« AKIさんタイランドで逆鱗に触れる | トップページ | 閨の世界を再現しましょ »

2011年8月14日 (日曜日)

AKIさんタイランドで逆鱗を・・・

107_2  昨日は逆鱗に触れてしまったって話ですが、今日はちょうど逆の話となります。

 実は私は、温厚なタイプの人間です。 怒った事も少ないですし、逆鱗に触れられて激怒をするって事も滅多にありません。 でも、タイランドでは腹に据えかねる事が結構あります。

 でも、日本人はぐっと堪えて、黙ってしまうって事が多いのですが、今日は私が激怒をした内容についての話をしましょうね。 もし、皆さんがそんなときに遭遇をしたら、迷わず激怒をお勧めします。

 日本人も怒るんだって事を教えておかないといけませんね、それはしでかした人間に対してではなく、一緒にいる人間に対してですよ。

                 annoyannoyannoy

108_2 タイランドは微笑みの国だって思っておられる方は非常に多いですね。 そして、挨拶を含めた礼儀の国だって思い込んでいる方は、相当数いらっしゃることでしょうね。

 何度か書きましたが、世界でも有数の謝罪の言葉を出しませんし、謝罪の態度を出さない民族です。 お金を支払うところ以外では、感謝の言葉も態度もないんですね。

 そりゃそうですね、騙された方が悪いんですし、謝ったらすべて自分が悪いんですからね。 そんな感じの文化ですからね。

1. ガソリン車に軽油を入れられたことがあります。 すべてのガソリンを抜かせてクリーンにさせました。(2時間も掛かりました) 終了をしてガソリンを入れましたら、

 「15リッター分はサービスですよ。でも、それ以上は支払いをして下さい!」

 サービスって言っても普通は、ガソリンを入れるときにはそれくらいの分は残っていますよね。 それに、一言も謝るって事はしませんで、私がイライラとしていると、

 「イライラしないで、コーヒーでもご馳走をしてあげるから、こっちに座っていたら・・・イライラしててもすぐには出来ないよ。」

 ・・・・・これって激怒しても良いですか?

2. またまたガソリンを入れているときですが、入れすぎてガソリンが溢れ出しました。 塗装は色が変わってしまいましたし、その上溢れてダダ漏れのガソリン代まで請求をするんですね。

 「満タンって言ったから、、いっぱい入れたら溢れたんですからしょうがないですよ。」

 溢れた分のガソリンは支払わないし、塗装の色変わりはなんとかしろって言いますと、

 「あなたが満タンだっていったんだからしょうがないですよ。 そんなに声を上げてえもできないものは仕方ないです。」

 ・・・・・これって激怒しても良いですか?

3. いつまで立っても料理が出てきません。 忘れているんですね。 注意をしますと、ぷいって向こうをむいて

 「今から頼んだら時間が掛かります。 だって貴方が確認をしないんだからしょうがないですよ。」

 ・・・・・これって激怒しても良いですか?

4. スーツを作ります。 そして、仮縫いをしてサイズを確認しますね。 当然ですが、ネームを入れるようにも言いますでしょ。 でも、出来上がってきて確認をしますと、窮屈ですし、ネームは入っていません。

 「貴方はさっき食事をしたから、太ったんじゃないですか? ネームだって、なんども言わないからいらないんだと思いました。」

 ・・・・・これって激怒しても良いですか?

5. 酒を飲んでいるときに、注文をしたいからって読んでも、固まってしゃべりまくって、完全にムシって事がありますね。 大きな声を上げて呼んで文句を言いますと、

 「馬鹿じゃないの、そんな大きな声を出さないでも聞こえるわよ。 そんなに欲しかったら、こっちに来ら良いじゃないの。」 って、解らないと思われてタイ語で言われました。

 ・・・・・これって文句を言っても良いですか?

                rainrainrain

 もっともっと一杯ありますね。

 日本人は文句を言わない民族だって思っているみたいですし、そして、小さなことでブツブツ言う民族だって思っているみたいです。

 日本では普通なことでもタイでは普通じゃないことが多いですよね。 確かに、労働者を蔑ろにしている経営者の像がありますから、ロイヤリティーは全くないって事は理解できますが、そんなことをしているっと自分の為にもなりませんよね。

                rainrainrain

109今回の教訓です。

 挨拶や感謝の言葉は、普通に旅行をしている観光客は聞きますね。 そりゃ、お金を支払っているところでは普通ですが、タイランドは感謝の言葉や態度や、謝罪の言葉や態度はほとんどないって考えて間違いありません。

 不思議ですね。

 でも最近は、内の愛妻は日本にずっと住んでいます。

 「あ~腹が立つわ! さっさとしなさいよ! ちゃんと謝って、すぐに対応をしなさい! でないと、激怒して問題を大きくしてしまうわよ!」

 私は元々温厚ですが、怒りたい時がありましたが、最近は愛妻が先に怒ってしまいますから、温厚に磨きがかかってきました。

 「まぁまぁ、奥さん。 あまり目くじら立てなくても良いんじゃないですか。 タイランドでは普通でしょ。」

 「そんなことを言っているから、いつまで立ってもタイランドは上に上がることが出来ないのよ。 文句はいっぱい言わないといけないの!」

 ・・・・・皆さんもこの状況が普通だって思うと腹も立ちませんが、どんどんとタイランドにはまっていきますと、良くないところも見えてきますよね。

                 rainrainrain

|

« AKIさんタイランドで逆鱗に触れる | トップページ | 閨の世界を再現しましょ »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/36791409

この記事へのトラックバック一覧です: AKIさんタイランドで逆鱗を・・・:

« AKIさんタイランドで逆鱗に触れる | トップページ | 閨の世界を再現しましょ »