« 愛がないなら、お金を下さい! | トップページ | 世界一の晴れ姿 »

2010年12月29日 (水曜日)

私の旦那はスーパーマン

113

 「内の旦那さんは、そりゃ凄いのよね。 頭は思考に良いし、何でも知っているし、どんな事でもする事が出来るのよね。」

 ある日帰りますと、こんな会話が聞こえてきました。 又、自慢話をしているのかって思っていましたら、そろそろ雲行きが悪くなってきている様子ですよね。 得意の、瞬間湯沸かし器状態を必死に抑えているって感覚です。

 瞬間湯沸し器って、仲間内にしか出来ませんからね。 言い忘れましたが、お客さんはお金が仲間内ですからね。 外面が良いのがタイガールの基本ですから、仲間内にしか怒った顔は見せませんね。

 ・・・・・爆発寸前の言動は、ウンコやおしっこをしたくて、我慢の限界って所で、漏れそうになって必死にこらえているって形容が一番解り易いかも知れませんね。

                

114  自分の知り合いと電話で話をしているところです。 最近は日本に住む事で自分の感情を少しはコントロールする事が出来る様になりましたから、ぶち切れって事は回避したみたいです。

 でも、帰ってきた私に向かってそれはそれは文句や苦情をいっぱい言い続けます。 自分の知人の事を、目の前にいる様に私の文句を続けるんですね。

 しかし、私は関係ない事ですよね。 

 どんな話かって言いますと、互いの旦那が最高だって話なんですが、馬鹿らしくて疲れがドンドンと出てきますし、そうかといって適当に話を聞いていると怒りが私の所に飛んできますからね。 適当に相槌を打ちながら、天気の回復を待たないといけませんね。

 ここで言ってはいけない事は、

 「良いじゃないの、別に気にする事はないよ。」

 って、言ってしまいますと、さぁ大変ですよね。 自分の旦那の事を自分の旦那ね貶されたって事で、怒りが増幅してくるんですよね。 信じれない光景じゃないですか。 どっちにしても私が怒られてしまうんですからね。

 タイガールの場合は、こんな感じの理不尽な怒りを爆発させる事があります。 まぁ、自分の事を自慢してくれているんですから、文句を言う事は出来ない訳ですが、訳が解りませんよね。

 「まぁまぁ、向こうも自分の旦那さんが一番だって思っているんだから、気にしないのが良いんじゃないの。」

 「そんな事はありません。 私の旦那さんの方が素晴らしいって言うのは私が一番知っている事でしょ。それなのに、知らないのにそんな事はないわよって言われて黙っている事なんかは出来ないわよ。」

 ・・・・・ 

 こんなご経験をされた方は、対処方法があります。 どんな事でもそうですが、自分以外に怒りの理由がある場合は、少しずつ少しずつ、話を違う方向に持っていく事です。 早急に焦ってはいけませんよ。

 自分の事を自慢してくれて、そして帰ってきたら自分が怒られてって事は間尺に合いませんモンね。

                

115

今回の教訓です。

 自分の事意外での怒りがタイガールにある場合は、面倒臭がらないで対応をしてあげる様にしないといけませんね。

 これがうまく処理する事が出来ましたら、相当頼りにされて、より愛されるって事になっていきますからね。 まぁ、そうなると余計に自慢をしてしまうって事にもなりかねませんが、自分の自慢をしてくれるのは、タイガールの愛妻以外はありませんからね。

 (早々、娘の場合ももっともっと凄い自慢をしてくれますが、真実じゃない所でも自慢をしますからね)

 「う~ん、旦那さんは素晴らしいなぁ。 今まで腹が立ってどうしようもなかったのに、気分が楽になってきたわよ。」

 「そうか、それは良かったね。」

 「うん、やっぱり内のだんなさんが最高に素晴らしいわ。 これからもう一度あいつに電話して、どれほど凄いかって事をはなしてやらないといけないわ。」

 ・・・・・

 自慢話もほどほどにして欲しい所ですが、褒めてくれているんですからしょうがないですね。 それに、こんなに自慢をしてくれるんですから、下手を打つって事は出来ませんから、人間が向上するかもしれませんよ。

                

|

« 愛がないなら、お金を下さい! | トップページ | 世界一の晴れ姿 »

私と奥さん」カテゴリの記事

コメント

なかちゃん 様。
 有難うございます。
 アドバイスなんて滅相もない事ですが、私が失敗した事をご紹介をしていきますので、出来れば私の真似をしない様にすると、失敗は減っていくかもしれませんね。

 来年はピョンピョンの年になります、互いに飛躍が出来ると良いですね。

投稿: AKIさん | 2011年1月 5日 (水曜日) 午前 08時19分

AKI様

理不尽な怒り、本当にタイガールと付き合って行く上では付いてまわる事だと思います。日本人的な価値観を押し付けると逆切れとも言える様なブチ切れをしますもんね。やはり相手は育った環境も習慣も我々とは違う外国人だという認識が必要なのでしょうね。


AKIさん、今年も残りあと1日、本年も色々なアドバイスや御指導御鞭撻有り難う御座いました。お店の女の子達(タイ人)と上手く付き合って行けているのもAKIさんの御指導のおかげです。まだまだたまに起爆装置のスイッチを押してしまう時があるので同じ失敗をしないよう今後とも良きアドバイスを宜しくお願い致しますね。

ではでは、奥様共々良いお年を!

投稿: なかちゃん | 2010年12月30日 (木曜日) 午後 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の旦那はスーパーマン:

« 愛がないなら、お金を下さい! | トップページ | 世界一の晴れ姿 »