« 愛の旅立ちの日 ① | トップページ | 謝れ!有難うは?挨拶をしなさい! »

2010年12月 2日 (木曜日)

愛の旅立ちの日 ②

1031

 禁断の2日間に渡ったお話です。

 この二人はどうなって行くんでしょうね。 問題は山積みですが、私のブログの場合は殆どが、ハッピーエンドだからってお考えがありませんか? そう、たまには違った落ちになるって事もあるかもしれませんよ。

 若しかしたら皆さんもこんな話でお悩みの方も 結構いらっしゃるかもしれませんね。 この手の話は中々解決方法がありませんし、難しい問題なんですよね。

 結論から言いますと、二人が一心同体になるって事ですし、一緒に解決をする努力をするって事が重要ですね。 一人での解決を考えると、タイガールとの仲が問題になるって事になりかねませんからね。

                 

1032  「もうなぁ、金くれ金くれって煩くてノイローゼになりそうやわ。 俺だけの事やないんやで、嫁さんまで呆れて来て夫婦そろってノイローゼなんや。」

 「・・・・解るわぁ、俺もそんな時期があったからなぁ。」

 「それでな、かあちゃんと相談をして、タイランドを退去しようかって話になってきたんやけどな、日本に行くって言うたら余計に金って話になったんや。」

 「そら、日本に行ったらもっと金がもらえると思うからなぁ。」

 「うん、金を安易にやったら全員が馬鹿になって、駄目になってしまうやろ。 せやから ”愛の旅立ち” に変更したんや!」

 やっぱり意味が解りませんね。 何でそんな所で愛の旅立ちになって行くんでしょうね。 確かに難しい問題ですね。 半数以上の人がこの様な経験をしていきますから、今のうちに対処方法をもっておかないといけませんね。

 彼らがした事は夫婦が相談をして、少しのお金を持って田舎に帰ります。 そうして、親戚や兄弟や親を一堂に集めて、一席ぶったんですね。

 「これが最後の金や!そこいら中で借金をして借りてきたんや。 それで俺達はバンコクにはいる事が出来なくなったから、二人で逃げる事にした。 申し訳ないけど、これが最後の金や。 皆に居場所を教えると二人は刑務所に入ってお前らも同罪になってしまうから、内緒で二人で逃避行をするわ。」

 嘘のような話でも、真剣にしますとタイ人は信用する事が殆どです。 自分達のした事を反省をしている様子ですが、まぁのどもと過ぎるまでですね。 だって、その金は懐に入れたそうですからね。

 結局一番良い事だって判断したのは、雲隠れをするって事でした。それも夫婦そろって相談をした結果です。

 一番言い事だって言えませんが、この様な状況になった時には、離れるって事が一番良い事ですね。 それと2番目に皆を集めてしっかりと何度も何度も言い聞かせる事が重要になります。

 特に田舎の場合は依存度が高いですからね。 それに、日本人は金持ちだって神話を信じていますからね。(都会では、最近はそうでもないって事は理解していますからね)

 「スッキリや! 二人とも天涯孤独って事で、誰も知らない所に住んで、暮らすと煩わしさがなくなってきたわ。そや、AKI俺の居所をしゃべるなよ!」

 「そうやなぁ、口止め料を貰わんと俺は口が軽いからなぁ。」

 「アホ! ホンマに友達がいのない奴やなぁ。 まぁ、俺の家にきたら好きなだけ飲んで好きなだけ食えるようにしとくわ。 それにしても、結構ナイーブな問題やったなぁ、内のかあちゃんを切り離すのが一番大変やったわ。」

                 

1033

今回の教訓です。

 結婚や恋人って時にこの様な問題は結構あるんですよ。 でも、男は毅然として出来る事と出来ない事をしっかりと明言しておかないといけませんね。 始めにな~な~にする事で、あり地獄って事になりかねませんからね。

 又、奥さんや恋人には必ず自己犠牲の精神がありますから、ゆっくりと丁寧に子供に話をする様に、自分が一番最初に幸せになる事で周りを幸せにする事が出来るんだって事を、しっかりと理解させなくてはいけません。

 理解をさせていない事が後の問題に繋がっていきますからね。

 タイ人の依存型っていうのは、話には聞いていますが、中々体験をする事は出来ませんね。 それに、始めは日本人は良い顔をしますから気が付くと底に付け入られてしまうって事になります。

 初めから厳しさと優しさと、そして明確さを出さないといけませんね。

 教える事と出来ない事を解らせる事は、長い人生を生きていく上では、本当に重要な事ですから、関係ないって考えないで今のうちに、是非検討をしておく事をお勧めしておきますね。

                 

|

« 愛の旅立ちの日 ① | トップページ | 謝れ!有難うは?挨拶をしなさい! »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛の旅立ちの日 ②:

« 愛の旅立ちの日 ① | トップページ | 謝れ!有難うは?挨拶をしなさい! »