« 重要な事と不要な事 | トップページ | 愛の彼方は夢か現実か ② »

2011年7月12日 (火曜日)

愛の彼方は夢か現実か

1007 タイガールとの将来を信じる事が出来るのか、信じる事が出来ないのかって事は重要な事ですよね。

  一緒になっている方は信用をする事が出来た人ですね。 でも、日本人の中にはタイガールを信用をする事が出来ずに、離別を選んでしまったって事が少なくないんですよ。

 今日は、信じる事が出来なかった日本人男性と、信じていたタイガールの物語をご紹介をしましょうね。

                 

1008 信じる事が出来なかった男性は私の昔からの知り合いです。  彼の場合も一度目は結婚を失敗をして、第2の人生を迎えようかって時期です。

 彼の場合は、一人目の伴侶は日本人ではなくて、お隣の国の中国人でした。

 風習や慣習の違いをどうしても共有する事が出来ずに、最終的には、協議の上で、離婚という選択肢を選んでしまいました。

 この様な境遇ですから、仕事でタイランドへの駐在で遊びと割り切って、夜の街を徘徊をするって事をしています。 まぁ、普通の人は夜の街を徘徊をしない人はいないでしょうから、ごく普通の人でした。

 その内、仕事の関係で親しくなるタイガールが出来ましたが、踏み切る事が出来ません。 それに、そろそろ日本への償還の時期がやってきますし、日本の両親にも2度目の外国人って事で、報告も出来ないって感じなんでしょうね。

 「どうしたら良いのか解らなくなって来たわ。 自分でも決める事が出来ないんや、AKIはどう思う?」

 この手の相談事では私は出る幕はありませんよね。 だって、幾ら昔からの友人でも彼に人生の事を私が意見をするって事は出来ません。 特に、色恋の事なんかは出来ませんよね。

 彼には問題は全くありません。 当然独身ですし、子供もいませんし、自分自身がどうしたいかって事のみですよね。 それと、タイガールの彼女を徹底して信じる事が出来るかどうかって事に尽きますね。

 「信じる事は出来るんやけど、飛び込む事に躊躇するねん。 愛していない訳じゃないし、彼女と一緒にいると物凄く安らぐし・・・・・どうしたら良いと思う?」

 何度も何度も私と一緒に飲みながらいつもの質問を繰り返します。

 こんな状況の場合は、絶対に一緒になる事はありませんよね。 自分がどうしたいかって事も自分自身で決める事が出来ないんですから、彼女との生活や人生なんかは考える事は出来ませんね。

 結局宙ぶらりんのまま、日本に償還されてしまいます。 宙ぶらりんで残されてしまった彼女は最悪ですよね。 絶対にしてはいけない事をしてしまって・・・・・その上、彼女は仕事の関係者ですから、問題は大きくなってくるのは目に見えていると思うのですが、決断が出来ない人は問題も後回しにしてしまいます。

 待たされているって思っている彼女は、真剣に待ち続けていますし、その後彼のタイランドの会社へと・・・・・事情が悪く伝わっていきます。 当然ですが、噂話や風聞は面白おかしく伝わっていきますよね。

 因果応報ですね。 無垢な女性を騙して、日本に逃げ帰ったって話に発展をしてきます。 日本の職場にも居所がなくなってくるって状況になってきます(彼の会社は、女性が多い会社です)。

 自己退社に名を借りた、免職騒ぎです。

 よくある話ですよね。 でも、色恋の問題は、自己責任ですし、別れるなら別れるでけじめをつけないといけませんね。 一番悪い方法は、知らん顔をしてほっておくって事ですよね。

 今の世の中、首のような状況で仕事を止めた人は、中々仕事が見付かりませんよね。それに、彼は中年ですからね。

 その後は脱落の一途を転がり続けてしまいます。 今では、何処にいるのかって事も解らない様な状況になってしまいました。

 いけませんね、何でも中途半端や先送りは。 それに、彼女を本気にさせて逃げるって事も最低でしたね。 報復をされたわけではありませんが、やはり因果応報ってありますからね。

 信じ切れないというよりも、男として最低の事をしなかった罰はやってきましたね。

                 

 長々と書き綴っていまして、もう一人の人の所までいけませんでした。申し訳ありませんが、続きは明日という事でお願いします。

                 

|

« 重要な事と不要な事 | トップページ | 愛の彼方は夢か現実か ② »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛の彼方は夢か現実か:

« 重要な事と不要な事 | トップページ | 愛の彼方は夢か現実か ② »