« 待つのが仕事のタイガール | トップページ | 泣ける男にゃ弱いのよ »

2012年1月18日 (水曜日)

付加価値の創造と実践

185_2  伸びているお店と死んでいるお店の違いは、付加価値を創造をしているかどうかって所なんでしょうね。 今の世の中では、プライスってものは二の次になっていますよね。

 対価とバリューって事をしっかりと考えている経営者は繁盛をしているって事なんでしょうが、タイランドの風俗関係は中々その点は考えていないって事の様子です。

 ドンドンと下降傾向を辿っているみたいですね。

                 

186_2  同じようなタイプの店の場合は、殆どはプライスに関係をしますが、安売り競争ではその内タイランドの風俗は壊滅状態になってしまうと思うのですが・・・・・

 ある経営者と話をしますと、お客さんの為になることをするとか、従業員の為にするとかって事はあまり考えないで、お金の事ばっかりを考えている人が結構多いですね。

 ですから、殆どの風俗関係のお店は、そこに務めている女の子の個人の資質によっているって事が多いみたいです。 後は、他よりも安いって金額的なものばかりを表現をしています。

 先が見えているように感じます。

 ある大先輩もタイランドで商売をされていますが、相当に繁盛をしています。 他に同じように店があるのですが、この大先輩の店だけは不思議と大繁盛をしています。

 私も先は移住をしますから、その秘訣を聞きますと、本当に当たり前で大したことをしている訳ではないのですが、素晴らしい事を実践をされています。 皆さんも移住ってお考えだと思いますので、簡単にご紹介をしますね。

1. お客様が何を欲しているかを一番に考えて、そしてそれを目に見えるようにする。 そして、欲しいものを全て与える事を実践をする。

2. 従業員への貢献を次に考えて、普通よりも給料は高くして、仕事ではなくて楽しく遊べるって環境を作る。 (ですから、ここの従業員は常に笑顔で、挨拶はしっかりとしますし、いつもお客さんの方に顔も意識も向いています。)

 例えば、休みたいとかって時には、先着3名は無条件に休ませて、それ以外は自分達で考えさせて、仕事の穴を開けないように責任をもたせる。

 簡単に言いますとこの2点ですが、この2点はタイランドでは画期的なんですね。 普通は、レストランでも私語をしながらお客さんの方を向いていないって事は普通ですし、愛想が悪いって事が当たり前のような感じですね。

 でも、日本でも当たり前になっていないことをタイランドで実践をしているんですから、結果的には不況の中でも最高に繁盛をするって事になりますし、従業員の女の子達と話をしますと、非常に楽しそうですから、たまたま歩いていたお客さんも釣られて入って行きますよね。

 「タイランドはなぁ、お客さんの事を考えるって事は少ないし、従業員の事を考える何かはほとんどないわなぁ。 でも、ないことをするから評価を受けるんやなぁ。 簡単なことやのに、他ではあまりやっていないわなぁ。」

 中国や東南アジアの国では、日本的なサービスに従業員を大切にしてあげるって事をすると、自然と繁盛をする様子ですね。 まぁ、簡単だって一言で行ってしまうとそうですが、これが中々出来ませんね。

                

088今回の教訓です。

 タイランドでも日本でも不況だって話で済ましてしまうって傾向が結構ありますが、実は余り考えない不振って事の方が実は正解なんですよね。

 我々もその内移住って事を考えているますが、常にお客様と従業員の事をしっかりと考えることが出来ると、タイランドではドリームを掴み取ることは出来るんでしょうね。

 「AKI、商売は人様の為に、人様が欲しいって事を体現してあげると何とでもなるし、それを実践をしてくれるのは従業員やから、従業員に優しくしないと従業員はお客様には優しくしないわなぁ。」

 金言ですよね。

 大先輩は言葉だけでなくて、実務が伴っていますから素晴らしいですよね。

 特にタイランドで成功をしている人は、お客様には全てにおいて寄与して、従業員には本当に優しいですよね。

                

|

« 待つのが仕事のタイガール | トップページ | 泣ける男にゃ弱いのよ »

お店情報」カテゴリの記事

コメント

akatyan 様。
 ありがとうございます。
 全くそのとおりですね。 日本も経営者や企業の問題が一杯です。 でも、働く方も問題がもっと大きいような気がします。

 欧米の真似をするよりも、自分達の国の素晴らしさをもっと表現できると、経営者も従業員も消費者も三者が利益を得る事が出来るんでしょうね。
 って、偉そうな事を言ってしまいますた、申し訳ありません。

投稿: AKIさん | 2012年1月18日 (水曜日) 午後 11時50分

お客さんの事を考えて、従業員の事も考える、その通りだと思いますし、本当に大切な事だと私も思います。

タイではまだそれが出来ていないのかもしれないですが、今の日本も利益至上主義な企業が増えて、結局はお客さんの事も、従業員の事も考えていない所が増えているような気がしますよね。

それに日本は素敵な国なのに、何で欧米の真似をしたりするんでしょうかねぇ~。

愚痴ってしまいました。すみません。m(_ _)m

投稿: akatyan | 2012年1月18日 (水曜日) 午後 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 付加価値の創造と実践:

« 待つのが仕事のタイガール | トップページ | 泣ける男にゃ弱いのよ »