« 中国の風俗の変化 | トップページ | 夜の世界に戸惑って、抜けられない »

2010年9月15日 (水曜日)

助けない人間は、人間じゃない

94

 「お前が悪いんじゃないか。自分がしでかしたことなんじゃないか。 それなのに、どうして俺が悪いって事が言えるんだよ。 お前は馬鹿じゃないのか。」

 タイ人と話をしていると、又タイ人と色々と関わっていると色々な問題が湧き出てきますよね。 それに、我々と感覚が違いますから、対応に戸惑ってしまう事や解らない事、理不尽な事が沢山ありますね。

 タイ人には過去や未来は殆どないって話しをした事がありますね。 その感覚は、しっかりと覚えておいて下さいね。

 タイ人の文化には我々では計り知れないものが存在しますからね。

 今日は彼らの考え方についての話をご紹介をしましょうね。 聞いていると面白いことなんですが、当人になりますと大変で、困ったことになりますから、覚えておいて参考にして下さいね。

                 

95  タンブンの国タイランドは、助ける事が当たり前で、助けない人間は、人でなしって事になりかねません。

 しかし、タイ人同士では、この関係は間違いなく100%って事ではありませんよ。 特に、タイ人と日本人との関係においては、助けないのは、人でなしって事ですからね。

 普通のタイ人の場合は、日本人との友好関係は、書くが上がるって間隔を持っている様子ですが、典型的な堕落をしたタイ人の場合は、日本人との友好関係は、金のなる木を得たって感覚になっていきますからね。

 ”持っている人間が出すのが当たり前”

 って、事が如実に現れてきますよね。 仕事関係でのタイ人との関係は、フィフティーフィフティーですが、それ以外の関係では私は金主で親分ですからね。そう、下にも置かない様な対応をしてくれます。

 まるで、飲み屋のクラブなんかに行った様な感じですよね。 お金を出してよくしてもらうって感じですからね。

 「何で俺が奢らなきゃいけないんだ? 何で俺が金を出して助けなきゃいけないんだ?」

 「だってAKIさんは、友達だから! だってAKIさんは、親戚だから! だってAKIさんは、家族みたいなもんだから!」

 タイランドにどっぷりと浸かって行きますとこんな感じが普通になって行きます。 それを、何でも感でもって事になりますと再現がなくなってきますし、断り方を間違ってしまいますと、悪人にされてしまいます。

 以前に金を預けている奴が、薬を買ってポリスに捕まってしまった時に、私が悪いって事になって文句を言われた事がありますからね。 (ポリスは私を悪いとは言いませんが、注意はされました)

 これはタイランドに関わって行きますと普通に起こってくる事ですから、知っておいて注意をする事が重要ですよね。

 出ないと際限がないか、悪者にされてしまいますからね。

                

96

今回の教訓です。

 日本人は金持ちの代名詞です。 ですから、小金も持っているって感じを見せない様にしないといけませんね。

 何度も言いますが、格好も持ち物もお金を持ち歩く事も気をつけないといけませんよね。 金がないって事を演出しても、日本人の金のないって感覚と、タイ人が金がないって感覚は全く違ってしまいますからね。

 私は最近は、

 「おい、金を貸してくれよ。 最近は金欠病に掛かってしまって、酒を飲む事も出来なくなってきているんだよ。」

 って、タイ人と同じ様な台詞を言う様にしていますが、彼らにとっては未だに私は金持ちの日本人ですからね。 でも、ドンドンと近づいて親しくなっていきますと、金を貸してくれって事は言わなくなってきます。

 だって、本当に苦しい時の為に我慢をする様になってきますからね。

 楽しいんですが、タイ人との付き合い方には、コツや注意が必要ですね。 皆さんも、親しくなりだした時には、観察と注意が必要ですからね。 まぁ、人間関係は楽しいですから、出来るだけタイ人との親交を深めていって下さいね。

                 

|

« 中国の風俗の変化 | トップページ | 夜の世界に戸惑って、抜けられない »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 助けない人間は、人間じゃない:

« 中国の風俗の変化 | トップページ | 夜の世界に戸惑って、抜けられない »