« タイガール学は底がない | トップページ | 心の狭間に、心地よい風 »

2011年2月24日 (木曜日)

今日も元気で、酒とあそこが旨い

091  ・・・・・

 何を表題にしているんでしょうね。 私は、表題を何ヶ月もストックをしています。今では半年分くらいを表題だけを書いているんですが、いざ書く時になったら忘れているって事がいっぱいです。

 そろそろ、アルツハイマーが出てきているのかもしれませんよね。

 それに私は臨機応変なタイプに見た目は見えるのですが、非常に頑固ですから、表題を変える事はしません。 何とかそれに合わそうって、少ない引き出しから色々なものを出すようにしています。

 だから、取り留めのない話になっていくんでしょうね。本当に読者の方は可愛そうですよね。 まぁ、因果だと思って笑って許して下さいね。

                

092  ・・・・・そう言えば先日楽しい話をタイ人の男としました。 タイ人とは思えないほどしっかりと仕事をして、将来についての展望を抱いて、そして自分の夢に向かってしっかりと地に足をつけて生活をしています。

 その彼が先日結婚をしまして、祝いの為に一緒に酒を飲む様にしました。 その時の会話が非常に楽しくてご紹介をさせて頂きますね。

 「最近は仕事も忙しくて、少しずつ給料も上がってきました。 今までの様に生活をして上がった分は、貯金をして夢に向かって伴侶と一緒に頑張っていくんですよ。」

 「お前、昔の事を思うと信じれないくらいに変化したね。 本当に素晴らしいよね。」

 「昔は馬鹿な事をしていましたよね。 周りの友人や女の子達や家族にも最悪な事をしていましたね。 まぁ、AKIさんから十分に怒られて、そして今の奥さんに出会ってから、変わらないと自分は終わってしまうって感じましたからね。」

 「普通は誰でもそうは思うけど、変われないって事がタイ人の男の基本だけどね。」

 「でも、AKIさんを含めて色々と意見も頂きましたし、内の奥さんが俺に素晴らしく尽くしてくれましたしね。 これで変われないのは、男以前に人間じゃないですね。」

 「・・・・・そんな事で変われるのは、お前が凄い奴だからだよね。」

 「有難うございます。 でも、まだまだ奥さんやAKIさんには迷惑をかけていますよね。 何時もご飯やお酒をおごってもらってばっかりですモンね。 夢が叶ったら必ず恩返しをしますからね。」

 日本人でもこれほど変化をする人は少ないですね。 タイ人の男にとってはタイガールって存在は相当に影響力があるんでしょうね。 男をうまく操縦をする事が出来るって言うのは、素晴らしい技術ですし、能力ですね。

 彼の今の楽しみは、家に帰って安酒を夫婦で少し飲む事と、毎日の様に二人でSEXをする事だそうです。

 ・・・・・金も掛かりませんし、互いに喜ぶ事が出来ますし、回数を重ねる毎に新しい発見がありますからね。 それに、仕事全うする体力がつきますから、ジムに行って鍛える事なんかは必要ありませんからね。・・・・・

 SEXは、彼ら二人にとっては、三度の食事をするとか、息をするとかって事と同じ様な行為だそうです。

 確かに、夫婦のみのSEXは体力は作りますし、夫婦和合を演出する事は出来ますし、お金は掛かりませんし、男も女のも老ける事はないと言われていますが、私は実践をする事は・・・・・難しいですね。

               

093今回の教訓です

 今日の教訓は3つです。 人の言う事を素直に聞き入れる事が出来ると、最低だって言われているタイ人も更生をして、素晴らしい人間に変化をする事が出来るんですね

 又、タイガールは最低な男も構成をさせる事が出来る素晴らしいものを持っているって事ですよね。

 これほど、愛する人を支援をしてくれるって事は本当にすばらしい事ですもんね。

 それに夫婦のみでのSEXは、万能薬だって事ですね。 

 彼との会話では、

 「今日も元気で、酒とあそこが旨い!」

 って、事になるのかもしれませんね。私の場合は、 ”あそこ”って部分が抜けているので、完全に夫婦和合が演出できないのかもしれませんね。 

 SEXだけが夫婦かって偉そうに言っていますが、SEXも出来ないのは男じゃないなぁって言われているよな気がしますが・・・・・

                

|

« タイガール学は底がない | トップページ | 心の狭間に、心地よい風 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日も元気で、酒とあそこが旨い:

« タイガール学は底がない | トップページ | 心の狭間に、心地よい風 »