« 親のいない子供達の世界 | トップページ | タイランドの観光をしよう »

2011年9月 7日 (水曜日)

お寺の仕組みと役割と存在意義

179  昨日の続きではありませんが、タイランドでは東南アジアの中では先進国ですね。 これの要素として、お寺の存在が本当の大きいんではなかって感じます。

 国がすべき事をお寺が変わりにしている事が非常に多いんですね。 空港なんかのプライオリティーシートのイラストに、包帯を巻いている様な絵がありますが、これは僧侶です。

 (タイランドだけではなくて、ラオスやカンボジアやミャンマーも同じような感覚ですね、)

 最優先をさせるくらいに尊敬を受けています。

                

180 中には日本の京都の様に、祇園は坊主で持っているって感じもありますが、基本的にはタイランドのお坊さんは、尊敬に値する人達ですよね。 (当然ですが例外はあります)

 ご存知だと思いますが、タイランドの男子は一度は必ず出家をしなければいけませんね。 その出家の時には、一大イベントですから一族郎党が集まってきて、大宴会が開催されます。

 私も何度も参加をしましたが、それは結婚式なんかを凌ぐものがありますよね。

 普通の場合は、1週間かそこいらでお寺を出るのですが、しっかりとした人達は1年くらいお寺に入って修行をするみたいです。

 タイランドでは、政府や地方自治体が出来ないことをお寺が代行をしているって事も結構ありまして、子供の面倒を見ているお寺や、HIVなどの不治の病患者の面倒を見るとか、絶滅しかけの動物なんかの面倒を見るとか、子供の勉強を教えるとか、幅広い範囲の事をしています。

 特に田舎ではコミュニティーにはなくてはならないモノみたいですね。

 「まだ国や地方自治体が出来上がっていないタイランドでは、お寺は庶民や弱いものの見方をしっかりとしないと、子供や弱いものが生きていくことが出来難くて、国が潰れてしまう恐れがあるからね。 ブッダに使えるものが、守ってあげないといけないんでしょうね。」

 お坊さんの談ですが、タイランドのコミュニティーではお寺がなければ、回っていかないことがいっぱいありますからね。

 それにタイ人がしているネックレスも、お寺がタンブンをした人や手伝いをした人達に対してのお礼の様なものですからね。 (99%はお寺が出したものです)

 役割としては、学校であり、病院であり、保護センターであり、相談所であり、人生相談や生活に指針、政府がしないといけない殆どの事をこのお寺が代行をしているって言っても過言ではありません。

 タイランドでは、政府がなくなっても国は潰れることはないけれども、お寺の制度がなくなってしまったら国は立ちいかないって言われている人々も沢山いらっしゃいます。 政治が混迷をしても、なんとかなっているのはお寺の存在が庶民を守っているからかもしれませんね。

 日本と大違いです。 

                

181今回の教訓です。

 日本んお場合は政治の混乱や混迷がそのまま庶民に打撃を与えて行きますが、タイランドの場合は、お寺と言う素晴らしい制度(?)がおる御陰で、庶民も最悪にならないで済んでいるみたいです。

 「坊主でも金の方ばっかりを見ている奴もいるけど、しっかりと仏様にお仕えをして、子供達や弱いものがしっかりと生きていける様に手助けを出来ると良いですね。」

 この感覚と、タイランドにおけるお寺の存在が国民の尊敬と心の拠になっていることは間違いありません。

 タイランドの素晴らしい制度と風習ですよね。

 皆さんもたまにはお寺の方に彼女や恋人と行かれては如何でしょうか? お寺を信仰(?)することで、タイガールの信用度合いも上がってくると思うのですが・・・・・

                 

|

« 親のいない子供達の世界 | トップページ | タイランドの観光をしよう »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

萌音 様。
 ありがとうございます。

 又お暇がありましたら、お越し下さいませ。 でも、参考にするだけにして下さいね。

投稿: AKIさん | 2014年2月17日 (月曜日) 午後 02時37分

こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。

投稿: 萌音 | 2014年2月17日 (月曜日) 午前 08時42分

Hirano@BKK 様。
 有難うございます。
 本当にお寺は非常に素晴らしいですよね。 中には、問題がある場合もあると思うのですが、更生にも、貧乏人にも、小さな子供にも必要不可欠な存在ですよね。

 タイメンが全て変化するとタイランドは世界でも有数の経済大国になると思うのですが、お寺を出ると忘れてしまう人が多いみたいですよね。 

投稿: AKIさん | 2011年9月11日 (日曜日) 午後 01時31分

こんばんわ!
去年彼女の弟が出家してもう1年くらいになるのですが、つい1週間程前に彼女といる時に電話で彼女の弟とちょこっと話をしたんですが、まるで別人のように言葉使いや丁寧な口調で驚きました。彼女が兄弟達に銀行にお金を送ったことを伝えたら、姉さん、足りてるから僕は大丈夫だよって。それは聞いた彼女はほんとに驚いて感動してました。

2年程前に一緒に買い物にでかけた時はずっとイヤホンをさしっぱなし、携帯かまいっぱなしが、、、。ほんと電話の声聞いただけで変わったのがわかりましたw

お寺制度すごいと思います。

投稿: HIrano@BKK | 2011年9月10日 (土曜日) 午前 02時20分

TT100 様。
 有難うございます。
 そうですね、確かに日本の坊主は本物じゃない人がいっぱいいるように感じますよね。 心のよりどころじゃなくて、金の亡者が多いですもんね。

 タイ人は本当にお坊さんを大切にしますし、心の拠にしっかりとなっていますよね。 まぁ、中には最低な坊主もいることはいますけど・・・

投稿: AKIさん | 2011年9月 8日 (木曜日) 午後 08時57分

 AKI様 

「日本のお坊さんは、お坊さんじゃない」って、言われました。 確かに、その通りだと思いますね。
 
 お寺の存在はタイ人の心の基礎になってると思います。 素晴らしいコミュニティになってますよね。 
 日本の行政にも、見習ってほしいものです

投稿: TT100 | 2011年9月 7日 (水曜日) 午後 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お寺の仕組みと役割と存在意義:

« 親のいない子供達の世界 | トップページ | タイランドの観光をしよう »