« TGを惹きつけるオープンな心 | トップページ | 大風呂敷を広げましょう »

2012年2月28日 (火曜日)

AKIさん、公演をする

10  先日拙ないタイ語で、愛妻に原稿を書いてもらって、田舎の若い衆(高校生を中心にして)を集めて公演をしました。

 「成功と幸せについて」

 って、言うおこがましい内容ですよ。 考えても赤面をしますが、日本人の話を聞くのは初めてみたいで、真剣に聞いてくれて、質問会では答えれないことがいっぱいで、恥をかいてきました。

                

11  なんたって私の場合は、タイ語がリスニングでは三分の一位ですし、スピーキングでは、発音は愛妻と娘ぐらいしか理解が出来ないって、訛りのあるタイ語です。

 ほとんど相手は理解をしていないんじゃないかと思いましたが、私のタイ語を愛妻が同時通訳のタイ語に通訳をして、話をしてくれますのでなんとか・・・・・(初めから、日本語で話をして、通訳をしてもらえばよさそうなモノですが、そこはほれ、相手にもタイ語が解っているって、スタイルを示さないとね)

 ハイスクールの生徒が中心でしたから、彼らは日本への憧れも持っていますし、基本的には親日派ですから、真剣に話を聞いてくれます。

 でも、真剣に話を聞いているのは、女のタイガールと男のタイガールが中心で、男のダメンズは、真剣身に欠けているように感じるのは私だけって事なんでしょうか。 (男の子も真剣に聞いていたみたいです、質疑応答では男の方が多かったですからね。)

 久しぶりにハッタリに磨きを掛けて、私の私感と偏見を織り交ぜて、60分間も話をして、60分間も質疑応答に費やしました。 いや~、日本人の前でするも大変なことなのに、無垢なタイランドの若者にするのは、もしかすると犯罪かもしれませんよね。

 リタイア後は市井の哲学者になりたいし、心理学を適当にかじっている私は、根性論や心の持ちか方って話に終始しましたが、これが結構受けが良くて生まれて初めて拍手喝采を頂きました。

 普通は公演料を貰わなければいけないのに、参加の若い衆にスイーツのご馳走をしてしまいましたからね。 (でも、後から若い衆が捕まえて、料理をしたナマズをプレゼントの頂きました・・・・・話をして初めての報酬ですよ)

 タイランドの学生は、本物の聞く耳をもった素晴らしい若者でした。物音一つしない中で、話をして、そして私の解りにくい話に常に相槌を打ってくれるんですよ。 そして、少しユーモアを表現しますと満面の笑でバックアップをしてくれて、こんなの気分の良いものはありませんよね。

 日本の学生達も見習わないといけませんよね。 (本当に知識欲に飢えていますから、吸収をするためには、真剣にのめり込んできますし、タイランドは教師と生徒の関係は、相当に厳しいものだそうですからね)

 今度は、小学校の低学年の子供達に話をするって話もありますから、今から本当に楽しみにしています。 なんたって、子供とばあちゃんにはモテモテのAKIさんですから、虜に出来るんじゃないかって一人で張り切っています。

 しかし、若い衆との時間を持てるって事は、おじさんには物凄い若返りの薬になりますよね。 是非、何度もさせてもらいたなって思いますが、相手は懲り懲りかもしれませんよね。

                

12今回の教訓です。

 自慢話をしてしまいました。

 教訓ってものはありませんが、タイランドの場合は、先生と生徒の関係は日本の明治時代や寺子屋の時代と変わらなほど厳粛ですね。

 それにタイランドの学生の知識欲は相当に高いものがあって、このまま行ったらその内日本はタイランドを含めた東南アジアや中国に食われてしまうんじゃなかって、冷や汗をかきました。

 それはそれは素晴らしいですからね。

 普通の方は若い人達とのふれあいなどは中々出来ないと思いますが、これが愛妻がタイガールですと、色々と楽しいことを経験をさせてくれますし、本物のタイ人やタイランドを見せて貰うことが出来ます。

 良いところも悪いところもですね。

 しかし、半世紀も生きてきて若しかしたら、一番楽しい一日だったのかもしれません

                

|

« TGを惹きつけるオープンな心 | トップページ | 大風呂敷を広げましょう »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。
 本当にその通りですね。 目上を敬う事って言うと日本では死後になっているんじゃないかって感じてしまいますね。 (先日も女子高生にタメ口をきかれて憤慨をしていましたから・・・)

 ヘッヘッヘッ・・・若者との一日は非常に楽しくて、心が洗われる感じがしますね。 癖になりそうですが、お声がかからないでしょうね、今後は。

投稿: AKIさん | 2012年2月29日 (水曜日) 午後 02時36分

タイの学生が素晴らしいと言うよりも、目上の人を敬うことがちゃんと出来ているんだと思います。

日本ではモンスターペアレンツなどと子供以上に始末の悪い父兄が蔓延っているようですが、その点タイ人は素晴らしいと思います

でも、タイの高校生相手に講演会だなんてさすがですね

投稿: ekamai | 2012年2月29日 (水曜日) 午前 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AKIさん、公演をする:

« TGを惹きつけるオープンな心 | トップページ | 大風呂敷を広げましょう »