« 快挙:記事数2000記事目です! | トップページ | タイガールの心の葛藤 »

2012年4月 3日 (火曜日)

皆さんの将来設計とTGの将来設計

16  新たなスタートの2001記事目です。 これからは高尚なモノをと考えていますが、さてさてどうでしょうか?

 将来設計について考えてみましょうね。

   

 皆さんは将来設計は進んでいますか?

 色々な人と話をしますと、進んでいる方と全く考えて居ない方のふた通りの人がいらっしゃます。

 日本人もそうですから、タイガールも全く同じで、余り考えていないって事の方が多いみたいです。 タイガールの場合は、日本人などの外国人との結婚の場合は、色々と考えている様子ですね。

 互いにリンクをすることが出来れば素晴らしいですよね。

                

17  タイ人の場合は、将来の100万円よりも目先の10万円(現金)の方が大事だって考えます。 まぁ、私もその傾向が十二分にありますから、タイ人みたいですけどね。

 それにタイガールもタイ人も現在を基本的には重視しますから、どうしても貯金をして将来はこうしようって事には余りならないみたいです(華僑系の人は少し違うみたいですが)

 それでもタイガールの場合は、心から愛する人が出来て、この人と生涯を通して人生を共にしようって心に決めた場合は、将来設計について考える様になってきます。

 但し、ここが重要なんですが、考えるんですよ。 徹底をして実行をするって事ではなくて、考えるんですね。

 ここで重要な事は、我々男がしっかりとすることで、タイガールは実効性がびっくりするほど増して行くんですね。 ただ単にタイガールに任せているって事では、口だけで今までとは変化はありません。

 タイガールの場合は、自分が心から愛した人と一緒に実行をするって事にかけては、相当の力を発揮しますが、タイガールに任せるって感覚は、無いに等しいって考えた方が正解です。

 前にタイガールは最高の女で最悪の女だって言いましたね。

 タイガールの場合は、一緒ってキーワードが有りましたら、最高を通り越すくらいの女になって行くんですね。 でも、タイガール一人に任せてしまうと、最悪になってしまう可能性が高いんですね。

 一人で出来ないんじゃなくて、一人ではしたくないって言うのが正しい答えですね。

 ”タイガールは、良く色々と言っているんだけれども出来ないんだよ。”

 この様な話を聞きますが、そうなんですね。 タイガール達は言われても出来ないんじゃなくて、二人一緒にじゃないとしたくないんですね。 もっと言うならば、一人でするのは嫌なんですね。

 友人や知人にもこの様な話をしましたが、結構納得をしてもらいました。 若しかしたら、皆さんの中にも、そう言う事かって頷かれている方がいらっしゃるかもしれませんよね。

 この感覚って重要ですよ。 

 タイガールに対しては、任せずに一緒にしてあげて、任せている様な感覚を与えて、そして常に一緒にしているって事を解らせてあげないといけません。 これが出来ないから、騙されたとか、・・・・・だとかって話になって行くんですね。

                

18 今回の教訓です。

 子供なんかはそうですね。 任せるって言いますと、張り切って最初は頑張りますが、その内息切れしてしまって放ったらかしって事が結構ありますね。

 でも、一緒にしているって認識がありますと、少々嫌なことでも頑張り通しますよね。

 永遠の少女のタイガールもこの感覚と全く同じなんですね。 これって、結構重要な事なんですね。 他の感覚は忘れても余り問題がないものもありますが、これだけは忘れてはいけませんね。

 何をするにも一緒だって感覚を植え付けて上げるんですね

 男が一人仕事をしていても、タイガールの伴侶や恋人がいるが為に、自分は頑張ることが出来るし、そしていっしょん仕事をしているのと同じなんだよって事を、言い続けてあげるとそれはそれは素晴らしい女性になっていきくんですね。

 タイガールが素晴らしくなるには、男にはしないといけない事があるんですね。

 このことだけは絶対に忘れてはいけませんね。 タイガールとの関係では、一緒って事は必要不可欠な要素ですね。

                

|

« 快挙:記事数2000記事目です! | トップページ | タイガールの心の葛藤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆さんの将来設計とTGの将来設計:

« 快挙:記事数2000記事目です! | トップページ | タイガールの心の葛藤 »