« とっても苦労なタイガール | トップページ | 自己中心と他人中心 »

2011年4月23日 (土曜日)

夢の様な夢の話

64  「そんな夢の様は話は信じる事は出来ないよ!」

 「本当なのよ、AKIさん! あの人から電話が掛かってきたのよ、一緒に暮らせる様になったって。」

 「馬鹿な話がある訳がないじゃないか。」

 「本当のなのよ、私さえ良かったらずっと一緒に暮らしたいって事を電話で話をしたのよ。 勿論私は、全てOKだって返事をしたわ。」

 ・・・・・怪談のような話ですが、その彼はもう何年も前に亡くなっているんですよ。 

                

65  このタイガールの彼って言いますのは、そうですね、なくなってから3年以上の歳月がたちます。 急な事故で、この世を去ってしまって、さぞかし心残りがあっただろうなぁって感じます。

 彼女も半狂乱で、自殺を何度もしようとしていましたからね。

 数年立ってから、やっと心も落ち着いてきて、そろそろ新しい人生を歩む事が出来るのではないかって所まで来ていたんですが、そんな時の冒頭の電話が掛かってきたって話ですからね。

 ホラー映画かスリラー映画以外では、死者からの電話ってものはありませんでしょ。

 「お前大丈夫か? 彼が恋しいって事が講じて、ありもしない電話が聞こえてきたんじゃないか、真実は彼は天国にいるんだから電話が掛かってくるはずはないんだよ。 しっかりとしないといけないよ。」

 私の話だけじゃなくて、彼女の友人達も一生懸命に諭したり、忠告をしたりって事を続けますが、

 「AKIさん、大丈夫よ。 昨日も彼から電話が掛かってきたのよ。 そう、もう直ぐ彼と一緒に暮らす事が出来るのよ。 長い間待たせたって、どんなに謝られたか・・・・・私は、彼と一緒に人生を送るのよ。」

 彼女の友人から、彼女が死んだはずの彼氏と電話で話をしているって、その現場をあからさまに見てしまったって聞きました・・・・・鳥肌が立ってきますよね。 私は、お化けものが最悪に嫌いですからね。

 周りでは、彼女が電話で彼氏と話をしているって言うのは、本当見たいなんですが、誰も彼の声を聞いた事はないんですね。 彼女の一人芝居の様な感じなんですね。

 彼女が彼氏と一緒に暮らすって行っている日にちが解りました。 実は、彼が死んでしまってから、4回目の命日からだそうです。 

 「そうなのよ、その日にあの人は迎えに来るって言ってくれているのよ。 私は、何の用意もしないでもOKだから、体一つで彼のところに行くのよ。 本当の今から待ちどうしくて、楽しみでしょうがないわ。」

 ・・・・・彼女の友達の中でも怪談じみてきていますから、お寺に連れて行ってお坊さんに話をしてもらおうって事になったそうです。

 お坊さんの話ですが、彼女はもう生きていないって言われたそうです。 世の中に生きている様な感じに見えるけど、彼女はもう何年も前に亡くなっている。 亡くなっている彼女を、彼氏が迎えに来るんだろう。

 って、仰ったそうです。 怖い話ですね。 彼女は、彼氏が死んでしまった時に一緒に死んでしまっているそうです。 でも、体だけが現世に残ってしまって、彼の元に行く事が出来なくて、彼氏が彼女を迎えに来るから、心から送ってあげなさいって言われたそうです。

 彼の命日への時間のカウントダウンが迫ってきています。

 お坊さんの言った事が正しいのでしょうか? ただ単に彼女が彼恋しさに錯覚をしているだけの事なんでしょうか? それとも、本当に亡霊が迎えにやってくるのでしょうか?

 怖い話ですが、気になるところですね。

                

166後日談ですよ。

 どうなったと思いますか? 彼に命日の翌日に、彼女の部屋を訪れた友達は、もぬけの殻の部屋だけがあったそうです。

 そこにはついさっきまで普通に生活をしていた痕跡は残っていますが、彼女の姿は何処にもありませんでした。

 小さな日本で言うところのちゃぶ台の上には、いつも使っていた彼女の携帯電話と彼の形見の携帯電話が置かれているだけで、それ以外はいつも普通の光景がそこにあるだけでした。

 結局はその後の彼女の姿を見た人達はいません。

 お坊さんが言う様に死んでいた彼女を彼が迎えに来たんでしょうか?

 彼女が言う様に彼が迎えに来て、一緒に暮らしているのでしょうか?

 それとも、悲しみに耐え切れなくなった彼女が失踪をしてしまったのでしょうか?

 真相は未だに闇の中で、はっきりとした事はわかりません。皆さんは、彼女達はどうなったのだと思いますか? 私は、二人は我々の世界じゃないところで、楽しく暮らしているんじゃないかと考えています。

                

|

« とっても苦労なタイガール | トップページ | 自己中心と他人中心 »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

○○○ 様。
 有難う御座います。
 荘ですね、タイランドには結構この様な話は転がっているみたいですね。事実かどうかは解りませんが、タイ人はこんな話が好きですし、怖がりですからね。
 ご相談事がありましたら、どうぞお気軽に!

投稿: AKIさん | 2011年5月 2日 (月曜日) 午前 11時48分

あきさん。
 恐ろしいです、本当の怖いです。
 タイはこんな話がありますか? 僕は、情けないですがお化けや怪談が一番怖いです。子供だって言われてしまいますが。

 でも、死んでも愛する人の事が忘れることが出来ないし、一緒に住みたいって気持ちが続くのはタイガールの特徴なんでしょうね。
 僕もそんな伴侶が欲しくて探しています。何とか見付かりそうな今日この頃なんですよ。 相談に乗ってくださいね。

投稿: ○○○ | 2011年5月 1日 (日曜日) 午後 11時25分

TT100様。
 有難うございます。
 怖い話ですね。出も、タイランドには結構沢山この様な話があるんですよ。 つい最近も、オンヌットにあるお寺に言ってきましたが、怪談の主人公の様な女性が祭られていました。
 彼女の場合は、本当に望んでいた彼との生活がこの世で出来なかったんですから、是非あの世で楽しく暮らして欲しいですよね。
 (お気づきだと思いますが、この彼は日本人の男性なんでよ)

投稿: AKIさん | 2011年4月24日 (日曜日) 午前 11時41分

 AKI様

 ドキドキしながら、読みました。  

 私もAKIさんに同感です。  二人が一緒で幸せなら、どんな世界でも良いじゃないですか。


 でも、不思議な話ですね。

投稿: TT100 | 2011年4月23日 (土曜日) 午後 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢の様な夢の話:

« とっても苦労なタイガール | トップページ | 自己中心と他人中心 »