« タイガールがいなくなった | トップページ | こんな愛情は聞いた事がない① »

2010年10月 3日 (日曜日)

一蓮托生は誰の所為?

149

 お互いに騙しあって、結局は互いが不幸になって、死ぬ一歩手前まで言った日本人とタイガールの話をしましょうね。

 騙され続けたタイガールが男を騙して復讐をしようと思うのは理解できますね。 又、タイガールに騙されて相当のお金をつぎ込んで、気が付けば誰もいなくなって、タイガールに復讐だって話も良く聞きますね。

 互いに騙す事が目的で、付き合っているカップルは、どんな事をするんでしょうね。 興味がありますね。

 今日は、このカップルの話をご紹介しましょうね。 恐ろしいのか笑えるの解りませんが、これからの事に参考になるかもしれませんからね。

                 

150  互いに何をするかって話ですが、簡単ですね。 互いに自分が世界で一番貴方を愛しているって演技を続けていくんですね。 そして、互いにうまくおねだりを続けていくんですよね。

 馬鹿げた話ですが、騙し合いをするのはこれしか方法がないですね。

 普通は騙し合いをしようとスタートしても、一緒にいる事が普通になって、知らず知らずの内に、一緒になっていたって、幸せに暮らしていたって事もタイガールの場合は良くありますね。

 タイガールと日本人との騙し合いの基本は、

1. お金を騙し取る。

2. 心を騙し取ってポイする。

 騙し合いをする理由は一杯ありますが、どうするかって事についてはこの2点しかないんですね。 結局は心と金だけって考えて間違いありませんね。 騙しあっている間には、もっと違った内容は存在しますが、金と心だけです。

 この二人の場合は、今までの復讐って事があったみたいですね。 そうなりますと、100%近くはお金の取り合いになって行きますね。

 小さなお金を出しにして、大きなお金を騙し取る様な形か、コツコツと小さなお金を取り続けるようにするかって事になっていきます。

 この二人の場合は、小さなお金をお出しにして、大きなお金を騙し取ろうって方法論が同じだった所に不幸がやってきますね。小さなお金でもつぎ込んでいる訳ですから、元手が掛かっていますよね。

 互いが騙しあっている訳ですから、小さなお金でも積もってきますし、段々と大きなお金になっていきますね。 結局は、互いが手持ちはなくなってしまって、借金地獄に陥って行くって事になってしまいます。

 馬鹿な話しだってお笑いの方もいらっしゃると思いますが、タイガールと日本人との騙しあいでは、この手の結末が一番多いんですね。

 この場合はタイガールは逃げる、日本人は借金に負われて返し続けなければならないって事になってしまいますね。 互いに良い事は全くありませんから、この人達の轍は踏まない様にして下さいね。

 騙し騙されでは良い事は全くありませんね。

                 

151

今回の教訓です。

 どうしてもって場合は、小さなお金をコツコツととり続けて行くって事が、双方にはリスクが少ないんですが、復讐心って物を持っている場合は今日の様な傾向になってしまいますね。

 騙しも、騙されるも良くない事ですが、出来れば騙される方に回る方が良いですよね。

 特に、タイガールの場合は、小さなお金を出しにして大きなお金を騙し取ろうって事は、本当に少ないんですね。 損な大それた事は出来ないって言うのが正直なところですし、長く計画を立てるって事は出来ませんからね。

 我々の場合は少し気をつけていればどうしようって思っているのかって事は直ぐに解りますね。

1.いつもお金がいる様な話になる場合は、騙されているって事ですね。

2.お金の話は殆ど何もない場合は、愛されていないって事ですね。

 タイガールとの付き合いの場合は、冷静になって自分のポジショニングはどこにあるのかって事を常に観察をして、検討をしておくことが重要ですね。 騙しって事や騙されるって事は関係なくね。

 それがないと、最高のチャンスも見逃してしまうかもしれませんからね。

                 

|

« タイガールがいなくなった | トップページ | こんな愛情は聞いた事がない① »

私感と偏見を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一蓮托生は誰の所為?:

« タイガールがいなくなった | トップページ | こんな愛情は聞いた事がない① »