« 騙し愛から、本当の愛に | トップページ | させない女とさす女 »

2011年11月18日 (金曜日)

高感度NO.1は誰だ?

097_2  先日久しぶりに閑古鳥が鳴いていて、閑散としているタニア界隈に出張ってきました。 最近は足が遠のいている事もあって、私を知っている夜の蝶も少なくなってきました。

 助平なおっさんが徘徊をしているって目で見られてしまいますね。(まぁ、確かに助平なおっさんには違いありませんよね)

 そこでも、知り合いはありますから、引きずり込まれまして、暇ですから女の子を山盛り指名をさせられます(しかし、新しいお客さんがきますと勝手に行ってしまって、指名をされないと帰ってくるってサイクルですね。 AKIさんは、鰹節か昆布みたいなモンですね、ハイ、出しですね。)

 そこで面白い話に発展をしました。 ”高感度NO.1は誰だ?”

                 

098_2  高感度・好感度NO.1は、誰なんだ? って、話になりました。 まぁ、当然ですが、AKIさんだって事は決まっていますが、本当のNO.1は外してどうなんだって検討会が開催されました。

 日本とタイランドのサミット会談が開催されましたから、その要点のご紹介をさして頂きますね。 普通は、一般人には公開は出来ませんが、今回だけは特別ですから、心して読み進めて下さいね。

 好感度の高い男やお客さんはどんなタイプですか・・・・・

 「嫌味じゃないで、いつでも友達の様に心を許せるような言動で、私たちの事を何時も仲間だって感じで接してくれるお客さんは好感度は高いわよね。 それに、根ほり葉ほり聴く事はなくて、自分の事を話をしてくれる人よね。」

 何時の様に話をさせて頂いているって事を証明した様なモンですよね。

 そうですね、我々が遊びをしようってしている場合は、このことを心に留めておかないといけませんね。たったこれだけで、好感度NO.1って事になるんですから、周りを置き去りうに出来ますし、スター扱いになりますね。

 では、高感度NO.1はどんな人なんでしょう・・・・・

 「高感度NO.1は、自分で遊ぶ事が出来て、私達を本当の意味で楽しませてくれる人達の事よね。 明るくて、本当の楽しくて、人間の深みがいっぱいで、女でも男でも惚れてしまう様なタイプの人よね。」

 まるでAKIさんの事を紹介をしているみたいですよね・・・・・まぁ、本物の最高な男の事はさて置きまして・・・・・

 高感度は、中心になる様な男性って感じですね。 でも、日本人の場合は、このタイプは中々見たことはありませんよね。 人を樂しませる男は非常に高感度が高いって事なんですよね。

 皆さんはこんなことを感じて、知って遊んでいますか?

 知っていると知っていないとでは、タイガールの感覚も違ってきますし、好かれるか嫌われるかって事の境界線ですから、これは絶対に知っていないと、乗り遅れてしまうって事なんでしょうね。

 高感度・好感度を高める事は、タイガールのモテる条件ですから、これはしっかりとおいて下さいね。

                

99今回の教訓です。

 好感度と高感度が違うって事は、タイ語ではないみたいですが、話を聞いていますと違っていますから、私が勝手に変化をさせて紹介をしました。

 ・・・・・

 面白い感覚ですから覚えておいた方が良いですよね。

 心を許せることが出来る男と人を楽しませることが出来る男は、タイランドの夜の世界では、最高位の称号を貰うことが出来るんですね。

 ですから、タイガールなどからこうして欲しいとか、何をしてよって事を言われた場合は、即OKって言って、下手でも問題があっても恥ずかしがらないで、進んでするって事が重要ですよね。

 変に嫌がったり、引くって事をすることで、良い男の条件は得ることは出来ませんからね。

 何でもAKIさんの様に馬鹿になれるって事は、重要でしょうね。 まぁ、何時もバカって事ではいけませんけどね。

                

|

« 騙し愛から、本当の愛に | トップページ | させない女とさす女 »

お店情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高感度NO.1は誰だ?:

« 騙し愛から、本当の愛に | トップページ | させない女とさす女 »