« 惚れた弱みは何時まで続く | トップページ | 変態者退治の寄付 »

2010年12月15日 (水曜日)

信じるものは救われない

1070

 疑う事を知らない私は、苦労を買ってでもしろって昔の人が言っている事を体現しています。 まぁ、出来れば体現しないに越した事はありませんが、根が善人ですから人の裏に隠れている事を疑えません。

 私の愚痴でスタートしてはいけませんね。

 皆さんはタイガールとの出逢いや接する時に、彼女達はラブビームを出しているって事は、ご存知でしたか?

 そうなんですね。

 何気ない仕草等で、我々を悩殺すべく詰めを研いでいるんですよ。 気をつけていてもしょうがないんですが、知っておくと若しかすると為になるかもしれませんね。 でも、アーパーな時に観察できるかって事が重要ですけどね。

                

1071  「当たり前じゃないの、良く見せる為に、こちらの方を見て忘れられなくする為に色々な技を考えているわよ。」

 「・・・・・やっぱり、作為的や・・・・・」

 「そんな事はタイランドだけの事じゃないでしょ。 日本でも夜に働く人達は誰でもしている事じゃないの。」

 「確かにそうやけど、タイガールだけは違うと心の中で願っていたのに・・・・・」

 「AKIさんは、馬鹿かアホ(賢い)か解らないわね。 普通は夜の女の事を100%信じる事はないんじゃないの。私達だって、客さんの事は全く信じる事はしないんだから、お互い様でしょ。」

 そらまぁ、当たり前の事ですよね。 冷静になって考えないでも全く当たり前の事ですね。そうなのに、どうして何でも信じてしまうんでしょうね。不思議でしょうがありませんね、それも分別が付いているはずのおじさんですよ。

 日本人のおじさんは、純真で無垢で清楚なタイプが好みです。 

 昔、スタートに当たって、日本人の好みはこんな感じだからって事を教えて、それが脈々と受け継がれているんですよね。 そう、その様に演じる様に教えられているんですね。タニアが出来たときからこんな感じですね。

 そんな事は露しならないおじさん達は、常夏の異国に地で憧れのタイプに遭遇をするんですから、 ”コロ”っといってしまいます。

 それに旅行ですから開放的になっていますから、気分を増長させるんでしょうね。

 始めの段階では、信じる事はいけないんですよ。何度か出合って話をして、彼女達の性格がつかめて来る頃になって初めて信じていくんですからね。 これは、タイガールも同じ様な感じですからね。

 良く初めから信じている人がいらっしゃいますが、これはデンジャラスな事ですよね。 腹ペコのクロコダイルの折の中に鶏を入れてしまう様なモンですよ。 そのまま食い散らかされてしまいますね。

                 

1072

今回の教訓です。

 始めはお互いに猜疑心からスタートをします。 タイガールの性格等が理解できる様になって来てから、男の方がアプローチをかけていくんですね。

 その後、彼女が真剣にこちらを向く様なタイプであったら、男が先に信じ込んで彼女を信じさせる様に持って行って、互いが信じれるって事が確認しあう事が出来て初めて恋人って事になって行くんですね。

 物事には順序ってものがありますから、それを一足飛びに事を構えようって考えて、行動をしていきますと、殆どは成就する事はありませんよね。それ以前に、相当の授業料を支払わないといけませんね。

 「う~ん、難しいんだけど、日本人のおじさん達は、直ぐに信じているからね。って言うんだけど、何を信じているのか理解できないわよね。 互いが心を許していないのに、自分だけ先に許すのは、逆に信じる事なんか出来ないわよね。」

 言いえて妙ですね。

 信じるって事は重要な事だと思いますが、順を追うことを心掛けましょうね。タイランドのタイガールとは、順番を間違いますと、中々交わる事は出来ませんからね。

                

|

« 惚れた弱みは何時まで続く | トップページ | 変態者退治の寄付 »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信じるものは救われない:

« 惚れた弱みは何時まで続く | トップページ | 変態者退治の寄付 »