« 新生:新しいブログの創造 | トップページ | 昨日の夢を見続けましょうか »

2011年1月 2日 (日曜日)

時を駆け巡るタイランド

128_2  皆さんは昨日は初夢は見られましたか? 今年一年が楽しくて、タイガールとのすべてがうまくいくと良いですね。

 新年が到来して、タイランドからも電話やメールがやってきます。 タイランドに住んでいる方達は、本当に楽しそうですよね。本当に羨ましい限りです。

 話を聞いていると時間がゆっくりと流れている様な感じですね

 日本とタイランドに違いは、日本では時間が勝手に進んで行って我々が追いたくられている様な感じがしますが、タイランドに場合は自分たちで時間のコントロールをする事が出来ている様な感じがしますね。

 時間の観念について話を進めて行きましょうね。

                 

129_2  時間観念が弱いってタイランドは言われていますよね。 実は私もタイランドにいますと、時間観念が弱体化してきますよね。 友人・知人達と食事や酒を飲む為に時間を約束しても、皆がみんな同じ時間に集合をする事が出来ませんよね。

 それでも、文句も揉める事はありませんよね。

 世界の時間の観念は当たり前ですが、24時間制の感覚ですね。でも、タイランドの観念は12時間制の観念だそうです。

 元々12時間的な考え方があって、そのDNAがそのまま残っている傾向にあるそうですね。 その上、

 「旦那さん、何を急いでいるのよ。 心配しないで、誰もそんな時間には来ないからまだまだ大丈夫よ。」

 って、集合時間の5分前の会話ですからね。(確かに、時間通りに行っても来ている人はいませんし、遅れていっても文句を言われる事はありませんね)

 そう、そのDNAに誰もがその時間には来ないんだからって習慣や風習がある訳ですから、時間に対してルーズだって事ではない様子ですね。

 普通、タマダーなんですよ。

 昔、時間どうりに来ないって事で切れて激怒した事がありましたが、殆どの人が何処吹く風で、

 「AKIさんはどうしたの? 何か食べ物にでもあたったの? あっ、解ったAKIさんは人が良いから、誰かに良い様にされて、お金でも貸してしまって返してもらえなかったんじゃないのかなぁ。 それなら機嫌も悪いわよね。」

 まぁ、何も言わないのに色々な憶測が出て来て、それがさも正解な様に一人歩きしていきますからね。 その時だけの事じゃありませんよ。 噂は千里を駆け巡って、

 「AKIさん、騙されて100万Bほどなくなったそうね。 本当に馬鹿なんだから、騙される方が悪いんだからね。 もう無くなったものを考えても何も帰ってこないから、気にしない方が良いわよ。 そう皺が増えるだけなんだからね。」

 こんな感覚ですから、怒った方が馬鹿ですね。

 時間の感覚だけじゃなくて、万事が優しくおおらかに流れて生きますよね。 やっぱりタイランドは、楽しくて、移住をしなければいけませんね。

                

133

今回の教訓です。

 タイランドの感覚に於いては、我々日本人の半分的な感覚ですから、1時間や2時間の遅れって事は普通に想定範囲なんでしょうね。

 考えると時間が半分ですから、早くなるって事もあると思うのですが、早くなるって言葉はタイランドに辞書にはありませんからね。

 まぁ、タイランドにいる場合はあくせくする必要性はありませんよね。 デモね、正式なビジネスに関しては、日本人よりも時間に煩いのがタイ人ですからね。

 それにもう一つ面白いのが、自分の事は適当なんですが、人の事は非難したり、責めたりって事は普通に行われますからね。 でも、されている方は馬の耳に念仏ですし、言っている方も直ぐに和気藹々となりますから、怒る方が損ですよね。

 私も直ぐ切れるタイプでしたが、タイランドとの関わりを持つ事によって、気が長く起こる事がなくなってしまいました。 そうですよね、怒った方が損ですし仲間が無くなってしまいます。

 適当な生活は楽しいですよね。

                

|

« 新生:新しいブログの創造 | トップページ | 昨日の夢を見続けましょうか »

タイランドに住む人々達」カテゴリの記事

コメント

なかちゃん 様。
 有難うございます。
 考え様によりますと、タイ人の愛妻は
 「日本のリズムの方が人間らしくて、最高に良い事がいっぱいある!」
 って、言っています。 若しかするとないものねだりって事なのかもしれませんが、間違いなく日本よりもタイランドのほうが人間的な事は間違いない事ですよね。
 はよ、行かんと体に悪いわ!

投稿: AKIさん | 2011年1月 5日 (水曜日) 午前 08時46分

AKI様

明けましておめでとう御座います!

僕もやはり気が短い方でして...タイ移住を考えたのもこんな自分をタイランドのリズムの中に置いてみたいという思いからでした。活気が無いのに時間だけが目まぐるしく進む日本に疲れてしまったのかもしれませんね。


何はともあれまた今年も一年宜しくお願い致します。

投稿: なかちゃん | 2011年1月 4日 (火曜日) 午後 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時を駆け巡るタイランド:

« 新生:新しいブログの創造 | トップページ | 昨日の夢を見続けましょうか »