« 愛の彼方は夢か現実か | トップページ | 宝くじを買いましょう »

2011年7月13日 (水曜日)

愛の彼方は夢か現実か ②

1010  昨日からの続きです。

 男としてすべき事をしないと、必ず悪い事が起こりますよね。 

 今日は、タイガールを信じ切った人の話です。 比べてみて下さいね。 

1011 彼も私の昔からの知り合いです。 そして、この人も一度目は結婚に失敗をしています。 その上、仕事はタイランドへの駐在ですから、昨日の人と良く似ていますよね。

 彼も同じ様に一人身で気軽ですから、夜の街を徘徊をするって行為を普通にしていきます。(まぁ、日本人の駐在員でしない人はいませんけどね)

 彼の場合は、夜働いているタイガールのぞっこんとなって行きます。 駐在員で、夜のタイガールにぞっこんになってしまって事は、鴨がねぎを背負っているとか、腹ペコのトラの前に肉を出すとかって事と同じで、夜のタイガールにとっては、美味しい状況ですよね。

 彼は人の言う事は余り聞きませんし、基本的には一途で猪突猛進型の人間ですし、仕事でもギャンブルでも引く事が出来ないタイプですから、貢ぎ方も半端ではなくなってきますよね。 その上、

 「お前ねぇ、おっさんになって鴨か愛かも理解が出来へんのか? 騙されているに決まっているやないか。 あほな事は休み休みせなアカンで!」

 って、私や色々な人の声もなんのその、突き進んでいってしまいます。昔あった101回のプロポーズみたいなモンです。 プロポーズをする度にお金が掛かるって寸法ですから、恐ろしい事ですよね。

 「ええねん、俺はあいつと一緒になるねん。 あいつは、今まで騙されてきた経緯があるから、中々俺の事は信用が出来ないだけの事やねん。 心配するな、もう直ぐやから、心配するな!」

 何を言っても彼の話はこんな感じですからね。 馬鹿も此処までいきますと、天然記念物モンですよね。(彼の給料は、それはそれは凄いですよ、プロ野球の選手の中堅並みですからね)

 スカンピン状態に近くなってきましたが、諦める事はありません。 プロポーズを徹底して続けて行きます。 どんなタイガールなのかって話になって、私と別の友人と観察に行く事にしました。

 あっと驚くタメゴロ~! ってか?

 見た事がある知っているタイガールです。 でも、私が知っているのは、普通の仕事をしている彼女で、どんな経緯で夜の世界に入ってきたのかって・・・・・そうですね。 騙されて、待たされて、そうして捨てられてしまったタイガールでした。

 昨日の人の元彼女です。

 ・・・・・目は点となって、言葉は絶句、そして、私の思考回路はいつも以上に停止状態ですよね、アウアウアウって言っているだけですからね。・・・・・

 「お久しぶりです。 偵察に来たんですか?」

 言葉もありませんよね。 それに、彼女の目には挑戦的な雰囲気を醸し出していて、彼の言葉も聞こえていないんでしょうね。 そして、別の日本人に復讐をしているって感覚なんでしょうか?

 「そんな驚いた目で見ないで下さい。 あの人の事は、AKIさんの所為じゃありませんからね。 今度の彼もAKIさんのお友達でしょ、色々なタイプの友達がいますね。 そうそう、AKIさんの意見や話は聞きませんよ。」

 どうする事も出来ませんよね。 非常に高いお金を支払ってすごすごと帰る羽目になってきました。 そして友人に何度も何度も諌めをするのですが、聞き入れてくれませんから、諦めてしまいました。

                  

 人生は色々ですからね。 騙す奴がおれば騙される奴もいますからね。 

 あれからどれくらいの日々がたったのでしょうね。 そろそろ1年間が過ぎようとしています。 友人の彼とは何度も酒を飲んでいましたが、彼女の件には触れる事がありませんでした。

 この日も彼と一杯飲みで、帰りに綺麗な封筒を頂きました。 大きな飲み会をするから参加してくれって事でした。愛妻に話をしますと一緒に行くって事でしたので、参加をしますと普通の飲み会ではありませんでした。

 結婚の披露宴って感じです。 そして、颯爽と表れたのは、私の友人で、そしてベールをしたドレスを着たタイガールと腕を組んでやってきました。

 「AKI、お前の言う事は今までは余り間違った事はなかったよなぁ。 でも、タイガールの事については、間違っている事があったんだよね。 自分を信じて、彼女を信じて最高に幸せを手に入れたで~!」

 薄いベールの向こうにはあの彼女の笑顔が浮かんでいました。

                 

1012今回の教訓です。

 「自分の信念を曲げない事は結構大変だけど重要な事なんや。 それに、人を信じるって事も本当に重要な事なんやで。 信じ切ってこんなに素晴らしい伴侶を手に入れる事が出来たんやからなぁ。」

 賛否両論はあるでしょうね。 でも、自分が決めた事を貫くって事は、本物の男を見ている様な気がしました。

 友人の誇らしげな笑顔を見ますと、信念を持っている奴への見方は変えないといけないと感じる次第です。

 ・・・・・

 男二人で笑顔で話をしていますと、うちの愛妻とあの彼女が笑顔で言い合いをしています。 別に険悪な雰囲気ではなのですが、自己主張の試合をしている様な感じです。

 「旦那さん、あの人は旦那さんよりもあの人の方が素晴らしいって言うのよ。 だから言ってやったのよ、内の旦那さんよりも素晴らしい人間は世の中には絶対にいないわよ。 いるとしたら世界で2番目ぐらいじゃないのってね。 人の話を聞かない人よね、彼女はね。」

 友人も彼女に同じ様に言われた様子です。

 まぁ、めでたしめでたしってところでしょうね。

                

|

« 愛の彼方は夢か現実か | トップページ | 宝くじを買いましょう »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛の彼方は夢か現実か ②:

« 愛の彼方は夢か現実か | トップページ | 宝くじを買いましょう »