« 集団見合いを実施しましたが | トップページ | 付加価値の創造と実践 »

2012年1月17日 (火曜日)

待つのが仕事のタイガール

182_2 待つのが仕事だって割り切っているタイガールがいますが、結構可哀想ですよね。

 タイガールの場合は、将来の保障的なものや、将来の具体的なものが見えると幾らでも待つ事が出来ますが、抽象的で具体性のない場合は、待てないみたいです。

 でも、惰性で待ち続けている女性たちも結構います。

 昔に話をした、空港でも待ち続ける人がいるんですからね。

                heart03heart03heart03

183_2  タイガールの場合は、具体的に将来の事を理解をすると待ち続ける事が出来るって話をしましたが、男が何も話をしなくても彼女達が具体的だって感じた場合は、報われないって傍で感じても待ち続けるって事は普通にあります。

 タイガールの場合は、疑い深い割には結構思い込みが激しくて、自分で都合の良いように感じ取ってしまって、待ち続ける場合がありますよね。

 まぁ、それは男にも悪い所が有りまして、どうしても男の特徴として思わせぶりな言動を披露をしてしまいますね。

 タイガールの場合は、本当に優しく接して、相手(タイガール)の事を真剣に大切に扱いますと、間違って愛されているって思い込みをしてしまうって事が結構な確率でありますよね。

 我々日本人とは感覚が全く違っているって考えて間違いはありませんから、必ず言葉でのコミュニケーションを取らないといけませんし、なんでもはっきりと話をしてあげないと相手を不幸にしてしまいますし、その内自分のところにまでその不幸が回ってくるって事も、私も何度も目にしてきました。

 彼女達にはっきりと伝えて理解をさせる事は以下の2点かです。

1. 愛しているって言葉ではなくて、将来を共に過ごす事したい。

2. 愛情は全くなくて、自分と彼女は別の生活がある。

 簡単なことなんですが、将来は共にするのか、それとも将来は共にはならないのかって事の2点だけははっきりと理解をさせないといけません。 どうなるかわからないって事は、良くないことですよね。

 確かに、将来はどうなるかは解らないって事をおっしゃる方がほとんどだと思いますが、現時点では将来を共にする壁はないとか、壁や障害があるとの表現をすると解りやすいのかもしれませんよね。

 現時点での壁や障害がないのか、あるのかって事を明言をしてあげることで、自分自身のリスクマネジメントも出来ますし、彼女たちを不幸にするって事も相当に低くなってくると思います。

 男の本質からすると、難しいことかもしれませんが、重要な事の様に感じます。

 確かに壁や障害があるけど、新しい人生をって考えるって事はあると思いますが、そのような将来の話は自分自身がクリアになるって事が先決ですからね。 相手を待ち続けさせるって事は、もしもの場合は相手の人生は狂わせてしまいますし、因果応報で自分の人生も狂わせる事になりかねませんからね。

                 heart03heart03heart03

087今回の教訓です。

 在タイの先人達は、

 「タイガールは男次第でどうにで変化をするから、男の責任は重いんだって考えないといけないよね。 でないと世間を狭くするって事だけではなくて、自分自身も相手も潰してしまうって事に必ずなるからナ。」

 待ち続ける事が出来るタイガールを、待たせるには待たせるメリットを与えてあげないといけませんし、彼女達が思い込まないように我々男ははっきりと自分はどうするんだって事を理解をさせてあげないといけませんよね。

 私も長く愛妻を待たせましたが、毎日繰り返しながら、将来はこうなってこうするんだって話をし続けましたし、彼女への約束は破らないって言い続けていました。

 物質的な安楽を与えることは出来ないけど、心の安楽は生涯与え続けてあげるってことだけを言い続けていました。 まぁ、今出来ているかって問われると自信がありませんが、私も彼女も幸せだって事ですから、なんとかなっているのかもしれませんよね。

                 heart03heart03heart03

|

« 集団見合いを実施しましたが | トップページ | 付加価値の創造と実践 »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/38736005

この記事へのトラックバック一覧です: 待つのが仕事のタイガール:

« 集団見合いを実施しましたが | トップページ | 付加価値の創造と実践 »