« 性の満足・心の満足 | トップページ | 金持ちなTGと貧乏なTG »

2011年4月11日 (月曜日)

気分も心もパラダイス

28  「ルン・ルン・ルン・・・・・世の中は楽しい事ばっかりで素晴らしすぎるよね。 気分も心も何もかもがパラダイスだって言うのは俺の事を言うんだろうね。」

 「・・・・・お目出度いやっちゃ!」

 「うふ・うふ・うふふ・・・・・お前の言う通りやわ、何でもっと早く気がつかんかったんやろうなぁ。 今までの時間が勿体無くて、本当の後悔をするなぁ。でも、今は、心も気分も絶好調やから、昔の事は考えんとこ。」

 「・・・・・」

 「AKIちゃん! お前も気分も心もパラダイスか?」

                

29  馬鹿な会話は私の昔からの友人です。 何年も前にバツ一となって、女なんかはもう懲り懲りだって悟りを開いて、特定の女性を作ることはしないで、お金を基本として一時の処理だけを続けていた男なんですね。

 これが一番簡単で、後腐れって事はありませんから、楽で良いですよね。

 そんな割り切った男でも、タイランドに通う様になってきて、タイガールに接する事になりますと、初心貫徹って事にはならなかったみたいですよね。 どうしても、カルチャーショックを受けてしまって、嵌まり込んでしまいますね。

 彼の場合は、障害物は何もないんですからね。 あるとしたら、馬鹿な男、中年の男の感覚だけの事かもしれませんね。

 女なんかは懲り懲りだって言っていても、性的な処理だけで何の問題もないと公言をしていた男でも、タイガールとの関わりについては、割り切る事が出来なかったみたいですね。

 何が割り切れないかって事について友人に話を聞いてみますと、馬鹿じゃないかって思えるほどの回答が帰ってきました。 今後の参考になる事があるかもしれませんからご紹介をしますね。

1. 自己中心的で、人の事は疑いの眼で見るのが普通なのに自分のその変な自信は何処にあるんだろうかって・・・・・この矛盾に惑わされてしまった。

2. 愛する人にないする妄信的な愛情とは裏腹に、普通では考える事が出来ない金銭感覚。 貧乏でも楽観的だし、金を持っていても心配でしょうがない気分は、何処から来るんだろうね。

3. 目の前の事については、徹底をして気にして考えるのに、目の前にない事については常に後回しにして、後で大変なめに合ってしまう感覚は、何処に隠れているんだろうか・・・・・不思議!

4. 完全に自己中心から、愛する人との二人中心に変化をして、そして家族等が出来てくると、家族中心となっていく・・・・・自己中心的な感覚が変化をする。 根本的には同じであるが、変化の過程が不思議!

 まだまだ、色々とあると言ってましたが、兎に角今までに遭遇をする事が出来なかった感覚に、心がとろとろに溶けてしまったって事みたいですね。

 確かに、タイガールの場合は、矛盾感と極端さに魅力があるのかもしれませんよね。 本気に冷静になってしまうと、どうしてこの子とって感覚に陥ってしまうって事があるのが否めませんものね。

                

130今回の教訓です。

 タイガールが最高だって言う人と、タイガールは最低だって言う人が後を絶たないのは、こんな感覚かもしれませんよね。

 マァ、恋愛には決まった方程式って物は存在しませんからね。 自分が良いと思ったら、それが最高の事なんだって思い続ける事が、互いの幸せに繋がっていくんでしょうね。

 「兎に角こんなに不思議な生き物は見た事も聞いた事もないわなぁ。 その上、付き合いって行くとどうしようもなく可愛くなっていくんだよね。 でも、冷静になった時には、何で俺は此処にいるんだろうって考えてしまう事があるけどなぁ。」

 言いえて妙かも・・・・・

 タイガールとの良さは、彼女達と一緒にいる時には、気分はパラダイスで何事も怖いものなしって事になっていくって事かもしれませんよね。

 「タイガールと付き合いって行く事によって、人間が出来ていくって事があるよなぁ。 彼女達との生活は非常に楽しくて、修行になる様な気がするから、一挙両得って事になるかも知れんなぁ。」

 面白い表現ですが、当たっているのかもしれませんね。

                

|

« 性の満足・心の満足 | トップページ | 金持ちなTGと貧乏なTG »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気分も心もパラダイス:

« 性の満足・心の満足 | トップページ | 金持ちなTGと貧乏なTG »