« 記事数:1500回目:そろそろ卒業の時機到来? | トップページ | 私にかまわないでよ »

2010年11月22日 (月曜日)

私の心はここにはないの

1001_2

 「どうしたんだよ、彼とは上手く行ってないのか?」

 「だって彼は私の事なんかは何も考えていないのよね。だから、私の心はここにはないのよね。」

 「どうして?」

 「一緒に住み始めているのに、何の言葉もないし、私にどうしてくれって事も何もないのよね。夜の仕事をもう一度始めようかって言っても、簡単に止めたらって言うだけよ。怒りもしないのよ。」

 「・・・・・」

 「愛しているって言葉なんかは、殆どないしね、この先はどうするって事も何もないのよね。可笑しいでしょ。」

                

1002  ・・・・・何日か前に話をした通り、言葉によるコミュニケーション不足ですよね。

 何度も耳にたこが出来るほど言っている事なんですよ。 彼女達は小さな小さな女の子なんですからね。

 もう良いって言うほど、もう言いを通り越すほどコミュニケーションを無理やりでも100%以上とらないといけないんですよね。

 ”土方殺すにゃ刃物は要らぬ、雨が3日も降れば良い”って諺(?)がありますでしょ。

 「タイガール殺すにゃ刃物は要らぬ、言葉を掛けずに無視すりゃ良い!」

 タイガールとの関係を壊してしまうのはこんなに簡単な事なんですよ。 でも、我々男は釣った魚にはえさをやらないってタイプの人が本当に多いですからね。 タイガールへのえさは、愛情表現と言葉をシャワーですからね。

 コレを彼女達に与える事で、我々はもう良いってっていうぐらいの愛情や幸せをもらえる訳ですからね。 互いにフィフティーフィフティーな関係を保っていかないと中々うまく行く事はありませんよね。

 まぁ、男にとっては俺だけが与えているって事を思い込んでいる方が結構いらっしゃいますからね。

 コレはいけませんよ。

 特に恋愛の時には過分のケアをしているんですから、時間が経つ事によって自分達から愛情がなくなっていっているって考えてしまうんですからね。 慣れるって事は彼女達には存在をしないんですからね。

 忘れてはいけませんよ。 (恋愛の時間が長くなった時にもいえますからね。)

 子供との付き合いでは、根気と体力が要りますでしょ。 それと変わらないって考えて間違いはありませんからね。 但し、子供は我々は与え続ける事をしないといけませんが、彼女達は我々が与え続けた以上のものを返してくれますからね。

 与える事が我々の幸せに繋がるって事を改めて考えましょうね。

                

今回の教訓です。

1003

 タイガールとの付き合いの中では、重要な事は色々とありますが、若しかすると言葉のケアって事が一番重要な事かもしれませんよね。

 日本の場合は、慣れてしまって家庭内離婚って事が結構ありますが、タイガールの場合はそんな事は全くありません。

 1年目も2年目も5年目も10年目も、そして20年30年目も彼女達の興味は愛する人にあるんですね。

 もしも会話が少なくなったって事になりますと、愛する人は自分に対して愛情がなくなってきたって判断をしてしまいます。 コレは説明をしても理解はしてくれませんね。

 慣れや変化って言葉は彼女達の中にはありませんからね。

 お間違いのないようにして下さいね。 自分達が慣れたり変化するのは関係ありませんからね。 コレは、彼女達の辞書には一番初めに載っている様な項目なんですから、間違ってはいけませんよ。

 勝手だって簡単に片付けてもいけませんからね。

 愛する人に対しては変化はしないって考えていますが、自分達は変化はするモンだって考え方ですから、我々も同じ様に考えていてはすれ違ってしまう事になりかねまませんから、ご注意が必要です。

 理不尽な感じがしますが、しょうがない。 私たちが愛しているのはタイガールなんですからね。

                

|

« 記事数:1500回目:そろそろ卒業の時機到来? | トップページ | 私にかまわないでよ »

タイガールとの暮らしと生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の心はここにはないの:

« 記事数:1500回目:そろそろ卒業の時機到来? | トップページ | 私にかまわないでよ »