« タイランドの公務員 | トップページ | 日本人には何でも頼むし・・・ »

2012年4月16日 (月曜日)

パパっ子達の成長記録

55_2  内のチビも結構大きくなってきました。 もう少しは、タイランドでタイ語の勉強をしっかりとして、ハイスクール位からは、日本への留学をさせようと考えています。

 しかし、ばあちゃんと一緒に暮らして、年に4~5回位しか会えませんから、可哀想ですね。

 でも、グレもせずにしっかりとすくすくと育っています。 又、離れていますから、互いに人の事を考える力が付いてきているようで、将来が楽しみですよね。

                

56_2  パパっ子達って書きましたが、私の正式な娘は一人だけですが、娘の暮らす周りには私をパパと呼ぶ娘たちは結構たくさんいますし、真剣に自分の父親だって思っている娘たちもいます。

 貧乏人で借金だらけの私は、大した事は何もできませんし、時間も取ることは出来ませんが、田舎に帰った時には、遊びに連れていったり、タイに売っていないモノを日本から買って帰ったり、タイランドは余りないバーベキューをしたり、家の掃除をさせたりって事をしながら、ゆっくり触れ合いをしているんですよ。

 元々タイ人の子供は非常にピュアで、心のクリアな子供が多くて、擦れているって事はほとんどないのですが、特に田舎の子供はピュアで心が綺麗で、本当に素敵な子供達ですよね。

 彼女達は私から遊びに連れていってもらったり、プレゼントをもらったりしていますから、毎日貯金(1B~5Bくらい)をして、私が帰ってきたら、

 ”クッテオ、カオマンガイ、フルーツ・・・・・等々”

 などをご馳走をするんだって張り切っていますし、私の笑顔を見る事を楽しみにしています。 

 (まぁ、ご馳走をしてもらう方が後々物入りになってきますけど、心根が嬉しいでしょ。 愛妻のアイデアでこんな事が出来ているみたいです)

 私や愛妻が田舎に帰るって日には、朝から子供達が集まってきて、まだかまだかと騒ぎながら待ち続けているみたいです。(娘はバンコクで一緒ですから、3人で帰ります)

 まぁ、村の小さなコミュニティーの大人達も待っているみたいですよね。

 母親や村の人達は私が帰ってくるからって事で、マニアックな料理を準備をして待っていますから、到着と同時に宴会が始まるって事ですが、最近は子供達の相手をしてから、大人達の相手をするって事が普通になってきました。

 子供達との付き合いでは、体は疲れ果ててしまいますが、心や精神的には非常に満たされたモノになってきます。 大人との付き合いは、体は疲れることはありませんが、精神的や心の部分では疲れ果てるって傾向にあります。

 まぁ、最近は知らない人が来て、親戚だけど話を聞いて欲しいって話は、少なくなって来ていますが、銀行や保険屋などがひっきりなしに来ますから、困りモンですね。

 先日まで田舎にいましたが、今回の目玉は、沢山います娘たちが愛妻の監修の元、皆で料理を作り上げて、私と一緒にいった友人とに振舞ってくれた事ですね。 微妙な味がしますが、それはそれでOKって感じです。

 知らぬまに住み着いた猫が沢山の子供を生んで、賑やかな家になっていました。その上、チビ猫は全てが女の子ですから、違った娘まで増加傾向です。 (タイランドの猫は、日本の子犬と同じようにペタペタと引っ付いて、猫までタイガールみたいですよね。) 

                 

57_2 今回の教訓です。

 今年はまだ三回しかタイランドには行っていませんが、仕事の都合上、田舎に帰ったのはこの前が初めてです。

 昨年の10月以降初めてですから、歓迎ムードはピークに達しているような感じですね。

 皆さんもこれからタイガールとの付き合いが高じて、一緒になるって事や、ゴール前にはタイガールの田舎に行って、歓迎を受けることがあると思いますが、カルチャーショックをいっぱい受けると思います。

 注意点は、常に笑顔をして、言葉なんかは理解しなくても一緒に行動をするって事を心がけると直ぐにコミュニティーの輪の中の中心になれる事が出来ます。

 又、子供や動物に優しくしますと、もっと信頼を得ることは間違いありませんね。 (娘たちが増えるにしたがって、ドンドンと出ていくモノは大きくなってきますが、その分違った幸せをもらえる事は間違いありませんね。

                

|

« タイランドの公務員 | トップページ | 日本人には何でも頼むし・・・ »

私と奥さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パパっ子達の成長記録:

« タイランドの公務員 | トップページ | 日本人には何でも頼むし・・・ »