« 女の比率が多過ぎる | トップページ | 好き嫌いははっきりと! »

2012年2月16日 (木曜日)

実は心は男(女)なの

73  タイランドには、性同一症候群の方がいっぱいですし、その人達は日本やその他の国と違って、普通に市民権を得ていて、全く差別をされる事なく過ごしています。

 確かの多少の問題は存在をするのでしょうが、仕事も恋愛も生活も不自由はないように思います。

 心を大切にするタイランドの気風は素晴らしいモノがありますよね。

 最近では助平なおっさんの訪タイが減少をして、性同一症候群の方の訪タイがぞか傾向だって話ですね。

                 

74 特にファランの人の性同一症候群の方の訪タイが非常に多くなってきているような感じですよね。 

 そのへんで食事をしていても、娘からの質問がやって来ます、

 「パパ、どうしてあのおじさんたちは、手を繋いだり、腕を組んだりしているの? ほら、キスをしているでしょ・・・・・メイに聞いたら、パパはなんでも知っているからパパに聞きなさいって言われたのよ。 ねぇ、どうしてなのか教えて欲しい。」

 性同一症候群も病気ですし、私も充分に理解をしているつもりなんですが、白昼堂々と子供達の前でのそのような行為は出来れば慎んで頂きたいものですよね。 チビから質問を受けても明確に答えにくいですよね。

 特に私は子供に対してごまかすって事はしないで、出来るだけ真実を教えるって事を信条としていますからね。 幾ら娘がオカマの存在は知っているって言っても、話しづらいものがありますよね。

 最近は男娼が本当に増加傾向にあるみたいです。

 普通の夜の世界は崩壊の危機に瀕しているって話ですが、性同一症候群の男性たちの場合は、今が花盛りで、そのような場所もドンドンと増え続けているって感じみたいですから面白いです。

 パッポンやタニアでもドンドンと下降傾向に入っているのに、ボーイズGOGOなどは、お客さんがいっぱいで、入るのに時間制限まであるって話ですから、私の様に女性にしか興味のないものは不思議でしょうがありません。

 日本からも衆道の方も相当にたくさんお越しになっています。

 最近では、夜の正解では女性が普通ですが、普通じゃない女娼の人まで増加傾向だそうです。

 男性同士に女性同士にと、アブノーマルな性がバンコクの夜を圧巻しているようになってきています。 それに、男が女の買う時代から、女が男を買う時代に変化しているって事もよく聞きますね。

 時代の変化でしょうか、それとも、おじさん達が草食系になってきて、自分から落ちていっているのでしょうか。 まぁ、私は、卒業をしましたから、余り関心はありませんが、変かも悲しいものですね。

                

75今回の教訓です。

 夜の世界も様変わりをしてきましたね。

 世界最古の商売ってものが本当に変化をして来ています。 男が男を買春、女が女を買春、女が男を買春って事が、今までのスタンダードを圧巻してきている様子です。

 少し前には、バンコクではおじさん達が中心でスターで鴨でしたが、最近では亜流になってきているような感じですよね。

 淋しいのかそれとも、それが社会の流れなのか・・・・・

 最近の若い衆でも、タイランドに来ても夜の世界には行かないって若者も増加してきていて、観光やショッピングや食事やと・・・・・一昔前の女性のような行動のパターンを取る人が増加して来ていますからね。

 どんなことでも昔のままって事になりましたら、本当に取り残されてしまいますよね。

                

|

« 女の比率が多過ぎる | トップページ | 好き嫌いははっきりと! »

タイランドに住む人々達」カテゴリの記事

コメント

オタ 様。
 有難うございます。
 急にタイランドに赴任では色々なカルチャーショックも相当にあった事でしょうね。 私なんかは、未だにカルチャーショックを受け続けているって感覚です。

 これからも時間や暇を見つけて頂いて、タイランドを訪問できるようにして下さいね。再度の訪問では、新しい発見をする事が出来ると思いますし、改めて好きになると思います。

投稿: AKIさん | 2012年2月18日 (土曜日) 午後 12時04分

こんばんは。先日の初コメに早速レス戴いており恐縮です。読ませて頂きながらあれこれ記憶が蘇えって来ます~ 改めて私はタイが好きだった(今も)と思います。
初めての海外生活・・島国日本から新婚旅行でしか出た事が無かったのですから、正にカルチャーショックの連続でした。会社は「タイなんて何の準備も無く行ける国」とのたまい、いきなりの赴任でしたからね~ 第3の性とそれを受け入れる社会にも最初は驚きましたが友達も出来て大好きでした。

投稿: オタ | 2012年2月17日 (金曜日) 午後 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実は心は男(女)なの:

« 女の比率が多過ぎる | トップページ | 好き嫌いははっきりと! »