« 両極端な金銭感覚 | トップページ | タイガールからの卒業旅行 ② »

2012年4月 6日 (金曜日)

タイガールからの卒業旅行

25  私の知り合い達がタイガールから卒業をするために、最後のタイランドの旅行に行ったみたいです。

 おじさん3人がタイランドの夜の世界には一切行かないで、今までほとんどしなかったタイランドの観光をしようって事で、約1箇月の時間を掛けて、タイランドを一周をする計画みたいです。

 これを最後に、タイガールからはきっぱりと足を洗って、日本でひっそりと生活をしようって事みたいです。 (タイガールに騙されたって、言っている人達ですね)

                

26  今までに数十回もタイランドに行っていまして、タイガールとの関わりを持ち続けていた人達です。 ひとりは、3桁に達していて、今までも関係を続けるって事で、大きく高い授業料を払い続けていたみたいですね。

 二人はその所為で、日本での家庭はなくしてしまって、もう一人は別居中ですから、その辺に転がっている様な話ですよね。

 今回の旅行では、タイガーるには一切関わりを持たないで、バンコクには寄ることはしないで、純然たる観光旅行をして、タランドの今まで見たことがない所や感覚を得てから、日本で一人で頑張ろうって話みたいです。 (私も計画に一役買わされました)

 パタヤとバンコクの間も街で、5日間を過ごしたんですが、これがビックリ仰天ニュースで、一人が脱落をしてしまいます。

 いつも朝食を取る屋台のタイガールに恋をしてしまって、彼女の仕事を手伝いながら後の25日間を過ごすって事を選択したみたいです。 (やっぱり、タイガールからは離れる事は出来ないんでしょうね)

 体の関係も何もなく、純然と手伝いをして、自分の気持ちを離さないで、自分自身の事を話し続けていったみたいです。 帰国までの25日間を自分お人となりと自分の正確や、今までの自分が生きてきた足跡を話し続けるんですね。

 半世紀を生きてきた日本の男が、屋台をしている天涯孤独な30歳半ばのタイガールに、仕事の時も仕込みの時も、そして仕事が終わって食事や休憩の時にもですね。

 自分の事を包み隠さず話をして、自分をさらけ出す男は信用を得やすいですね。 3週間強は充分な時間だと思います。

 タイランドの最低の男に失望をして、屋台をしながら細々と慎ましく暮らしているタイガールの心を開くのには十分の時間と誠意があったんでしょうね。 互いは、惹かれるようになってくるんですね。

 最後にしようって旅行ですが、皮肉なモンです。

 タイガールを忘れる旅で、タイガールにゾッコンとなって、それが今までは自分の都合や人の事だけ聞こうとしているだけで、自分の事なんかは後回しで、タイガールからは信頼を得る事はできませんでしたが、今回は最後だって考えていますから、自分から自分の事だけを話し続けるんですね。

 完全に自分を曝け出しますし、確実に自分の胸襟を開いているんですからね。

 彼女もこの人の事を信用をしだして、自分の事をポツリポツリを話し出します。 最低なタイ人の男から良いようにされてしまって、何もかもなくしてしまって、人を信じることも愛することも出来なくなったって話を聞きます。

 こんな関係になりますと、確実に信頼をされていますよね。 それに、信頼をされて彼女の話を自分からしだしますと、これは恋に発展をしていきますよね。

 最後の最後に逆転ホームランかもしれませんね。

 2週間を過ぎて、3週間目には将来の話になっていきます。 自分が日本を捨てて、タイランドに移住をするか、彼女を正式の伴侶として日本へ連れて帰って、そしてリタイアをしてから移住をするかって話になってきたみたいです。

 私に電話が有りました。

 「あのなぁ、卒業旅行やないのんか。」

 「でもなぁ、彼女は最高やねん。 間違いはないねん。 せやから、今後はどちらがええか相談に乗ってくれよ。」

 「簡単なことやなぁ。 お前は真剣で、彼女も真剣なんやったら、直ぐに話をして、ほんの少しだけ待ってもらって、正式に婚姻関係を結んで、日本に連れて帰って来て、日本でしっかりと仕事をして、リタイアでタイランドに帰り!」

 今まで馬鹿なことばっかりをして、タイガールに下手バッカリを打っていたこの人は、その日の内に彼女と話をして、直ぐに役所に言って結婚の手続きをしだしました。

 (でも、書類はすぐには揃いませんから、却下されましたが、彼女からは絶大の信頼を得まして、私が紹介をしたエージェントに連絡を取って、直ぐに手続きを開始しました。 そして、屋台は、閉鎖をしてバンコクに小さなアパートを借りて、半年以内に正式な結婚をして、日本に連れていくって事を言葉以外の示したんですね。

                

 申し訳ありません、そろそろ時間となりました。 続きは明日に回させて頂きますね。 それに、一緒に行った後2人の話も出来ていませんからね。

 完結できないくて申し訳ありません。

                

|

« 両極端な金銭感覚 | トップページ | タイガールからの卒業旅行 ② »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイガールからの卒業旅行:

« 両極端な金銭感覚 | トップページ | タイガールからの卒業旅行 ② »