« 足の引っ張り合い | トップページ | ラオ・ペン・クー・カン »

2010年6月 9日 (水曜日)

死んで、おしまい!

197

 表題を書いた時には、どっちの事を書こうと思ったのか忘れてしまいました。 ”死んでおしまい!” 、死んでしまえなのか。 それとも、 ”死んで、お仕舞い” っだたのかって、考えていますが、思い出せません。

 最近は痴呆症が進行をしてしまったんでしょうね。 今では、愛妻の方が私よりも漢字を知っていますからね。情けない限りですよね。

 「奥さん、○○ってどう書くんだったかなぁ。」

 普通タイガールの愛妻にこんな事を聞きますか? 私は本を読む事が大好きですし、活字中毒ですから、読む事は殆どのものが読めますが、書く事は最近は殆ど無い為にかけないんですよね。

 皆さんは如何でしょうか? PCも一人で数台って事が普通になってきましたから、しょうがない様な事なんですかね。

                 typhoontyphoontyphoon

198

 しょうもない話をしているうちに、思い出しました。 ”死んで、お仕舞い”って事に間違いありません。 実は、ある日本人の男性が、タイガールとの恋に破れて・・・・・

 自殺してしまったとお思いになりますよね。 実は、全く違った行動のパターンを取ってしまいました。 自分を翻弄をして、騙して捨てたタイガールに復讐をしようとしました。

 ストーカーや嫌がらせや、訴訟って事ではありませんよ。 実は、騙したタイガールに妹がいたんですが、彼女に目を向けて彼女を口説き落として、そうして本気に愛して日本に連れて行って、徹底して幸せを与えたんですね。(始めは、寂しさの為に代用の恋でしたが、タイガールが相手ですから直ぐに本気になってしまいますね。)

 そうしますと、自慢好きなタイガールの事ですから、自分は日本でこれほどの幸せを味わっているって、友人関係や家族や兄弟に話をしますよね。 するなっていっても自慢話は続けますからね。

 世の中は悪が勝つ場合もありますが、普通は正義の方が有利に決まっていますね。 人を騙して、お金を取った人は、因果応報ですからどこかでつまずきをしてしまいます。 彼を騙したタイガールは、タイ人の男に騙されて丸裸で、借金まみれになってしまったそうです。

 そこで、騙した男が自分の妹と結婚をして、最上の幸せを手に入れているって事を、自慢たらたら話をされますと、反省しないタイガールでも後悔の念に犯されてしまいますね。

 始めは復讐って事で妹に行ったんですが、本人さんはその復讐って事は忘れてしまって、幸せ一杯ですし、奥さんの姉の事なんかは、全く念頭からは忘れ去られていますよね。

 前の彼女の話を聞いた事で、邪な考えなしに援助をしようかって話になったんですが、これがいけませんよね。 夫婦間で大喧嘩となって結局は幸せは破局の憂き目に合ってしまいました。

 彼の話は簡単にはこんな感じなんですが、皆さんはこの話を読まれてどの様に感じられたでしょうね。

 私は、本当に素晴らしい教訓が潜んでいる様に感じましたが、如何です?

                typhoontyphoontyphoon

199

今回の教訓です。

 復讐の為にタイガールを利用するのは、間違いなく悪い事ですし、因果応報ですから最悪は自分のところに帰ってきますよね。

 昔の彼女に対して、何の下心も邪な考え方がないにしても、絶対に援助って事はしてはいけませんね。 間違いなく邪推をされてある事ない事、考え付かない様なことまで考えられて、入らぬ事をしていると断言されてしまいます。

 こんな場合は頬っておいたら、彼の奥さんが姉が大変だって言いながら相談に来ます。 そして、知らん顔をしていれば奥さんが少しの援助を自慢話を添えてしてくれますよね。

 触らぬ神に祟り無しです。

 タイガールの関係では、一人のタイガールだけを考えておいたら間違いなく上手く行きます。 他の事は考える必要性はありませんね。

 結局彼はこの事を知らない為に、2度目の恋も死んでしまって、人生も楽しさもなくなって死んだ様になってしまいました。 本当に ”死んで、お仕舞い!” になってしまいましたね。

 変な物語にも、為になる所はありますね。

                 typhoontyphoontyphoon

|

« 足の引っ張り合い | トップページ | ラオ・ペン・クー・カン »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/31285223

この記事へのトラックバック一覧です: 死んで、おしまい!:

« 足の引っ張り合い | トップページ | ラオ・ペン・クー・カン »