« タイガールとの生活は・・・ | トップページ | 何回すべきでしょうか? »

2011年12月10日 (土曜日)

野生児の教育係りは

64  私のタイランドの田舎には、野生児が沢山います。 それに、内の家には人が集まりやすいのか、私が帰る度に色々な人が集まってきて、その後はその人達の子供達が集まってきます。

 内は田舎ですから、結構土地が広くて、車が入ってきませんから、安心して遊ぶ事が出来るんですね。(最近は、保育園かをしている様な感じですね。)

 私が帰りますと、いつの間にか子供数が増加しているような感じですからね。 野生児の調教師の様な感じですね。

                

65  タイランドの田舎の子供達は、ピュアで純真無垢なんですぐには懐く事はないのですが、一度懐いてしまいますと、さぁ大変って・・・・・離れませんからね。

 そして何をしても話も聞きますし、言うこともしっかりと聞きますから、カルガモの親子の様な感じですよね。

 野生児達の調教(不遜な表現ですが)は、目線を同じにしてあげて、そして誰が親分だって事を分からせるところから始まります。 そしてその後は、仲間の様に粗めに接することで、溶け込むことが出来ます。

 遠慮ってモノは必要はないんですね。

 逆に遠慮をしていますと、仲間だって感覚を持ってくれませんから、何でもストレートに言動を行うことが最高なパートナーを作ることになります。

 そして、色々な話を聞くのではなくて、こちらから一方通行的に話を進めて行くんですね。 ・・・・・どこかタイガールとの関係と似ているところがありますよね。 

 実は、子供との付き合い方を勉強をすると、タイガールとのスムースな関係を築く事が出来るんですね。 何度か話をしていると思うのですが、タイガールとの付き合いの極意は子供との付き合いの極意と本当によく似ていますよね。

 もっと大きなことは、子供との付き合いがスムースに出来るようになりますと、普通のタイ人達は我々を仲間として受け入れてくれるんですよね。 なんたってタイランドでは、子供は宝物ですからね。

 特にこれからタイガールとの関係を築こうとお考えの方は、日本でもどこでもOKですから、子供との付き合い方を実践的に勉強をしますと、私のブログのお越しにならないでも、最高の付き合いをすることが出来ます。

 但し、話を聞くのではなくて、話をするって事を忘れてはいけませんよ。

 ここが一番重要な項目ですからね。 絶対に忘れないようにしないといけませんよね。 タイガールやタイランドの子供達の信頼を得るには、こちら側の事をあっけらかんと出して上げることが一番簡単なことですからね。

 お悩みの方は、是非お試しあれ!

                

066今回の教訓です。

 これも何度も話をしていることですね。

 でも、タイガールとの付き合いの中での、スタートではこれが一番重要なことんですね。

 そして、その後愛し愛される様になってきましたら、逆に相手の話を聞いてやるって事が平穏のコツですね。

 スタートはこちら側が話を90%にしてあげて、その後は相手の話を90%にしてあげるって事で、それはそれは素晴らしい人生を得ることが出来るんですよね。 (中々難しい事なんですが重要ですね)

 「整列! よし、俺に付いてこい! 俺の話を聞け!」

 タイ人やタイガールの場合は、親密にならないと話の主導権を取ろうとはしませんから、お忘れの内容にね。

                

|

« タイガールとの生活は・・・ | トップページ | 何回すべきでしょうか? »

タイランドに住む人々達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野生児の教育係りは:

« タイガールとの生活は・・・ | トップページ | 何回すべきでしょうか? »