« 検討事項は入念に | トップページ | 何でもありは、何にもないナ »

2011年2月17日 (木曜日)

一時の快楽、生涯の快楽

070  始めはタイランドへはどの様な目的で行かれましたか? どちらかって言いますと動機不純って事が最も近い理由だったのかもしれませんね。

 初めじゃなくてずっと動機不純って方も一杯ですからね。

 でも、その内感覚が変化してきて、違った感情を抱くようになった人達は相当数に上りますね。 

 今日の表題の様にどちらでも問題はないと思います。 問題が発生をするのは、中途半端な感覚に陥った時でしょうね。 中途半端になりますと、私の経験ですが自己都合を優先してしまいますよね。

 自己都合は恐ろしい落とし穴を持っているんですよ。

                 

071  いつも言っている様にタイランドに遊びに行く場合は、一時の快楽(観光も含む)だけを追い続けるか、それとも生涯の伴侶を得る為に行くかって事を明確にしておかないといけませんね。

 それを明確にしておかないと、分を通り過ぎてしまうって事になります。そうしますと、必ずって言っても良い様に違った道が現れてきますよね。

 落とし穴が一杯ありますね。

 私の友人・知人たちの中には、中途半端にしていて、問題を起こしてしまった人達が沢山います。一例を紹介しますと、

1. 遊びのつもりが真剣になってしまって、家庭をなくした上に借金まみれで、その上、タイガールに騙されてしまって踏んだり蹴ったりって事になってしまい、とうとう人生をつぶしてしまいました。

2. 騙すつもりではなかったのですが、タイガールをその気にさせて、訴えられて日本の家庭は崩壊で、双方に慰謝料って事で、借金の為に人生を送らないといけなくなってしまいました。

3. 二兎を追った為に、両方から見下り半を言い渡されて、ひとり寂しい生活を余儀なくさせられました

 「やっちゃったで、AKIの言う事はしつこいからいい加減に聞いていたら、借金王になってしまって、酒やタバコどころの話じゃなくなってしまったよ。 こんな話は、何度も聞いていても自分自身が真剣にならないと見につかないわなぁ。」

 何度も何度も同じ事をと思われがちですが、生涯の問題ですからよ~く考えておかないといけませんよね。

 人間なんでも中途半端はいけませんよね。

 実は私はタイランドでは、愛妻に出会う前まではいい加減にしていたんですね。何事も中途半端にしていましたが、最悪なことばっかりを経験をしました。 このブログにお越しの方は、最悪を経験しない様に口をすっぱくして訴えているんですから、覚えておいて下さいね。

 「中途半端は見透かされて、普通の鴨にされてしまうって事は、何処の世界も同じことやね。 反省しても少し遅いかも知れへんねぇ。」

 100%遊ぶか、100%遊ばないか検討が必要かもしれませんね。

                

072今回の教訓です

 そろそろ耳にタコが出来てきたかもしれませんね。 でも、巷では同じ事が繰り返されているんですから、昔の映画の ”折の中の懲りない面々” 状態が続いているのかもしれませんね。

 実は昨日知人が同じ様に、2番目の災難に陥ってしまいました。 (災難じゃなくて自業自得なんですけどね)

 暗い話になっていけませんが、少しは耳を傾けておいて下さいね。 結構重要な話かもしれませんからね。

 「AKI、人生は山あり谷ありって言うけど、今の俺は谷ばっかりやわ。 お前の話も真剣に聞いとくべきやったわ。」

 こんな事にならない様に、是非して下さいね。

                

|

« 検討事項は入念に | トップページ | 何でもありは、何にもないナ »

注意:お気をつけ項目」カテゴリの記事

コメント

騙されたい 様。
 有難う御座います。
 彼女も理解をしていると思いますが、自分自身の最終形を考えてしまうんでしょうね。 若しかすると、自分は必要がないんじゃないかって、自分自身で判断をしているかもしれませんよね。

 二人の関係は中々難しい関係になっている様な感じですね。 ゆっくりと彼女と話をする方が良い様な感じがしますが・・・

投稿: AKIさん | 2011年2月18日 (金曜日) 午後 01時18分

Akiさんへ
妻子持ちであることは承知で付き合ってもらっていますが、いつも感じることは、100%向かないようにしているのか、他を探しているような感じです。
自分に誠意が見られないのでしょうかね。
また、困ったときの予備品のような感じもします。

投稿: 騙されたい | 2011年2月18日 (金曜日) 午前 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一時の快楽、生涯の快楽:

« 検討事項は入念に | トップページ | 何でもありは、何にもないナ »