« 閨の世界を再現しましょ | トップページ | そろそろ決断に時間になりました »

2011年8月16日 (火曜日)

田舎に住んでる成功者

113_2  成功者は都心に多いって思いがちですが、いやはや田舎にも十分に成功をしている人達が沢山いらっしゃいます。

 皆さんも最低はリタイア後には、タイランドって考えておられるでしょうね。 そこで、リタイア後には、都心に住むのではなくて田舎に住んで、成功者になるってシナリオも面白いかもしれませんね。

 今日はそのノウハウを伝授しましょうね。

 (真剣に読んではいけませんよ。 何時もの事ですから、眉毛につばをつけながら読まないと大変な事になりますからね。)

                 

114_2 日本の場合は、土地や家屋など以外は、田舎の方が高いって事がありますよね。 食べ物でも産地の方が高いのは本当に普通ですよね。

 でも、タイランドの場合は田舎は安いんですね。 食べ物でも光熱費でも何でも間でも安いんです。 当然ですが、土地や家屋も安いですから、バンコクで暮らすよりも裕福に暮らすことが出来ますよね。

 夜のネオンも殆どありませんから、誘惑されるものがなくて、お金を使おうにも使いことは出来ないって環境です。 でも、リタイア後に何もしないって事は出来ませんから、小さな商売をするって事を考えると成功の幅が広がってきます。

 なんたって商売をするにしても、何かをするにしても資金がそれほどいる訳ではありません。 タイガールの奥さんがいる場合は、5万Bもあれば結構素晴らしい屋台を開店することも可能ですからね。

 それにタイランドの田舎も最近では開けてきていますから、エアコン付きのカフェでもすると結構繁盛をしてきます。

 私の知り合いのじいちゃんも田舎で屋台をしていて、1箇月に6万Bの売上をしていて、純利益が3万B以上あります。 その後、40坪位のお店を借りて、軽食が出来るカフェ&バーを開店しました。

 田舎ではそんな店が殆どありませんから、大ヒットをして連日も大繁盛をしているみたいですよ。

 昼間は家族がカフェレストランとして運営をして、夜間はレストランバーとして一日18時間も営業をしているんですね。 一日の売上が2万Bに登ることだってあるみたいで、最近はリタイアをしているのか事業をしているのかって解らないって、ぼやいているくらいです。

 隣の店を借りて、今度はベーカリーカフェをオープンをしまして、繁盛をさせています。

 最近では、店は6軒となって全てをカトゥーイを店長として、チェーン店化を推進をして、リタイア後に実業家となっているようです。

 「バンコクや都会の方が良いと行っている人が多いけど、田舎の方が失敗は少ないし、投資は少ないし、充分にタイランドドリームを実現をすることが出来るよね。 AKIさんも、早く帰っておいで!」

 バンコクや都会へは、遊びに行くところで、実業家としてリタイアするのは田舎が一番だって豪語しています。

 検討の余地があるみたいですよ。 移住は住みやすい田舎が一番いいのかもしれませんね。

                

115今回の教訓です。

 私も来年あたりにはしっかりと頑張ってバンコクに家を買おうかって思っていますが、これは娘の教育や学校の為であって、リタイアをするための準備ではありません。

 移住まで10年を切ってきましたので、この方の教訓を勘案をして、田舎の方でリタイア後の仕事をする準備を進めていかないといけませんね。

 皆さんもタイランドへの移住は、バンコクなどの都会だけに目を向けるのではなくて、田舎の方に目を向けることを検討をしてみてくださいね。

 気分的にも金銭的にも楽ですし、成功の確率が非常に高いですからね。

 なんたってバンコクで商売をする場合は、日本円でも1000万位の事は覚悟をしないといけませんが、田舎でしたらお店でも200~300万円でお釣りがきますから、悲愴になることもありませんね。

 「田舎で日本的なサービスと人と違った事をすると、十分にタイ人から評価を受けることは間違いはないなぁ。 但し、嫁さんの親戚を使うと失敗をする確率が格段と増えるから注意しないとね。」

 今のうちから検討をしてみて置いてくださいね。

                

|

« 閨の世界を再現しましょ | トップページ | そろそろ決断に時間になりました »

タイランドに住む人々達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田舎に住んでる成功者:

« 閨の世界を再現しましょ | トップページ | そろそろ決断に時間になりました »