« タイの南の国での最愛の園 | トップページ | 待つのはOK、待たせるのはNG »

2010年10月31日 (日曜日)

夜の子供達の商売

34

 皆さん、夜に飲んでいますと子供達が何かを売りに来る事がありますでしょ。 この子達は結構かわいそうな境遇に甘んじているんですよ。

 無下にあしらったりしていませんか?

 良く見かける子供達ですが、あまり知っている方は少ないみたいですから、どんな境遇かって事をご紹介をしますね。 これをお読みになったら、この子供達に優しい対応をしてあげて下さいね。

 但し、優しくし過ぎますと付け上がりますから、程々が一番かもしれませんね。

                

35  夜に働いている子供の殆どは孤児が多いみたいですね。 その子供達を元締めの様な大人が管理をして、子供にものを売らせているって事が多いみたいですね。

 確かに、母親と生活をするので子供を出しに使っているって事もありますね。

 子供達にはノルマってものがありまして、それを達成する事をしないと、帰ってからご飯にありつくことが出来ないって事になってきます。昔の江戸時代の様な感じですね。

 何でもかんでも買ってあげるって事はしない方が良いのですが、たまには商品を貰ってからお金を支払って、尾の商品を返してあげるって事をすると良いかもしれませんね。 うまく行きますとへそくりって物が出来るかもしれませんからね。

 私はいつもこの様にしています。

 でも、小さな女の子が売りに来ますと、殆ど買ってあげるって事を私はしてしまいます。愛妻には文句を言われてしまいますが、自分の娘が売りに来ている様な錯覚を受けてしまうんですね。

 タイ政府は何をしているんでしょうね。

 こんな小さな子供達を全て助けてあげる事は出来ないのですが、ほんの少し何かをしてあげるって事が出来ると良いですね。

 そうそう、最近では飲みに行ったり食事に行ったりする時には、キャンディーやお菓子を持っていく様にもしているんですよ。 お金をあげますと元締めに取られてしまうって事がありますから、おやつをあげる事で少しは罪の意識を軽減しているんですね。

 完全な自己満足ですね。

 皆さんも飲んでいるときや食事をしている時に、小さな子供がものを売りに来る事がありましたら、邪険にしないで優しく接してあげて下さいね。 でも、小さくても依頼心が強いですから、あまり優しくしすぎると図に乗りますし、今後を安易に考える傾向が出ますので、注意が必要ですけどね。

 これもタンブンですからね。

                

36

今回の教訓です。

 そう路上でお金頂戴って事をしている人達も小さな子供を連れているって事が結構ありますね。 これには子供のレンタルって仕事があるのをご存知ですか?

 子供を連れているともらえるお金が多い為に子供をレンタルする事で食べている人たちがあるって事も驚きですよね。(そういえば、アンバランスな親子って時が結構ありますモンね。)

 子供達への対応って物は考えてしないといけないですね。

 周りでは子供への対応をどうしているかって見ている人達も結構いますからね。 特に、タイガール達はよ~く見ていますよ。

 「おじちゃん、バラの花買って! 20Bだから。」

 「うん、はい20Bね。 そうそうこのバラの花は君へのプレゼントね。 お金が余ったら、何か美味しい物でも買いな。」

 でも、大人(特に男)が売りにきた場合は絶対に無視をしてしまいます。 皆さんも子供達に優しくしてあげて下さいね。 小さなタンブンは引いては自分の所に大きくなって帰ってきますからね。

 助け合いですね。

                

|

« タイの南の国での最愛の園 | トップページ | 待つのはOK、待たせるのはNG »

タイ人からの裏話」カテゴリの記事

コメント

○○ 様。
 有難ういございます。
 難しい問題ですよね。でも、過分のお金は支払わないほうが良い様な気がしますね。お金を上げても親方に巻き上げられるだけですからね。
 複雑な気持ちは間違いないですね、でも、出来る事だけは少しはしてあげる事が出来るって自己満足だけですね、私の場合はね。
 大人ですね、それも実は複雑な気持ちがしますが、私の場合は男はシカトしますが、女性は考えさせられますよね。

投稿: AKIさん | 2010年11月 1日 (月曜日) 午後 10時46分

AKI様


こんにちは。

僕も花売りの子供たちにいつもカモにされてます(汗)


僕がどれだけ花を買ってもこの子たちの生活は変わらないんだろうなぁ…って思うと複雑です。


僕はいつも定価+300B支払うことにしています。

花は5本だけもらいます。目に止まったキャッチのお姉ちゃんにあげるだけなんですけどね。

300Bでサンダルを買えと言ってるのですがいつ見ても裸足です。

裸足でがんばってる彼らに明るい未来を願う毎日です。


僕も大人の物売りはシカトしてしまいます。。。が、よく考えると彼らも家庭があって子供が帰りを待ってるのかな?と思ってみたり、これまた複雑です。。

投稿: | 2010年11月 1日 (月曜日) 午後 04時20分

Hirano様。
 有難うございます。
 Hiranoさんは、素晴らしい人ですね。私も見習わせて頂きたいと思います。
 本当に我々が出来る事は小さな事しかないんだと思いますが、出来る事はする様にしないといけませんよね。

 内の田舎は、洪水に近い状況が続いていましたが、今は問題がなくなってきてほっとしているところです。私は、色々な寄付は出来ませんが、知り合いのお寺に少しずつタンブンをして、子供たちの面倒を見てもらう事をお願いをしています。
 でも、偽善者の様な気分になってしまって滅入る事が多いですね。

投稿: AKIさん | 2010年11月 1日 (月曜日) 午後 01時02分

この話はこないだこっちのテレビで映画の放映をしていました。ただの物乞いではなく物を売ったりパフォーマンス(よく目の見えない人が歌ってたりします)なんかはむげにせず、少しのお金を払うようにしています。

先日は夜中にセブンイレブンに買い物に言った際に花輪売りの子供二人がゴミ箱をあさり、店の前で仮眠をとっていました。あまりにもかわいそうで花輪を買ってあげましたが、後で彼女に話したら、なんでセブンにいたならお菓子を買ってあげるくらいのことしなかったのと怒られました。タイ人がどういう人たちにタンブンしているか観察し、理由を聞き納得して払うようにしています。あきさんの言う通りほんの少し何かしてあげるということがいいのではとボクも賛成です。

それと洪水でタイの各地で被害が広まっています。自分の住んでいるところでは河川の水があふれ出そうですがまだ被害はありません。タイに住んでいる日本人は人事ではないと思います。少しでも募金などで被災地への支援をできたらと思います。自分もできる範囲で少ないですが被災地へ飲料水の寄付を数千バーツですがいたしました。

あきさんへ、余計なことまで書いてしまったのでふさわしくなかったら削除してくださいね。

投稿: Hirano | 2010年11月 1日 (月曜日) 午前 03時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の子供達の商売:

« タイの南の国での最愛の園 | トップページ | 待つのはOK、待たせるのはNG »