« 我侭な男と女 | トップページ | 勝手に決めるな、独断専行型 »

2011年6月 2日 (木曜日)

やり手ママさんの娘の行く末

185_2  タイランドでも同じ様な感じですが、親が頑張ってお金持ちになりますと、子供に苦労をさせない様にと・・・・・好きにさせてしまいますよね。

 そうしますと、馬鹿な子供が出来上がってしまいますね。 世界共通の事ですよ。 相手は当然タイ人ですから、そんな事をしますと完全に図に乗ってしまいますね。

 大変な事に発展してきます。 親の心子知らずって事になりますね。

                

186_2  苦労旋盤をしたやり手のママさんですが、仕事を優先する余り子供の教育を間違ってしまいます。 元々、タイ人は子供に対しては世界で一番甘いって言われている民族です。

 その上、タイランドは子供を育てるのは祖父母の仕事だって事ですからね。 日本でも昔からじじばばっ子は、三文安いって言われ続けていますからね。

 そして、親や祖父母が苦労をしていますと、当然ですが子供には苦労をさせない様にって事で、どうしても甘甘甘っ子になっていきますね。 

 ハイ、タイランドの田舎のお菓子で、のどが焼けてしまうほどの甘さを持っているものがありますが、子供に対してこんな感じで接していきますし、何でもなんかでも与えてしまいますから、馬鹿になって行きますね。

 (タイ人の男が馬鹿が多いのもこんな環境が左右しているんですね)

 このやり手もママさんも同じ様な感じですね。 子供には何不自由なくものは与えますし、祖母は全ての事を聞きますし、こうなってきますと、世の中には怖いものは何もない上京になってきますね。

 それが大人になってお金は大切だとかって話をしても理解が出来るはずはありませんね。

 始めは時計や貴金属を勝手に、黙って持ち出して金に換えて遊びまわります。 当然ですが、金回りの良い時には、人が集まってきますから、普通以上に金が要りますよね。

 そうすると、当然ですが、家から持ち出すものは加速していきます。 その内、ものでは面倒くさくなってきて、日本で言う所の、 ”サラ金” や ”闇金” って所に出入りをするようになってきます。

 業者も親が金をそこそこ持っているんですから、直ぐにでも貸しますからね。 何処の世界も同じ様な感じです。

 最終的には、家も車も店も全てを取られてしまって、この3代の親子は文無しとなって、バンコクから消えてしまいました。 それでも、娘は直る事はありません。 最終的には、行方不明って事になってしまいました。 (タイランドの暴走列車は留まる所を知りませんから大変です)

 我々も気をつけないといけませんね。

                

187今回の教訓です。

 何処にでもある様な話ですが、これはタイランドの特有のものがあります。特に、タイランドの場合は、子供を教育するときに、小さいからまだ早いって事を親達は言います。

 これが、最悪の男を作り上げる必殺技なんですね。

 それでも、女の子の場合は、母親から文句をしっかりと言われますし、じじばばの関係は、女性にとっては優しい子供に育っていきますかまだましですが、男はいけませんね。

 そして、図に乗るってタイプですから、必ず止め処がなくなっていきます。

 我々がタイガールと一緒になる場合は、親が苦労をして財を築いたって家庭は、怖いものがありますからね。気をつけないといけません。 (でも、チャイニーズ系は、苦労を子供に伝えますからその限りではありませんけど)

 子供の時にどうだったかは、一生付いてまわる様な気がしますね。 雀百まで躍り忘れずですね。

                 

|

« 我侭な男と女 | トップページ | 勝手に決めるな、独断専行型 »

タイ人からの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やり手ママさんの娘の行く末:

« 我侭な男と女 | トップページ | 勝手に決めるな、独断専行型 »