« いい加減差はどちらが上か? | トップページ | まだまだ存在、ぶったくり系 »

2011年10月 6日 (木曜日)

習慣と観念は大違い

067  今日タイランドにやってきて、びっくりをしました。 巨星が崩御したみたいです。

 アップルのスティーブン・ジョブス氏がお亡くなりになりました、素晴らしい経営者で発明家の彼が崩御したって、信じれませんね。 謹んで、ご冥福をお祈り致します。

                 

 当たり前の事ですが、日本とタイランドは習慣と観念はまったく違っているって行っても過言ではありませんね。

 確かに似ているところも沢山あります。 それは、中国の影響が日本にもタイランドにも行っているからですし、仏教的な考え方もほんの少しですが似ています。 (タイランドの仏教はヒンドゥー教が色濃くて日本とは少し違いますが)

 でも、我々がタイガールとの関係を構築をしていこうと思っている場合は、習慣も観念も全く違っているって考えている方が全てがうまく行きます。 う~ん、うまく行くって事ではなくて、下手を打つ事が少なくなります。

                

068  まずはお金に対する習慣や観念です。

 我々の場合は、お金は1円も1万円も同じ感覚ですが、タイ人の場合は紙幣はお金って感覚ですが、コイン関係はモノだって感覚が強いですね。

 (お金を大事にしていないように感じますが、大事さは基本的には日本人と同じです)

 お金の大小は、日本的な感覚では、自分の感覚によって大きなお金だとか小さなお金だとかって判断をします。 例えば、学生でしたら1万円は大きなお金で、サラリーマンだったら・・・・・って自分の置かれている立場や儲けている立場での判断ですね。

 自分が基本的には中心になりますね。

 タイ人・タイガールの場合は、相手によってお金の大小を決めてしまう傾向にあります。

 相手が母子家庭でって感覚ですと、20Bは大金だって判断ですが、相手が日本人の場合は100万Bでも、大きなお金じゃないって感覚ですから、対する相手によっての大小の判断ですね。

 (日本人の場合は、大きなお金なのに小さなお金だって言うんじゃないよって感じますが、観念が少し違っていますね。 でも、独断的に相手の事を決めてしまいますから、理解しにくい所があります。)

  次に支払い関係の場合は、日本の場合はワリカンが基本ですが、先輩や上司が奢るって事は当たり前に通用をしますね。 その上司が、子供が沢山いて生活が大変、部下は独身貴族(古~!)でも、この関係は普通に通用をします。

 タイ人・タイガールの場合は、年齢や仕事での関係は別にして、お金を持っている人が支払うって事が通常です。

 私がタイ人やタイガールと食事なんかをする場合は、100%私の奢りとなりますが、直接的に財布を見せて、”オケラ”になってしまったって事を教えますと、その後の二次会や三次会は奢ってもらう立場に変身をします。

 (日本の場合は持っているものは支払うって事は失礼に当たることがありますが、タイ人・タイガールの場合の方が合理的なような気がします。 但し、一度その立場になりますと、大袈裟に言いますと生涯支払うって事になるかおしれませんね。)

 ・・・・・済みません、色々と多岐に渡って話を進めようとしましたが、お金のことだけてことになってしまいました。

 でも、お金にかんする慣習や観念でもこれだけ違いますから、知っておかないといけませんよね。

                

Photo_14今回の教訓です。

 どうしても日本人は、イギリス人と同じで完全な島国根性が未だに抜ける事はありませんから、常に全てを自分達中心に物事を考えて、判断をしてしまいます。

 少し違えば、慣習も観念も文化も違うって事を認識しておかないといけませんね。

 ・・・・・人の国に行きますと、自分の観念を中心に考えてしまうのに、日本の国内にいますと逆の事をしてしまうって国民性ですからね。 (だって外国人って表現もそうですし、外国人を見ると英語で答えないといけないって考えませんか。 のくせ、外国に行きますと・・・・・ですからね)

 特にお金の場合は、生活の根本のひとつの要素ですから、考えを広く持っておかないと失敗をする可能性がありますね。

 そうそう、もう一つ。

 お金を借りるって言うのは日本人的には罪悪ですが、タイ人的には挨拶のような感じですし、借りる方が悪いんじゃないかって考える日本人と、貸さない方が悪いって考えるタイ人とは正反対の観念がありますね。

 その他の違いについてもおりを見てご紹介をしましょうね。

                

|

« いい加減差はどちらが上か? | トップページ | まだまだ存在、ぶったくり系 »

私感と偏見を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 習慣と観念は大違い:

« いい加減差はどちらが上か? | トップページ | まだまだ存在、ぶったくり系 »