« AKIさん危機一髪 | トップページ | 愛欲に勝るものはない »

2010年9月12日 (日曜日)

愛妻の憂鬱とタイ人の生活

85

 内の場合は、タイランドに住む親戚もそんなにばかではありませんから、心配をする事はあまりなんですね。 娘が祖母と一緒に住んでいますから、気になってしょうがないのは間違いないですね。

 殆ど何もないって行っても良いくらいの普通に生活をしていますが、流石にタイ人ですよね。色々な問題が湧き上がってきます。

 その話は、殆どが娘から愛妻の耳に入ってきます。

 話を聞くたびに憂鬱になっていく愛妻の顔を見ていると可愛そうになってきますよね。 まぁ、タイ人の場合は大きな問題は起こす事は少ないのですが、細かな問題は日常茶飯事におこしますからね。

 今後タイガールとの生活をお考えの方に、こんな小さな問題がありますよって事を、情報としてご紹介をしておきますね。 備えあれば憂い無しって言葉もありますから、参考にして下さいね。

                 

86  どんな問題を起こすかって事は、要因は一つしかありません。

 安易な考えと先の事は考えない!

 って、事のみですね。 要は、タイ人は子供と同じ様な思考回路を持っているって事なんでしょうね。 「何を考えているんだ!」って、よく言われますがこれは間違っていますよね。

 実は何も考えていないって事なんですからね。 (私も考えが浅いって良く言われますが、浅いって事は取りあえず考えている事には違いないのですが、考えが足りないって事ですよね。)

 例えば、たまたまラッキーナンバーが当たったとしますね。お金が手に入りました。 次に、欲しいものがあったら、お金をためるのではなくて、ラッキーナンバーを買うって思考回路になっていくんですから、中々発想が面白いでしょ

 二匹目の泥鰌はいつもいますし、何時でも切り株にウサギがぶつかって手に入るんですから、素晴らしい感覚ですね。(内の親戚だけの事かって思っていましたが、そこいら中でこの手の話は聞きます。)

 給料を貰って1週間は金持ちで、その後はプータローって私の若い頃のような感覚ですよね。(私だけの事ではないんでしょうね。周りには、一杯いましたからね。)

 良くある話が、何日までに支払いをしないとなくなってしまうとか、取られてしまうとか、捕まってしまうとかって話ですね。 決して大きなお金ではないんですよ。

 こんな場合は、一回目は怒って文句を言って助けてあげる事です。そして、2回目以降は一切助けないって事。 2回以上助けると、100%依存型になってしまいますし、私たちがラッキーナンバー的になってしまって、助けられるのが当たり前となってきますからね

 タイ人との付き合いでは、一線を引いての付き合いをしないと互いが不幸になっていきますね。時に、我々日本人との結婚の場合は、相手は無尽蔵にお金を持っているって考えてしまう傾向にありますからね。

 初めが肝心ですよ。

                

87

今回の教訓です。

 こんな話をしていますと、タイ人から怒られてしまいそうな感じですが、実は事実なんですよね。確かに、チャイニーズ系のタイ人の場合は、華僑の血が入っていますから、少し違った感覚になりますが、純粋なタイ人の場合はこれに本当に近いですね。

 タイ人との付き合いにおいては、一線を臥す事と相手にこの人は怖いって思わせる事が重要ですね。

 子犬を育てる時と同じ様な感覚ですからね。

 優しくしないといけませんが、あまり優しいと言う事は効きませんし、我侭になっていきますよね。それに、一度そんな事になってしまいますと、間違いなく良くなる事はありませんから、やっぱり最初が肝心ですね。

 タイガールも同じ事が言えます。ただ彼女達は、我々側に近いって事だけですから、ゆめゆめ油断をしてはいけませんよ。 ぬるま湯に使いっているのが大好きな民族ですからね。

 「駄目駄目、旦那さん! 甘い顔を見せたら、死ぬまで甘い人だって思い込んでしまうからね。 良くなる事がない人が成長をしない人が本当に多いのよ。 突き放さないと、ぶら下がってくるわよ、コバンザメみたいよ。」

 気をつけないと・・・・・

                  

|

« AKIさん危機一髪 | トップページ | 愛欲に勝るものはない »

タイランドに住む人々達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛妻の憂鬱とタイ人の生活:

« AKIさん危機一髪 | トップページ | 愛欲に勝るものはない »