« 女子大生の生態学 | トップページ | パパ・ラック・カイ! »

2011年3月19日 (土曜日)

コールガールとピンハネ

058_2  夜の世界では、コールガールとピンハネは切っても切り離せない物ですよね。 

 その事は知っていても、内容はどのような物になっているのかって事は、ベールに隠されていますね。 知りたいところですが中々知りえないですモンね。

 今日はそのベールを取り除いて見ましょうね。

 夜の見方が変わってしまうかもしれませんね。 では、ベールに隠された世界にご招待をしましょうね。

 乞うご期待!

                rainrainrain

059_2  皆さんは良く知っていると思いますが、カラオケやGoGoなどのお店を構えて得いる場合は、ペイバーって感覚でお客さんから頂きますよね。場所貸しの様な感覚ですね。

 それにテーメーやコーヒーショップなどはフリーですから、何もありませんが、中にはやり手婆って言うのがいまして、橋渡しをするってことを仕事にしていますね。

 この場合も、お客さんから手数料を頂くって感じですね。 タイランドの場合は、お客さんから手数料をもらうって事で成り立っている事が普通ですね。 ですから、お客さんからもらったものはその女性のものって言うのが普通が多いです。

 お風呂やマッサージなどは、一人幾らって事でのキャッシュバックですね。 これは、店の設備を使うんですからしょうがないですね。 ここなどでは、お客さんからのチップのみが100%懐に入るって事ですから、入ったと同時に3分の2をあげて、買えるときに3分の1をあげるのが良いですね。

 では、タイランドの場合でのピンハネって言うのはどんな場合の事なんでしょうね。

 当たり前の事ですが、こういうビジネスで人を介するとかって所には、必ずピンはねが発生しますよね。

 派遣やポンビキがいて、別の部屋(ロシア)に行く場合ですね。

 この場合は、60%がピンはねされる様な感じですよ。 相当大変ですね。 但し、この手の場合は、専属の仕事って事ではないみたいですね。タイランドの場合は、別に仕事を持っていてのアルバイトって感覚が殆どですね。

 このような仕事をしている奴等とは、常に情報を収集する為に、情報交換会(ただの飲み会)を開催していますからね。 今後、詳しく話をすることもあると思いますので、交互期待を下さいね。

                rainrainrain

060今回の教訓です

 夜の世界では昔から、闇の世界の人達が暗躍をしていますが、タイランドの場合は他の国と違って介入が少ないんですよね。

 但し、貧乏な国の為に人か買いって事があって介入をしていますが、早くから正式なビジネスって事になっていますね。 日本よりもこの点では、進んでいますね。

 お店等の施設を使用しない場合は、チップの使い方は何の関係もありませんね。 又、必要がない場合もありますよね。

 でも、お店等に施設を利用をする場合は、チップの使い方を誤るとサービスが低下をしてしまうって事がありますね。 日本人はチップの使い方が下手ですから、勉強をしておかないといけませんね。

 もしこの世界に飛び込みたいって方がいらっしゃったらご相談に応じますからね。

 この次には、風俗の関係者達との交流会のご紹介でもしましょうかね。 期待をしておいて下さいね。

                rainrainrain

|

« 女子大生の生態学 | トップページ | パパ・ラック・カイ! »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/34293810

この記事へのトラックバック一覧です: コールガールとピンハネ:

« 女子大生の生態学 | トップページ | パパ・ラック・カイ! »