な感じを持っているんですよね。

 普通は私はいい加減で、物事を深く考えない様なタイプです。 昔の植木等の歌に出てくるようなタイプなんです。(あまりにも古くて理解できませんね。)

                 

192_3

 特にタイのコギャルは、父親の自慢話が大好きです。 好き嫌いを通り越して、異常なくらいに執着心を表すって事を知っていましたか?

 タイガールはファーザーコンプレックスだって話をした事があると思いますが、小さい頃から父親を自慢をして、自分だけの物だって思い込んでいますからね。

 小さい頃から、世界で一番の独占欲と嫉妬感とを育んでいくんですね。

 その癖、子供の割には自分の欲求を蒙昧する事は少ないんですから、大人化子供かって考えてしまう事が多いですね。 兎に角、タイのコギャルは嬉しさの表現がストレートですから、見ていても嬉しくなってきますね。

 「私のパパは、世界で一番格好が良くて、仕事をちゃんとしてお金も持っているのよ。 それに、色々なものを買ってくれて、貴方のパパよりも本当に凄いのよ。」

 これは内の娘が言っている事ではなくて、普通にタイのコギャルが話をしている内容で、殆どの女の子が言い合いをしていますよね。 自分のパパが一番だって自慢の試合をしていますね。

 こんな事で不仲になる事があるくらいですからね。

 数ヶ月前には、娘の幼稚園の卒園式に参列してきました。どれほど喜んだか表現が出来ないくらいですし、笑いながら色々な所で討論が始まっていました。 そうですね、自分の父親の自慢大会ですね。

 両親がこれない子供や、逃げてしまった子供なんかがいますから、残酷な事なんですが、子供たちは平気ですね。

 内の娘の場合は、私が日本で仕事をしていると思っていますし、自分もいつもは寂しい思いをしていますから、父親がいない子供達には不思議なくらい寛大です。 

 父親がいない子供達が私の所に集まってきまして、私が父親代わりを勤めるって事になってしまいますね。 普通は嫉妬で狂ってしまうんですが、こんな時には逆に優越感に浸る事が出来るみたいですね。

 コギャルの感情もタイガールの感情もおばちゃんになったタイガールの感情も、一切変化はありませんね。こんな事に関しては、殆ど進化する事がないんでしょうね。 逆に、感情が練れていって、ドンドンと激しくしつこくなっていくんじゃないかって考えていますが、当たらずとも遠からずって事だと思います。

                

193

 今日は教訓はありません。

 タイガールに恋している我々は、子供に接する事は中々出来ませんし、声を掛けようものなら怖がって逃げてしまいますね。 外国人は、知らない人は怖い人なんですね。タイのコギャル達はね。

 でも、コギャルに接する事でタイガールの本質を見抜く事が出来る様になるんですよ。

 お付き合いをしているタイガールの子供や、いつも会う様な子供には常に笑顔で少しはなれたところから話しかける様にしましょうね。 そうしますと、その内慣れてきて本当に素晴らしい対応をしてもらう事が出来ます。

 又、タイガールの本質を探る鍵をくれる事間違いありませんからね。

 「パパ、一緒にずっと死ぬまで、死んでも一緒にいたい!」

 どこかで聞いた事がある言葉だと思いませんか? この頃から、こんな言葉を吐いているんですから、年季がこもっていますよね。

                

|

« あほな男は私の友人 | トップページ | 足の引っ張り合い »

新たなる発見(新規)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の娘達の心と考え方:

« あほな男は私の友人 | トップページ | 足の引っ張り合い »