« 帰って来た友人と知人 | トップページ | 鬼畜と魑魅魍魎の世界 »

2010年11月 4日 (木曜日)

踊るんじゃないよ!

46

 「馬鹿野郎! そんな所で、躍るんじゃないよ。 早く降りろ、馬鹿野郎!」

 罵声、罵声、罵声の嵐ですね。 昔私もGoGoの舞台に上がって一緒に躍って、最悪の罵声を浴びせられた事があります。 まぁ、一種の肝試しの様なものですよね。 群れを成してしか行動が出来ない人ほど、一杯文句を言いますね。

 団体行動は強いですね。

 でも、不思議な事に単独行動のファランは、ヤンヤヤンヤの大喝采なんですよ。 島国根性の日本人と狩猟民族のファランとはこうも違うのかって、躍りながら考えた事を思い出します。

 今は、そんな事は出来ません。 恥ずかしくはないですが、意気が上がってフラフラしそうですからね。

                

47  皆さんは踊りたいって事はありませんか? 私は豊かな感情表現を持っていますから、踊りたいって事が結構あります。 (ハイになると押さえが利かない馬鹿者なのかもしれませんね。)

 GoGoで踊った事もありますし、娘とフォアランポーン駅とドンムアン空港で踊っておひねりを頂いた事もあります。 又、ハリウッドの舞台でも実は踊った事もあります。

 後で考えると恥ずかしいですよね。

 その時には何も考えていないですから、自然と体が動いてしまって罵声と悲鳴と蔑みの言葉が飛び交っています。 まぁ、私の場合はタイ語は30%くらいしか理解をしていませんし、酔っている時には全く理解が出来ませんからね。

 「AKI、お前この間は日本人クラブのショーの時に乱入したらしいなぁ。 もうええ年をしているんやからたいがいにせなアカンで!」

 オカマショーをやっている日本人クラブで乗ってしまって思わず踊ってしまいました。 最近は膝は痛くなるし、腰は痛くなるし、体力は全くなくなってしまうし、気持ちに体が付いてこない様になってしまいました。

 以前以上に罵声を浴びてしまいますよね。

 「AKIさん、最近は静かに飲んでいるだけで、舞台に乱入する事はないですね。 久々に一発行っては如何ですか?」

 って、GoGoのおカマのマネジャー煽られますが、情けない事に体力が付いてこないんですね。酒もめっきりと弱くなってきましたからね。 

 最近では娘の学校で1年生の女の子達と下手なタイダンシングをしたぐらいですからね。 それでも息が上がってきているんですから、悲しいですよね。

 若い内に馬鹿な事はしておかないと、おじさんになって面白みのない人になってしまいますよ。 タイランドでは、この様な馬鹿騒ぎもしないといけませんよね。

 そうしますと、あるタイガール(自分が愛する)からは、変な母性本能をくすぐってしまって、良い意味で、

 「この人は私がいないと絶対駄目になる。 この人を一生見てあげないといけないナ。」

 って、事にもなりますからね。

                

48

今回の教訓です。

 皆さんは馬鹿騒ぎはしていますか?

 人に迷惑をかける事はいけませんが、タイランドでも日本でも馬鹿騒ぎはしないといけませんよね。 タイガールは、馬鹿騒ぎは結構好きなんですよね。

 日本人の場合は、さめているって考えているタイガールが多いですから、馬鹿な一面を見せるって事は結構重要なアピールになるんですよね。 その後、仕事や違う事で良い面のギャップを披露するんですね。

 このギャップはタイガールが魅かれる要素って事にになります。

 タイガールは南国生まれで南国育ちですから、基本的には陽気な事が大好きですからね。 馬鹿さ加減だけを見せるのはタブーですが、まじめさ加減などを同時に見せる事で、男としての格が増していくみたいですね。

 内の愛妻も文句を良く言いますが、馬鹿と賢のギャップは好きみたいですし、自慢にしている様子ですね。

 「でも、旦那さんそろそろおじいちゃんになって行くんだから、舞台の上なんかは上がっちゃ駄目よ。 ただのキーマオって言われてしまうからね。」

 是非、皆さんも踊ってみて下さいね。但し、その後の責任は持つ事は出来ませんから、自己責任でどうぞ!

               

|

« 帰って来た友人と知人 | トップページ | 鬼畜と魑魅魍魎の世界 »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

kobachan 様。
 有難う御座います。
 あの雰囲気だからこそ乱入じゃないですか。 出来そうなところでするのは普通の人ですからね。って、えらそうに言ってもしょうがないですよね。
 たまには身も心もアホになるって事はタイランドでは結構重要な事なんですよね。

投稿: AKIさん | 2010年11月 6日 (土曜日) 午後 04時04分

AKI様

こんにちは。

あの雰囲気でステージ乱入とは…さすがです(汗)

たまにアホになるっていうのは女にとっても男にとっても魅力的なことだと思いますね。

いつもアホは困りますけどね。

投稿: kobachan | 2010年11月 6日 (土曜日) 午後 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 踊るんじゃないよ!:

« 帰って来た友人と知人 | トップページ | 鬼畜と魑魅魍魎の世界 »