« 七代まで祟ってやるわ | トップページ | 虚構の家の束の間の幸せ »

2011年2月 6日 (日曜日)

人生の自慢話

037  皆さんの人生の中で人に誇れる様な自慢話は幾つする事が出来ますか? 実は私は、情けない事に自慢話をする事が殆ど出来ませんでした。

 AKIさんに過ぎたるものが二つある!

 昔からの友人の先日言われて、改めて考えると確かに二つありました。 そうですね、皆さんもお気付きだと思いますが、愛妻と愛娘ですね。

 今までは自慢をする事は殆どありませんでしたが、最近では自慢をする事が出来まして、したくてしたくてしょうがないんですが、自慢話は中々人は聞いてくれませんよね。ですから、この場を借りて、自慢話を徹底してしようかって思っております。

 ご迷惑は重々承知しているんですが、ここに来たのが運の尽きだって思って諦めてくださいね。

                 

038  「パパ、聞いても良いですか? 昨日まで仕事で上海に行っていて、夜は誰と一緒に寝たの?」

 「はぁ~、どう言う意味?」

 「うん、意味は簡単よ! 仕事で外国に行っている時には、誰と一緒に寝ているのか知りたいのよ。」

 「パパは一人で寝ているに決まっているでしょ。」

 「見えないは解らないなぁ。 学校でも男は見え透いた嘘を直ぐにつくから気をつけないとって先生も言っているからね。」

 「・・・・・」

 「ねぇ、本当は外国ではパパは誰と寝ているの?」

 「パパは嘘はついた事はないでしょ。 ね。 仕事の時には必ず一人で寝ているんだからね。」

 「は~い、解った! でも、嘘はついちゃいけませんよ。 パパは私とメイ○○とだけしか一緒に寝ては行けないのよ、ね!」

 皆さんこの会話は内の愛妻としているわけではありませんよ。数週間前に7歳になった娘との会話です。 信じれますか? この会話は、2年前くらい5歳のときくらいからされているんですが、もう間違いなくタイガールそのものですよね。

 「パパ、メイ○○と私とどっちを愛しているの?」

 「う~ん、同じだよ。 二人とも一番愛しているよ。」

 「パパ、一番って言うのは二つはないって知ってた? この前は、私の方を愛しているって言ってたじゃないの、あれは嘘をついたの?」

 「・・・・・」

 たじたじですよね。 実は私の自慢はね。

 徹底して愛してくれる本物のタイガール2名から、愛されて取り合いをされていることなんですよ。 内の母娘はとっても仲良しですが、私の事になりますと即効 ”敵同士” に変身をします。

 皆さん羨ましいでしょ。 でも、皆さんも私の様な素晴らしい生活は直ぐに出来ますから、羨ましい方は早くおいでないさいね。

                

039 今回の教訓です

 愛妻やおばあちゃんに、

 「娘にそんなことを教えるのは駄目だよ。 まだ子供なんだからね。気をつけないと・・・・・」

 と、文句を言いますと、全く教えたこともないそうで自分で考えて質問をして、詰問をしているそうですから驚きですよね。 小さな女のこの時代から変わらずそのままのタイガールですよね。

 こんな事が自慢の種になるのかっておっしゃる方もいらっしゃると思いますが、タイガールに惚れてタイガールとの人生を望んで、そして結婚をして叶ったのに、子供が出来ても引き続いて同じ感じですから、ダブルで望みが叶った感じですよね。

 (若しかして私は、全ての運をこれで使い果たしたのかもしれません)

 「パパ、知らない人と一緒に寝たり、知らないおばちゃんと話をしたりする事は駄目よ。 その分私がいっぱいいっぱい愛するからね。」

 こんなに素晴らしい事を言われるのですから、やっぱり自慢話になりますよね。

                

|

« 七代まで祟ってやるわ | トップページ | 虚構の家の束の間の幸せ »

タイガールとの暮らしと生活」カテゴリの記事

コメント

TT100様。
 有難う御座います。
 あまり根を詰めて読みますと、頭がパーになってしまいますよ。お気をつけ下さいね。
 タイランドには、まだ行かれた事がないんですね。 是非、彼女と一緒にいらしてみて下さいね。もっと大好きになってきますよ。
 
 幸せですよ。自分が一番幸せだって思っていますと、本当に自分が一番幸せになりますからね。 

投稿: AKIさん | 2011年2月 9日 (水曜日) 午後 03時49分

 AKI様

 いつも、楽しく読ませて頂いております。 また、勉強させて頂いております。
 先日、すべてのカテゴリーを読破しまして、只今2周目を読み始めております。


 私は、まだタイには行ったことは無いのですが、在日のタイ人彼女がいます。 AKI様のブログのおかげで、彼女との仲が日々進展してるのが実感できます ありがとうございます。 
 これからも、続けてくださいね。 頼りにしてます


追伸: AKIさんは、本当に幸せそうですね  羨ましいです。

投稿: TT100 | 2011年2月 9日 (水曜日) 午後 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生の自慢話:

« 七代まで祟ってやるわ | トップページ | 虚構の家の束の間の幸せ »