« 日本人には何でも頼むし・・・ | トップページ | 仕事に対する意識の違い »

2012年4月18日 (水曜日)

日本人のヒモとタイ人のヒモ

61_2  タイガールに寄生をしている日本人のヒモと、タイ人のヒモが相当数います。 (実は、私の義理の兄貴もそのタイ人おヒモみたいなモンですから、困ったモンです)

 これが結構同じような感じですから、人ごとながら見ていると不思議で面白いのですが、寄生をされているタイガールはたまったモンじゃありませんよね。

 今日はタイランドにいる、ヒモについての生息状況について話を進めて行きましょうかねぇ。

                 

62_2  ヒモと云う職業の人の生体について考えて見ますと、面白いモノが見えてきますね。 共通をしていることは、

1. 仕事をしないで、お金をせびる(これは当たり前ですね)

2. 女性の仕事をさせているんですから、優しくてこまめかと思いますが、これが逆のぐうたらして何もしないって言うのが本当です。

3. ヒモですから、優しいのかって思いますが、逆にぶっきらぼうで優しさのかけらもありません。 脅しに近い感じです。

4. 普通の人よりもお金を使います。 ぐうたらな癖に金だけは一人前以上を使うんですから、始末に負えませんね。

5. 一言云えば、何十も帰ってきますし、体や頭は動かしませんが、口だけは減りませんから不思議です。

6. 月に1~2度だけ優しい言葉を掛けるみたいですよ。 後は、脅したりすかしたりって事ですね。

7. 女性は感が鋭いって言いますが、その上を行っているのは、ヒモか行に人ですよね。感がよくないとヒモの仕事は出来ませんね。

・・・・・

 これでよくタイガールが逃げ出さないモンだって思いますが、相当に耐える事が出来るみたいですね。 その関係のタイガールに話を聞きますと、

 「私が居ないと何も出来ないし、可哀想じゃないですか。 それに、いくらぐうたらでも、私ん事を見ているし、優しい所も結構あるのよ。 でも、もう少しお金を使う事を控えてくれると・・・・・」

 女神様みたいですね。 

 ヒモ家業はこのバランスが重要なんでしょうね。 不思議な事に、日本人ヒモもタイ人ヒモも結構同じような感じみたいですね。 貢がす女とは、全く人種が違いますから、皆さんも機会があれば見つけて下さいね。

 今後の参考になるかもしれませんね。

                

63_2 今回の教訓です。

 ヒモは好き放題をしている様に見えて、確実に女性の心はつかんでいますし、そして限度やバランスをしっかりと知っていて、自分自身も管理をしているんですね。

 そんな力量は仕事に使ったら、出世しそうなモンですが。

 それにヒモ達は、 ”俺がいるから、お前の人生があるんだよ” って事を無言で言っているんですから、このコントロール性能は素晴らしいですよね。

 まぁでも、ヒモも人の子ですから、コントロールを失敗をして、追い出されたり、逃げられたりってしますが、不思議に新たな女性を発掘をして、新しい住処にありつきますから、凄いですね。

 もしかすると、この ”ヒモ” って遵守を研究をすることが出来たならば、女性に対して最強になれるんじゃないかって考えて、研究をして見ましたが、謎な部分もまだ解明が出来ていません。 

 もし、研究を重ねている方がいらっしゃあったら、ご一報下さいませ。

                

|

« 日本人には何でも頼むし・・・ | トップページ | 仕事に対する意識の違い »

私感と偏見を」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 ありがとうございます。
 「貧乏性」の人は、立派なヒモにはなれませんね。ヒモの特技で必要不可欠なものは、基本的には何もしないで、でぇ~んと構えているって事と、何を言われても動じない心ですね。
 こう言うと素晴らしく感じますが、私もekamaiさんと同様にじっとしている事が出来ませんし、内の中ぐらいは能書きを言いたいですから、小銭でも稼がないと安心できません。
 
 互いに貧乏暇なしって方が正解でしょうね。

投稿: AKIさん | 2012年4月19日 (木曜日) 午前 10時32分

ヒモ  ですか.....


羨ましいですww

でも、私も貧乏性ですから、「何もしない」となると人間として終わってしまいそうで...ww

私には向いていない職業(?)です

投稿: ekamai | 2012年4月19日 (木曜日) 午前 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人のヒモとタイ人のヒモ:

« 日本人には何でも頼むし・・・ | トップページ | 仕事に対する意識の違い »