« 正月は家が良いやねぇ! | トップページ | 何時になったら気がつくの? »

2012年1月 3日 (火曜日)

多国籍新年会の開催(東南アジア編)

140  正月の三が日の夕方は、久しぶりに宴会の開催です。 それも、多国籍軍の宴会ですから、中々興味があって面白いですよね。

 ラオスとマレーシアを覗いた全ての国の人達が参加をして、私のウサギ小屋に集合をして、ドンちゃん騒ぎですからね。 正月から何をやっているんでしょうね。

 宴会の途中を抜け出して更新をしているところです。

 今年は、タイガールだけを中心にするのではなくて、東南アジアガールの事も検討をしながら書いていこうと思っております。 若しかすると期待がもてる様な内容を表現する事ができるかもしれませんね。

                

141  多国籍軍ですが、殆どは日本人の旦那さんと結婚をしているアジアの女性達です。 

 ベトナム・カンボジア・ミャンマー・タイランド・インドネシアそして、フィリピンの合計は六ヶ国からの参加で、結構特徴を表しているような感じですよね。

 まぁ似ているところは、東南アジアの女性達は殆どがハードワーカーで、最終的には自分達がなんとかして生きていくことが出来るって言うたくましさを持っているって事なんでしょうね。

 元々インドネシアとフィリピンを除く民族は混血民族ですし、黙ったままいると見分けが付かないって感じですが、話を始めますと特徴が出てきます。

 不思議ですが、自分の国が東南アジアでは一番だって全員が思い込んでいるって状況なんですね。 そうなんです、自分の国が東南アジアではリーダーなんだって感覚ですよね。

 特にタイランドとマレーシアとベトナムにその傾向が強いですね)

 互いに自分の旦那さんと国の自慢に時間を費やしているんですから、結構見ていると面白いですよね。

 日本人の奥さんたちが集まりますと、亭主の悪口に花が咲いて、ドンドンとエスカレートをしていくって話を聞きますが、東南アジア人の奥さん達が話をしていると、愚痴や文句ではなくて、徹底して自慢話をしていって、激論大会が開催されているって状況になってきますから、聞いていても楽しいです。

 が、反対側に陣取っている旦那連中は、照れ笑いに包まれていますから、聞いていても見ていても微笑ましいですね。

 (タイガールだけじゃなくて、東南アジアの女性達は人の話は半分以上は聞いていませんから、喧嘩にはなる難いんでしょうね。 焼きもちはベトナム人が一番だそうですよ)

 日本では伴侶の事を愚妻とか木偶の坊だとか宿六だとかって言って、蔑んでいますが、伴侶の事を悪く言わないのは改めて、聞いていても心が温まってきますよね。

 「何で自分の伴侶の悪口を言わなければいけないの? そんなに悪口ばっかり言うんだったら、別れて一人で生活をしたら良いんじゃないかって思うけど、悪口を言いながら一緒に暮らしているって事が信じれないわ。」

 本当にそうですよね。

 今年は春から本当に演技が良いかもしれません。 今年からは、幸せで将来に向けていいことがあるんじゃなかって感じてしまいました。

                

042今回の教訓です。

 宴会では日本の場合は招待をした人(ホスト役)が、用意もしますし片付けもするって事が普通のように感じますが、東南アジアの女性たちの場合は、用意も各国の料理を持ち寄りで、片付けも全員でしますから、見ていても微笑ましいですね。

 用意も片付けも井戸端会議の延長戦だって感じで、中々終了をすることはありませんから、男は本当にゆっくりとすることが出来ます。

 考えると自慢話と大風呂敷を広げるわけですから、皆が解散をしてからが夫婦間の会話の方が大変かもしれませんよね。

 自慢や大風呂敷は男を奮い立たせて、頑張らせる為の技かもしれませんね。 だって、東南アジアの男は殆どは働きませんし、ヒモの様な場合が多いですから、人に自慢や風呂敷を広げることで、何もしない男の自尊心を喚起しているって考えても良いのかもしれませんよね。

 まぁ、今年は正月から楽しい時間を過ごすことが出来ました。 今年こそは、それはそれは良い事があるはずです。

                

|

« 正月は家が良いやねぇ! | トップページ | 何時になったら気がつくの? »

勝手気儘な偏見事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多国籍新年会の開催(東南アジア編):

« 正月は家が良いやねぇ! | トップページ | 何時になったら気がつくの? »