« 愛されていると何でもあり、愛されていないと何でもあり | トップページ | 夜の子供達の商売 »

2010年10月30日 (土曜日)

タイの南の国での最愛の園

31

 私の後輩にタイランドに移住をして、第2の都市のハジャイに暮らすカップルがいます。 普通の人が思っている様なタイランドらしい街じゃありませんが、非常に素晴らしいところですね。

 最近は少し怖いところがありますが。(イスラム教のテロ)

 互いに何年も探し続けて、そうしてようやく巡り合って、ピピッ~って感じあって、直ぐにゴールだったそうですね。 男女の関係は、時間ではありませんね。 一番は、フィーリングなんですね。

 特に、タイガールの場合は、フィーリングってモノを大切にします。 否、それしかないって言っても良いかもしれませんね。

                

32  バンコクの夜の街に働く彼女は、珍しく最南端の町の出身のタイガールです。 夜の街に働く女性達は北か東北かって相場が決まっている様な感じですもんね。

 取り合えず仕事をしているだけで、馬鹿な男を観察しているって感覚が多かったような感じです。

 それが後輩と一瞬にして、互いに一目惚れをして瞬間的に恋に落ちてしまったんですから、まるでドラマやムービーの様な感じですよね。 タイガールとの場合は、恋は突然にって感じの事が多い様な気がしますね。

 「急にであって、急に結婚って事になったね。」

 「はい、伴侶を決めるなんて時間とは関係はないですよね。 一瞬にして互いに決まってしまいましたよ。」

 「それにしても何もかもを捨ててタイランドに移住をするって事も思い切った事をしたもんだね。」

 「はい、彼女が昔日本に来た事があって、観光VISAでオーバーステイをしていましたから、日本に住むって選択肢がなかったんですよ。 それに、離れてくれすって事は考えられなかったですからね。」

 「仕事や生活はどう?」

 「まぁ適当にやっていますよ。僕なんかは半分ぐらいはヒモの様な存在かもしれませんね。 でも、馬鹿な男のような行動をする事はしませんよ。一緒に屋台の仕事とお店とを独楽鼠の様に動き回っていますからね。」

 「幸せか?」

 「ハイ、愛される幸せってものを始めて感じる事が出来ました。 日本にいる時の様に惰性で生きているって感覚はありませんよね。 兎に角、全てにおいて充実をしていますよね。」

 「良かったね、子供も出来たしね。」

 「そうなんですよ、子供にも本当に愛されているって感じですよ。今では、AKIさんとこと同じ様に嫁さんと娘とが喧嘩ばっかりですよ。取り合いですよね。 でも、その光景を見ているだけでも幸せですよね。」

 一番重要な事は、我々にとって何が一番幸せなことなのかって事ですね。

 確かに日本での生活や仕事の場合は、惰性で暮らしているって事が結構ありますね。その上、家庭内では単独行動をしている様な感覚になる事が多いですよね。 私もその経験の為に一つ目の生活にピリオドを打ったんですからね。

 タイガールと一緒にいる事は、妥協のない楽しい幸せな人生を過ごす事が出来ます。 是非、皆さんも我々側にお越し下さいね。 大変で楽しい生活を保障させて頂きます。

                

33

今回の教訓です。

 私や私の友人・知人との話をしていますと、日本にいた場合には、殆どが出せでの生活と、家族がバラバラの生活を営んでいる事が殆どだったけど、タイガールとクラス用になってくると、特に小さなタイガールが生まれると、大変でパニックで疲れるけれども、楽しくて幸せな暮らしをする事が出来るって話させる人が多いです。

 そうですね、タイガールの場合は、愛する人に対して無関心の状況を一瞬たりとも作り出す事が出来ませんからね

 娘なんかも全く同じですね。

 愛する人は空気と同じ様な存在ですからね。 間違ってはいけませんよ、日本人が考える空気のような存在ではありませんからね。 (日本の場合は、あってもなくても気にならないって感じでとらえてしまいますが)

 彼女達にとって、人間にとって空気がないと生きて行く事が出来ない物ですからね。それ相応の対応をしていきますし、全く無関心的なことは出来るはずはないですね。

 「旦那さんは空気よりも大事で、重要な存在なのにほんの少しでも無関心に時間を過ごしたり、考えないって事が出来るはずがないわよね。 旦那さんは私の事を無関心なときがあるけどね。」

                 

|

« 愛されていると何でもあり、愛されていないと何でもあり | トップページ | 夜の子供達の商売 »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

Hirano 様。
 有難う御座います。
 色々と大変な事があると思いますが、Hiranoさんは、タイランドに根を張っているから、「マイ・ペン・ライ」ですよ。
 今も実感がある生活をされていると思いますし、これからも十分にタイランドに溶け込む事が出来ると思います。
 頑張って下さいね。 人間は、心が折れるのが最悪ですから、こんな時こそタイ人風にする事で切り抜ける事が出来ると思いますよ。
 Hirano スースーです。

投稿: AKIさん | 2010年11月 1日 (月曜日) 午前 12時19分

とてもいい話ですね。
惰性で生活していることよりも実感がある生活というのは伴侶がいればなおさらいいですよね!

再来月で会社がなくなってしまうので職無しになりますが、実感ある生活を続けられるようになんとかがんばらなくては。。。と今日のブログに励まされました。

投稿: Hirano | 2010年10月30日 (土曜日) 午後 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイの南の国での最愛の園:

« 愛されていると何でもあり、愛されていないと何でもあり | トップページ | 夜の子供達の商売 »