« タイランドに家を買いましょう | トップページ | 捨てられた男と捨てられた女 »

2012年5月10日 (木曜日)

先人達の教訓と語録

Photo_28  タイランドには、我々の先人が沢山根を生やして生活をされています。 素晴らしい糧を築いて暮らしていますね。

 当然ですが、この方達の成功事例を学ばせて頂かない手はありませんね。 

 今日は先人達の教訓について話を進めて行きたいと思います。 今後の参考になること請け合いです(?)。 心してよ~く読み進めて下さいね。 大きな糧になることでしょう。

                 smilesmilesmile

Photo_29  最初に成功をしている方と、失敗をしてしまう方の大きな違いをご紹介をしておきましょうね。

 成功をしている方は、思考回路は日本人の感覚を持ち続けて、言動はタイ人を見習って、タイ人になることが出来るって事なんですね。 当然ですが、失敗をしている人達は、逆の事をしているだけの事です。

 では、いよいよ先人達の素晴らしい話を見てまいりましょうね。

1. 一番重要な事は、郷に入れば郷に従えって事が理解できて、その通りに言動をコントロールすることが出来るのが一番の条件ですね。 住む場所が変化しているのに、今までと同じように日本的になっていると、根を下ろすって事は先ずは難しいって考えないといけないね。

2. タイランドの暮らすにはタイ人を尊敬出来る事が重要でしょうね。 日本人の島国根性的な考え方は、タイ人を馬鹿にするって事をしてしまって、溶け込んだりコミュニティーに入れないって事が多いからね。

3. 思考は計画性を持っているしっかりとした日本人の感覚を忘れてはいけません。 でも、生活はタイ人と同じように生活レベルを持っていかないと、いつまで立っても旅行者の感覚のままで過ごしてしまって、生活に行きずまったり、本質が見えなかったりして、最後には帰らないといけない羽目になってしまうね。

4. 難しい事を考えたらアカンよ。 始めに1月で1万から1万五千B位で普通に生活が出来るのかどうかを試したらええねん。 それが出来ない人は、根を張るって事は出来へんなぁ。

5. 商売についての事では、日本人や観光客を相手にするって感覚はアカンなぁ。 第2の人生をタイランドで過ごすには、商売もローカルの人を相手に出来ないと中々うまくはいかんねぇ。

6. タイ人は外国人でも誰でも仲間にしてくれる優しい人種なんですね。 それだから、自分から仲間に入るために努力を惜しんではいけないし、待っているって事は一番いけない事なんだろうねぇ。 現地で現地人な仲間が出来なかったら、定着をするって事は難しいね。

7. 俺は一番最高なのは、タイがーるの伴侶を得る事だと思うけど・・・・・それがない場合は、リタイアをして欲を体の中からなくしてしまわないと中々うまく行く事はないんじゃないだろうか。

 色々と訓示を頂きましたが、どれもこれも正解ですよね。 皆さんの中で移住をお望みの方は、今日の先人達の話をよ~くお読みになって、ご自分の計画をしっかりとお立てくださいね。

 その内、私が移住をして皆さんにコンサルティングをさせて頂きますね。 って、いらぬお節介でしたね。

                smilesmilesmile

Photo_30 今回の教訓です。

 長くタイランドに行っていますと色々な方と知り合いになることが出来ます。 そして、色々と為になる話をきかせていただくことが出来ますが、根を張って定着をして、成功をしていらっしゃる方は同じような話をされますね。

 タイランドに感謝が出来て、タイ人に感謝をすることが出来ると成功をできないまでも、定着をすることは出来るんだそうですね。

 感謝・・・・・簡単な言葉ですが、体現をするのは中々難しい事ですよね。

 「あんまり気にする事はないんと違う。 簡単にタイランドに同化するのは、島国根性を捨て去るって事が一番良いなぁ。 どうしたらいいかって考えるよりも、日本的なモノを捨てる事を先にしないとアカンよねぇ。 考えてなんd目お取り入れるよりも、先に捨てることをすべきやなぁ。」

 大先輩の話ですが、これが一番簡単で、一番難しい事の様に感じます。 が、日本的な感覚を捨てる方がすぐにでも根を張る事が出来るみたいですよね。

                smilesmilesmile

|

« タイランドに家を買いましょう | トップページ | 捨てられた男と捨てられた女 »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。
 ekamaiさんは、ヨーロッパにも駐在ですか。素敵で格好良いですよね。 私は、中国と東南アジア専門で、うろうろとしているだけですから、変な外国人って感覚で接してくれるだけですね。
 まぁ、タイランドだけは30年以上関わっていますから、仲間的に見てくれる人達も増えてきましたが、まだまだ日本人を捨てる事が出来ません。
 でも、後十年くらいで移住をするって計画ですから、頑張らないといけません。

投稿: AKIさん | 2012年5月11日 (金曜日) 午後 12時16分

akatyan 様。
 有難うございます。
 私もタイ語は少しですし、英語も少しだけですが、気合と根性とそしてフレンドリーさで、近づく様にしています。
 言葉が通じなくても何とかなりますよ。

 考えすぎないで、笑顔を振りまいて、フレンドリーさを表に出しましたら、十分にコミュニケーションは取れますから、実行あるのみですね。

投稿: AKIさん | 2012年5月11日 (金曜日) 午後 12時09分

ほんまにその通りやと思います

特に「島国根性」を捨てることはとても大事だと思います

私はヨーロッパにも長いこと駐在していたせいか、よく「お前は大陸的や」と言われます

でもTG達からは「他の日本人とは少し違う感じがするけどやっぱり日本人ね」と言われます


生まれ育ちが大きく影響することですから、一朝一夕には変われないでしょうけど、5月5日の記事のように「努力は通じる」、と思って頑張ってます

投稿: ekamai | 2012年5月11日 (金曜日) 午前 10時46分

先人の方達はタイの方とコミュニケーションが出来てるのでしょうね!
私はタイ語は少ししか出来ず、英語も少しし出来ないので、タイの方とのコミュニケーションで悩んでおります。
少し考え過ぎでしょうかね?! f(^-^;

投稿: akatyan | 2012年5月11日 (金曜日) 午前 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/40531703

この記事へのトラックバック一覧です: 先人達の教訓と語録:

« タイランドに家を買いましょう | トップページ | 捨てられた男と捨てられた女 »