« 感じる男が減ってきた | トップページ | 息子への愛と娘への愛 »

2012年1月21日 (土曜日)

テーメーの名物おばちゃんの死

194_2  先日久しぶりにてーめーを覗きますと、いつもの名物おばちゃんが死んでしまって、いませんでした。 (お亡くなりになったのは、相当前なんですが、なんせこんな所への出入りは禁止ですから・・・・・)

 いる時には鬱陶しいなって感じる事もありましたが、いなくなればいなくなった出、寂しい感じがします。

 心からご冥福をお祈りさせていただきます。

       

195_2  飲み物がなくなりますと、直ぐにやってきて新しいオーダーを取りに来ましたね。 でも、彼女はお店に雇われている訳ではなくて、任意でテーメーカフェに出勤をしていました。

 ですから、店のカウンターで買うよりも高価になっていましたが、まぁ、楽でしたし、サービスにはお金が掛かりますからね。

 それにあのアバちゃんは、新しくテーメーカフェにやってくる夜のタイガール達を指導をしているって感じでしたし、何もできないタイガールに遊びに来ている男達を紹介をしているって感じですね。

 おばちゃんの仕事は、愛の橋渡しって事なんでしょうね。

 それに一人では話もできないし、それに交渉って事は全く出来ない日本人のおじさんや若者に夜のタイガールを紹介したり、交渉をしたりって事をしながら、チップを貰うって事を生業にしていまいた。

 私の友人・知人の中にも相当にお世話になったって人達が沢山いますからね。 もしかするとお世話になった方も結構いらっしゃるんじゃありませんか。

 これでこのアバちゃんがいなくなることで、スムースに事が運べない男達が増加傾向になっているって話を聞きました。

 考えると情けない限りですよね。 自由恋愛も自分で出来ないって事はいけませんよ。

 まぁ、でもテーメーのタイガールも最近では積極的になってきていまっすから、ほっておいてもちゃんとモーションを掛けてくれますが、如何せん向こうのペースですから、気の弱い(?)日本人は断ることが出来ませんからね。

 最近では自由恋愛ではなくて、強制恋愛だって声も聞こえてくるぐらいですからね。

 私も昔はテーメーには行きましたが、別に何をするって訳ではありませんで、テーメーで暇そうなおばちゃんやお姉ちゃんなどをはべらせながら、お酒を奢って聞き取り調査をしているって事が殆どでした。

 当時は変わった日本人がいて、探偵業の様な事をしているって噂になったこともありますし、おばちゃんから色々とお話を聞いて、タイガールの深層心理の参考にさせていただいていました。

 最近では愛妻を連れていって、急に機嫌が悪くなって、夫婦喧嘩って事に発展しそうなことだけですから、ここでの情報も人様からの又聞きって事だけになってしまって、真相は闇の中です。

 まぁ、名物おばちゃんが居なくなるって事は寂しいですね。 心から冥福をお祈りいたします。

                

096今回の教訓です。

 教訓はありませんが、このおばちゃんが居なくなることによって、愛の橋渡しをする人が居なくなりました。 噂では、後継者が出てきているって事ですが、以前とは全く違った形になっているんでしょうね。 (確認はしていません)

 タイランドに遊びに行かれる方は、テーメーには殆どの場合は行かれている様子ですが、ここは基本的には自由恋愛カフェですから、自分で話をしに行って色々な情報を取らないといけません。

 それにここには団体様での来場は余り面白くありませんから、出来れば単独での行動をお薦めします。

 隣はソフィテルホテルが立って、状況もドンドンと変化をしていますから、その内この店もなくなってしまうって事になるかもしれませんから、早めに遊びに行くほうが良いのかもしれませんね。

                

|

« 感じる男が減ってきた | トップページ | 息子への愛と娘への愛 »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

K 様。
 有難うございます。
 亡くなったと聞きました。 確かに、本人を確認したわけではありませんし、おばちゃんの親戚に確認したわけではありませんので、人づてです。
 若しかしたら、Kさんの仰っているおばちゃんとは違っているかもしれませんね。
 来週にでも確認してきます。

投稿: AKIさん | 2012年1月23日 (月曜日) 午前 09時50分

テーメーおばさんの件ですが、テーメーにの入場が禁止になった様で、中に入れず表のあたりをうろうろしていましたが、亡くなったのですか。かなり有名なおばさんでしたので、ある雑誌にものっていました。
私が昨年行ったときも、女の子たちは死んだと言ってましたがちゃっかり表をうろついてましたよ。

投稿: K | 2012年1月21日 (土曜日) 午後 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テーメーの名物おばちゃんの死:

« 感じる男が減ってきた | トップページ | 息子への愛と娘への愛 »