« 記録的な騙され方 | トップページ | 愛の旅立ちの日 ① »

2010年11月30日 (火曜日)

自殺要綱と考察

1025

 日本もタイランドも自殺者が本当に増えましたね。 日本の場合は、若年層と老年層が増加している様に聞きますが、最近では中年層まで増加傾向だって言いますから、全ての層が増えているんですね。

 タイランドの場合は、若いタイガールに自殺者が多いみたいです。 政府の発表でも増加傾向だって話が出ていますが、勿体無い話ですね。

 なんたってこれからって年なんですから・・・・・

 自殺の原因はそれぞれだと思いますが、殆どは人生を悲観してしまって死んでしまう方が楽で楽しいって感じてしまうんでしょうね。 生きている事に苦痛を感じてしまうんですね。

 本当に勿体無い事ですね。

                

1026  タイガールの自殺の場合は、殆どが熟考型の自殺じゃないって事はご存知だと思います。

 突発的に咄嗟型の自殺が結構多いって事なんですね。 日本人や他の国の人達よりも多いんですね。

 どうしてかって事ですが、何度も話をしていると思いますが、瞬間湯沸し器って話をしますね。

 これは、ほとんどの場合は自分で考えをしていて考え付かなくなって、自分自身がパニックに陥ってしまうって事が原因です。

 我々が理由が解らないって思いますが、実はタイガール達も理由を理解していない場合が多いんですね。

 その上、日本人よりもその他の国よりも恋愛や愛情に対して譲る事が出来ない思考回路を有しているからなんですね。 愛する人に対して、徹底して入り込んでしまうって事が原因ですね。

 一世一代の恋だって考えているんでしょうね。

 そうは言っても、冷静になってしまうって事が結構ありますから、即自殺って事にはならないんでしょうが、へんな別れ方をしてしまいますと、 ”えらいこっちゃ!” って事になりかねませんね。

 タイガールとの恋については、普通の感覚や軽い感覚で付き合うって事をしてはいけませんね。 中には、タイガールが浮気をしたとか、結婚をするって言っていたのに、違う男にいったって話を聞きますが、これは彼女達が真剣の考えていないって証ですね。

 それに、男が真剣になっていないって事の証です。

 タイガールとのお付き合いにおいては、命がけって事を基本に考えておかないといけませんね。 命を懸けてお付き合いをしないといけません。 でも、その気が無い場合は日本人の男はお金をかけないといけませんね。 

 どちらも掛けたくないって事でしたら、楽しいタイガールとの生活は出来ません。

                

1027_2

今回の教訓です。

 話がいつもの様に違う方向に行ってしまいました。 申し訳御座いません。

 しかしタイガールの場合は、真剣になってきますと自分自身の全てを賭けて恋をしだします。 その時に男が悪い場合でも、ビックリするほど我慢をして、尽くしていく事が出来ますから驚きますね。

 タイガールとの恋愛は、男が責任を持って導いてあげないといけませんよね、

 それ以外は、先ほど話をした様に、しっかりとお金を使ってあげないといけませんよね。一時には、それ相応のお金が必要ですからね。

 「自殺? 最近は、多いわね。 殆どが恋に敗れてしまったって感じよね。 タイの女の子の場合は、真剣になってくると抜ける事も考える事も出来なくなってくるからね。 しょうがないわよね。」

 それに死ぬ事で新しい人生を持つ事が出来るって教えもあるくらいですから、余計に安易に自殺をしてしまいますよね。

                

|

« 記録的な騙され方 | トップページ | 愛の旅立ちの日 ① »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

yoshi 様。
 有難う御座います。
 ハイ、私が撮ったものですって言いたいところですが、友人知人やタイ人達が撮ったものも含まれています。
 千枚近くストックがありますので、出来るだけ掲載をする様にしていきますね。

投稿: AKIさん | 2010年12月 1日 (水曜日) 午後 04時12分

使用している写真は、AKIさんが撮ったものですか?
子供たちの表情がすごく良いですね。なんか風景とかが、自分の子供の頃を思い出します。兄妹の写真をみて最近読んだ「スラム街の少女」の場面を想像しました。これからも良い写真も沢山掲載してください。

投稿: yoshi | 2010年12月 1日 (水曜日) 午前 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自殺要綱と考察:

« 記録的な騙され方 | トップページ | 愛の旅立ちの日 ① »