« 風俗の下降曲線は止まらない | トップページ | 男のツアーと女のツアー »

2012年6月20日 (水曜日)

郷に入って楽しみましょうか

052 いつもの事ですが、タイランドの中では田舎やバンコクでタイ人達との宴会が開催されます。

 これが時間が決まっているわけではありませんから、殆ど永久に続くんじゃないかって感覚に陥ってしまいますが、止めれないほど楽しい時間ですね。

 タイガールが恋人や伴侶じゃない場合は、中々機会もないかもしれませんが、今後移住ってお考えの方は、機会を作って参加して、タイ人達との宴会を経験して置いたほうが良いですね。

 今日はタイ人達との宴会の参加要項を紹介させていただきますね。 参考になること請け合いですよ。

                 

053 当たり前の事ですが、郷に入れば郷に従えって事が普通なんですね。 郷に入って郷に従うのはどのような感じにすれば良いのでしょうか。

 普通の方はあまり関係のないことだとは思いますが、今後タイガールとの人生をお考えの方や移住を真剣にお考えの方は、必要不可欠な事ですよね。 今日は、タイ人との宴会作法をご伝授させて頂きましょうね。

 メモ用紙や筆記用具の準備は出来ていますか?

1. 同じ釜のメシを食え!

 タイ人は食べるのが非常に好きな民族ですし、仲間と一緒に食べるって事も他国と比べても非常に多いんですね。 タイ人が食べているモノをそれは何って聞くだけで、食べて見ろって差し出すほどフレンドリーです。

 一緒に一緒のモノを食べるって事は直ぐに仲間に入ることが出来るんですよね。

2. 笑顔でいて、冗談は進んで言う!

 笑顔で参加をするって事は必要不可欠です。 そして、タイ語は理解できていませんが、日本語を理解している人なんかに、冗談を飛ばしますと、笑顔が絶えませんし、話の中心になることが出来ます。

 冗談は自分自身を自虐的に言いますと、目茶目茶ウケますからね。

3. 注ぎつ注がれつって言うのは、必ず行え!

 初めはビールで始まるって事が普通です。 そして、互いに注ぎ合いをするって事で、仲間意識が大きくなってきます。 弱い人は、始めに話をしておいたら、中国の様に無理強いをされる事もありませんからね。

 乾杯(チョン・ケーオ)は、何処の国でも会話いらずの会話ですね。

4. 聞くんじゃなくて、自分の話をする!

 相手は日本人との会食で、どんな感じかって警戒もしていますし、日本人の話を聞きた行って要求もあります。 ですから、進んで話をして、拙い、発音が悪くても進んでする事ですね。

 発音が悪いって事で、笑いを誘うって事もしばしばですからね。

 感覚的にはこの4点がが出来れば、普通に初対面でもタイ人達の宴会の仲間入りが出来ます。

 タイ人との宴会では、一人世界に入らないで、どんなことでも進んで一緒にするって事が最高に楽しい時間を過ごす事が出来ますからね。 

                

055今回の教訓です。

 今日の話はタイランドだけの事ではないかもしれませんね。

 私もアジア各地で仕事をしているので、今日の4点はどこの国でも同じようにしています。

 そうしますと、東南アジア、常夏の国独特のフレンドリーさが、我々を自然と仲間に導いてくれますし、非常に親切にしてくれますからね。

 食べれないものがあるって方もいらっしゃると思いますが、それははっきりと食べれないって事をいえば、無理強いをされる事もありませんし、食べれるモノを用意もしてくれますから安心ですよ。

 タイガールとお付き合いをされている方は、必ず、いつかは彼女の田舎(家)にいかなくてはなりませんから、初めからしっかりと仲間になっていくって事で、全てがうまく進んでいきますからね。

 是非、この4点はお忘れ無き様に!

                

|

« 風俗の下降曲線は止まらない | トップページ | 男のツアーと女のツアー »

タイランドに住む人々達」カテゴリの記事

コメント

ekamai 様。
 有難うございます。

 タイ人は本当にフレンドリーですよね。 特に、田舎の人達は始めてあっても、昔からの友人だとか親戚が帰ってきたとかって感覚で迎えてくれますし、直ぐにでも仲間になる事が出来ますね。
 日本でしたら、蔭から見られているって感覚なんでしょうね。

 今度は彼女や恋人や伴侶の田舎に行きましたら、もっと素晴らしいですよ。 毎日が結婚式を開催をしている様な感じでの宴会が続いて行きますからね。

投稿: AKIさん | 2012年6月21日 (木曜日) 午後 03時09分

Akiさん

少し前になりますが、ソンクランの時に例のマッサージ屋さんのママさんの田舎へタンブンに行きました
店員さん達も一緒で総勢15名ほど

到着したのが深夜0時過ぎだったのに、近所の人が待っていて明け方までカラオケ大会

滞在中もずっと食べてるか飲んでるかでしたww

トラックの荷台に同乗して「水かけ行脚」にも連れて行ってもらいました

初対面なのにこれほどフレンドリーだとは、想像を超えていましたww


投稿: ekamai | 2012年6月21日 (木曜日) 午前 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郷に入って楽しみましょうか:

« 風俗の下降曲線は止まらない | トップページ | 男のツアーと女のツアー »